呪術廻戦の猪野琢真の術式や強さは?七海建人との関係についても解説

呪術廻戦

「呪術廻戦」に登場する猪野琢磨(いのたくま)

東京都立呪術高専に所属し、降霊術「来訪瑞獣(らいほうずいじゅう)」を駆使して戦う2級呪術師です。

ニット帽がトレードマークで、戦闘態勢に入ると深く被り目出し帽のようにするのが特徴。

その見た目と子犬のように懐っこく可愛らしいキャラがひそかに人気でもありますね。

七海建人(すでに故人)を敬っていることでも知られています。

今回は猪野琢磨の術式や強さ、七海建人との関係について解説します。

 

「呪術廻戦」猪野琢真(いのたくま)の基本情報

猪野琢真のプロフィール

  • 年齢:21歳
  • 等級:2級呪術師
  • 術式:降霊術「来訪瑞獣(らいほうずいじゅう)」
  • 所属:東京都立呪術高専
  • 高専入学方法:家系
  • 性格:人懐っこく明るい
  • 趣味・特技:飲み会
  • 好物:アジフライ
  • 苦手なもの:酢の物
  • 服装:全身黒にハイカットブーツ
  • 尊敬する人物:七海建人
  • ストレス:なし

猪野琢真は登場シーンは多くないキャラクター。

ダボっとした服を身に着け、七海建人にもたまにタメ口口調で話すなど、いかにも若者って感じが特徴的の男ですね。

額に大きめの傷がありますが、原因についてはまだわかっていません。

後輩力が高い21歳

七海建人とのやりとりを見ていても分かりますが、長所だけでなく短所も出し、好きな先輩にかわいがってもらうために、頼ってばかりではなく実力も発揮する。

このバランスがすごくとれているのがわかります。

実際に七海も猪野を嫌悪するわけでなく、頼る場面もありますしね。

後輩力があり、まさしく子犬のような存在です!

猪野琢真の術式と強さを解説

猪野の術式・来訪瑞獣(らいほうずいじゅう)

猪野琢真の術式は降霊術「来訪瑞獣(らいほうずいじゅう)」。

四種の瑞獣(獬豸・霊亀・麒麟・竜)の能力を降ろして使用します。

発動条件はニット帽で顔を隠して自らが霊媒になること。

実際は目のところに穴が空いているため、目出し帽のようになります。

個人的には四種の瑞獣は、仏教で描かれるものが多い印象があります。

一番:獬豸(かいち)

獬豸とは日本の狛犬の起源といわれ中国の伝説上の生き物です。

ファンブックでは「一角の羊」と説明されています。

中距離ホーミング弾で、対象の腕くらいは斬り飛ばせます。

円柱状の角を真っすぐ放つ技で、目標に向かって追尾させることが可能。

二番:霊亀(れいき)

霊亀は古代中国神話に登場する怪物で巨大な亀と言われています。

体の呪力の水を纏い、クッションとして防御に活用できます。

また呪力の水を足に纏い、滑るように高速移動することができます。

三番:麒麟(きりん)

麒麟は中国神話に登場する瑞獣。

神聖な幻の動物として、めでたい生き物とも言われていました。

脳内麻薬を発生させ、体の痛覚を麻痺させます。

攻撃を受けたい相手は体を無理やり動かすことができますが、使った後はしばらく動けません。

四番:竜(りゅう)

竜は蛇に似た長い体で四本の足を持つ生き物。

発動の瞬間に防がれたため、効果は不明。

本人曰く、竜を目にして生き延びたものはいないとのこと。

 猪野の切り札であるため、効果は絶大なのだと考えられますね。

猪野琢真の2級術師としての強さを考察

猪野琢磨は2級呪術師。

しかし七海建人には「準1級くらいすぐなれます」と一目置かれているほどの実力を持っています。

渋谷事変では伏黒甚爾相手にいいところを見せることはありませんでしたが、それでもかなりの実力を持っていることには違いありません。

強さは2級より、むしろ準1級に近いかもしれませんね。

年齢も若いですし、その気になれば猪野は準1級になるのではないでしょうか。

猪野は領域展開は使用不可なのか?

登場回数が少ないということもあり、猪野が領域展開を発動したシーンはありません。

ですが、個人的には猪野は現段階では領域展開は使えないと考えています。

ただし伏黒恵のように、今後不完全ながら領域展開を発動できる潜在能力は持ち合わせていると考えられます。

猪野琢真(いのたくま)と七海建人の関係を解説

 

七海建人を尊敬する猪野

七海建人(故人)のことを非常に尊敬しており、その生き方までも手本にしている猪野琢真。

7歳離れており、大人っぽく少し不愛想な印象。

その腕時計を、おさがりで欲しがるほど懐いています。

猪野琢真が七海建人を慕い始めたのは、初めて任務に同行したときのこと。

それがなんの任務だったかはわかっていませんが。

七海も猪野を頼りにする

七海建人も、猪野琢真を頼りにしている場面があるので、お互いが師弟関係の意識があるのかもしれませんね。

すごくいい関係です!!

猪野琢磨は1級術師になりたいと思っています。

意外にも、猪野は術師のような血生臭い職業でも「筋」が大事だと語っており、筋が分からなくなったら、「七海さんならどうするか」を考えてから行動するようにしているようです。

だから七海に認められてこそ、本当の実力での1級術師という考えなんですね。

他の術師に推薦されて1級に上がるには抵抗があるらしく、実力はあるものの昇給の仕方にこだわっているため、現在でも2級術師のままとのことです。

まとめ

  • 猪野琢磨は21歳の2級呪術師
  • 術式は古代中国に登場する4種の瑞獣を下ろす来訪瑞獣
  • 2級術師では収まらない強さを持っており、準1級には昇格できるのではないか
  • 七海建人を心の底から尊敬している

まだ登場場面が少ないゆえ、謎も多い猪野琢真。

渋谷事変で死にかけることもあったようですが、今後どうなるのか注目していきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました