無職転生エリナリーゼの呪いを解説!クリフとの結婚や子どもについても

無職転生

「無職転生」に登場するエリナリーゼ・ドラゴンロード。

元「黒狼の牙」のメンバーで、ルーデウスの父・パウロの同僚に当たるキャラクターです。

エリスリーゼは過去に”ある呪い”にかけられており、そのことがエリスリーゼの人生に大きな影響を与えています。

今回はエリナリーゼの呪いについて詳しく解説します。

またエリナリーゼとクリフの結婚やその後についても解説します。

 

エリナリーゼのプロフィール

エリナリーゼのプロフィール

  • 名前:エリナリーゼ・ドラゴンロード
  • 種族:長耳族
  • 年齢:不詳だが少なくとも200年以上は生きている
  • 愛称:竜道のエリナリーゼ
  • 冒険者としての実績:Sクラスの元「黒狼の牙」メンバー

長い金髪を縦にロールしたヘアスタイル、抜群の容姿、グラマラスなボディが特徴のエリナリーゼ。

フィットア領転移事件以来、行方不明になっていたゼニスがベガリット大陸にいることをルーデウスに伝えに来てくれたキャラクターです。

元「黒狼の牙」メンバー

「黒狼の牙」とはかつてはパウロがリーダーを努めていた冒険者パーティー。

パウロ、ゼニス、ギレーヌ、タルハンド、ギースとともに、エリスリーゼは「黒狼の牙」に所属。

細剣使いの戦士として前衛を務めていました。

しかし「黒狼の牙」はパウロがゼニスを妊娠させ、結婚して脱退したため解散。

エリナリーゼはパウロのことを「顔も見たくない」と言うほど嫌っています。

シルフィの祖母

そんなエリナリーゼは、実はシルフィの祖母。

子どもが生まれると、エリナリーゼは一人前まで育てると縁を切るようにしています。

したがって子どもたちのその後については詳しく知らないようですが、エリナリーゼが初めてシルフィを見た時には、自分の孫であるとすぐにわかったとか!?

 

エリナリーゼの呪いとは何か解説

エリナリーゼの呪いとは?

エリナリーゼの呪いとは「(エリナリーゼは)定期的に男と交尾しなければ死ぬ」という呪いのことです。

男と交わらないとエリナリーゼの体内には魔力が溜まってしまい、魔力により命を奪われてしまうのです。

死なないためには、男性の精を体内に取り込み、溜まっていた魔力を結晶化し、魔力結晶となったものを月1回体外に排出する必要があります。

ですからエリスリーゼにとって交尾は生きるために必要なものなのです。

呪いを楽しんでいるビッチ?

生きるために、エリスリーゼはこれまでにいろんな男と関係を持ってきました。

特定の交際相手は作らず、金を払って一夜限りの関係を持ち別れるということを繰り返してきました。

 

体外に排出した魔力結石は1個あたりアスラ金貨10枚以上で売れるので、交尾をして入ればエリスリーゼはお金に不自由することはありません。

これまでに子どもができて、独立するまで育てたという経験も。

呪いというと暗いイメージがありますが、エリナリーゼは自分にかけられた呪いを楽しんでいる、いわばビッチなんだとか!?

なぜエリナリーゼは呪いをかけられたのか?

エリナリーゼは200年以上前、バウの迷宮に閉じ込められて呪いをかけられました。

迷宮とは作られた時代により様々なものがありますが、捕らえられてしまうと記憶を失い、何らかの呪いをかけられてしまいます。

迷宮に捕らえられたエリナリーゼもそれ以前の記憶を失い、いまでも記憶は戻っていないとのこと。

 

参考までにべガリット大陸の迷宮に閉じ込められたゼニスも一時的に記憶を失くし、廃人のようになってしまいます。

エリナリーゼの過去

迷宮に閉じ込められる以前の記憶を失ったものの、長耳族の村で生活していたエリナリーゼは知り合った男性を結婚。

しかし夫は魔力結晶を換金していたとき、盗賊に襲われ死亡。

交尾ができる男性を失ったエリスリーゼは、村のいろいろな男と関係を持ったことで村を追い出されます。

その後、奴隷などを経験したのちに冒険者となり黒狼の牙に加入し、冒険をするように。

ただ交尾をしないと死んでしまうエリナリーゼは、パウロとも関係を持ったと考えられます。

エリナリーゼの呪いを解く方法はある?

エリナリーゼの呪いを解くカギはクリフという男性が握っています。

クリフとはラノア魔法大学でルーデウスと同じクラスに所属する男性。

クリフはルーデウスと共に魔法大学に入学してきたエリナリーゼに恋をします。

やがてクリフとエリナリーゼは交際し、のちに結婚することになります。

次ではエリナリーゼとクリフが結婚に至るまでの過程や、結婚、子どもについて解説します。

エリナリーゼとクリフの結婚と子どもについて

エリナリーゼのために研究するクリフ

エリナリーゼと交際を始めたクリフは、エリナリーゼの呪いを解くための研究に没頭。

研究は成果を上げ、少しずつ呪いが発症する期間を長くできるようになります。

呪いが発症するのは通常2週間から4週間でしたが、その期間を2倍から3倍に伸ばすことに成功。

クリフはさらに研究を進め、呪いが発動する期間を1年にまで伸ばすまでになります。

そして結婚

そしてエリナリーゼとクリフは結婚。

クリフはエリナリーゼに交際を申し込むとき、呪いは必ず治すから結婚して、と言っていました。

それが叶ったわけですね。

ただエリナリーゼはクリフが3日に1回しかしてくれないことに不満を持っているとか!?

クライブ・グリモルを出産

エリナリーゼはクリフとの間にクライブ・グリモルという男の子を出産。

成長したクライブ・グリモルはなんとルーデウスの長女ルーシーと結婚します。

 

ルーシはルーデウスとシルフィの間に生まれた娘で、ルーデウスにとっての第一子。

幼少期からシルフィやロキシー、エリスから魔術・剣術の教育を受けて育ちます。

面倒見のいい性格をしており、後から誕生する弟や妹のことを可愛がります。

エリナリーゼにとっては、自分が生んだ息子と孫(シルフィ)が生んだ娘が結婚するのですから、喜びも一入だったのではないでしょうか。

まとめ

今回はエリナリーゼの呪いや、エリナリーゼとクリフの結婚についてまとめました。

  • エリナリーゼの呪いとは、男性と関係を持たないと死んでしまうという呪いのこと
  • エリナリーゼは200年以上前に迷宮に閉じ込められた時に呪いにかけられた
  • エリナリーゼはラノア魔法大学で出会ったクリフと交際する
  • クリフはエリナリーゼの呪いを解くための研究をし、1年以上交尾をしなくてもよくする
  • エリナリーゼはクリフと結婚し、クライブ・グリモルを出産
  • クライブ・グリモルはルーデウスの長女ルーシーと結婚する

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました