「呪術廻戦」五条悟の目隠しの理由は?術式や六眼・無量空処についても

アニメ・マンガ

「呪術廻戦」に登場する五条悟。

規格外の強さと能力を持つ最強キャラです。

この記事では本作品の人気キャラ・五条悟に注目します。

  • プロフィール
  • 目隠しの理由
  • 術式・六眼・無量空処

などについてまとめました!

「呪術廻戦」五条悟のプロフィール

引用元:「呪術廻戦」5巻

五条のプロフィール

  • 名前:五条悟(ごじょうさとる)
  • 誕生日:1989年12月7日
  • 年齢:28歳(本編開始時)
  • 身長:190cm以上
  • 所属:東京都立呪術専門高等学校
  • 階級:特級呪術師

五条悟は東京都立呪術高専で1年の担任を務める教師です。

ただし単なる先生ではなく、自他ともに認める呪術師界最強の特級呪術師。

本編のラスボス(?)宿儺が完全に力を取り戻しても、五条は「ちょっとしんどい」と言いつつ「勝つさ」と自身を見せています。

陸上競技の世界記録が年々更新されるように、五条が生まれたことで年々呪霊の力が増し、世界の均衡が変わった、と言われる存在です。

そんな五条は呪術界の改革派。

保身や権力に偏る現在の呪術界の上層部を「腐ったミカンのバーゲンセール」と呼ぶほど嫌悪しています。

そこで呪術高専で教鞭をとり、強くて聡い仲間(呪術師)を育成することで呪術界の改革を狙っています。

三大怨霊「菅原道真」の子孫

五条悟は呪術界の御三家・五条家の出身。

「呪術廻戦」の前日譚である「呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校」で、日本三大怨霊の一人「菅原道真」の子孫の一人であることが明らかになっています。

また「呪術廻戦0巻」の主人公で、本編では海外にいる乙骨憂太の遠縁でもあります。

なお菅原道真の血を引いている乙骨憂太も並外れた才能を持つ呪術師で、本編に登場すれば圧倒的な強さで特級呪霊を次々と祓ってしまう実力があります。

同期の夏油傑をかつて殺している

五条悟は呪術高専での同級生であり親友だった夏油傑(ゆげすぐる)を殺しています。

呪術高専2年のときに星漿体・天内理子の護衛に失敗した夏油は、自分たち呪術師の苦悩を知らずに笑顔を浮かべる盤星教信者たちを見て、非術師を守ることに疑問を持ち始めます。

3年になり、さらに信念が揺らいだ夏油は「非術師が全て死ねば呪霊もいなくなる」という考えを持ち始め、田舎の村で住人112人や両親を殺害。

その後「家族」と呼ぶ仲間の呪詛師を集めた夏油は、2017年12月24日に新宿・京都で百鬼夜行を起こしますが失敗し、最後は五条に息の根を止められます。

しかし夏油の遺体は何者かに持ち去られ、体が乗っ取られており、本編に登場する夏油は偽物なのです。

関連記事

五条は一度死亡している?

五条悟は高専2年のときに死亡したエピソードがあります。

夏油とともに星漿体・天内理子の護衛をした五条は、伏黒恵の父・伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)に特級呪具「天逆鉾」で喉から胸を引き裂かれ死亡します。

しかし死の直前、反転術式を会得した五条は復活し、再び伏黒甚爾と戦います。

そこで五条は虚式「茈」を発動を発動し、伏黒甚爾の左半身をえぐり取り倒します。

もともと強かった五条はこの経験を経てさらに強くなり、最強呪術師となっていきます。

現在は獄門疆に封印中

2020年7月現在、五条悟は「封印できないものはない」と言われる特級呪物「獄門疆」の中に封印されています。

かつての親友・夏油の体を乗っ取った何者かや真人らが起こした渋谷事変で、相手の術中にハマり、渋谷駅地下5階で「獄門疆」に閉じ込められてしまったのです。

しかし五条は「獄門疆」の中から抵抗し、「獄門疆」ごとその場から動かなくなり、夏油の思うようにはさせていません。

そして五条の仲間らが五条をを奪還すべく、地下5階を目指しています。

2020年10月開始のアニメではここまで放送されないと思いますが、今後も「呪術廻戦」から目が話せません!

五条悟の目隠しの理由

引用元:「呪術廻戦」1巻

目隠しの方法は3種類

本編に登場する五条悟はほとんどのシーンで目隠しをしていますが、その方法は主に3種類。

  • 黒い布(バンド)
  • サングラス
  • 包帯

学生時代はサングラスが多かったようですが、教師になってからは黒い布で目隠しすることが多いようです。

その使い分けは推測するとファッションとか気分のようで、使い分け自体にはそれ程の意味はないようです(笑。

目隠しの理由

五条悟が目隠しをする理由は、呪霊の中には「見られている」と気づくと襲っているものがいるためで、このような事態を避けるために目隠しをして無用な戦いを避けているようです。

ただし本編の解説には「五条は別」と書かれており、最強呪術師・五条と目が合った呪霊がいても、襲ってこない可能性が高いです。

それにしても黒い布(バンド)で目を覆っても周りが見えているのですから、さすが五条ですよね!

目隠しを外すと超イケメン

目隠しを外した五条が描かれているシーンが本編にありますが、かなりのイケメンであることがわかります。

目隠しをしている状態では髪が上がっていますが、外すと降りており、ルックスにもクールだけでなく、かわいさ(?)も加わっています。

「呪術廻戦」の登場人物の中でイチバンのイケメンであることは間違いないでしょう!

強さとかっこよさを兼ね備えた五条悟はさすがにすごいです!

五条悟の術式・六眼・無量空処を解説

ここからは五条悟が持つ能力・技を

  • 無下限呪術
  • 六眼
  • 領域展開:無量空処(むりょうくうしょ)

の3つにわけて解説します。

無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)

五条悟の術式・無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)は、簡単に言うと自分の周りに無限を作り出し、敵の攻撃を防いだり、敵を攻撃するというもので、五条家相伝の術式です。

無下限呪術を以下の4つにわけて解説します。

  • 無下限呪術(ニュートラルな術式)
  • 蒼(あお)
  • 赫(あか)
  • 茈(むらさき)

無下限呪術(ニュートラルな術式)

引用元:「呪術廻戦」2巻

これがいわば通常の無下限呪術であり、基本形といっていいでしょう。

自分の周りに無限を現実に作り出すことで、相手は五条悟に近付こうとすればするほど遅く、そして遠くなっていき、五条に触れることすらできないという状態に陥ります。

第13、14話では漏瑚の攻撃を完璧に防いでみせました。

最小限のリソースで無下限呪術を出しっぱなしにしていますが、同時に反転術式も使っているので、脳は常に回復している状態にあります。

つまり五条に攻撃を当てるのはほぼ不可能で、絶対的にすぐれた防御の術式なのです。

蒼(あお)

引用元:「呪術廻戦」9巻

蒼は強化された無下限。

無下限呪術が持つ「近づくものを遅くなり、遠くなって触れることができない」効用をを強化することにより虚構を生じ、強力な吸い込む力を発生させ、物体同士を強制移動させてぶつけたり、地面や立体物を破壊します。

また障害物が少ない場所で瞬間移動するように高速で移動することも可能にします。

デメリットとしては、あまり大きな反応を自分の近くに作れないこと、反応の方向にまで気を使うと、面倒が呪力操作が必要になることが挙げられます。

赫(あか)

引用元:「呪術廻戦」9巻

赫は、無下限呪術が持つ「近づくものほど遅くなり、触れることができない」という性質を逆転させることで、対象物を強力な力で吹き飛ばすという術式です。

蒼が引き寄せる力を強化した術式なら、赫は弾く力に特化した術式と考えればいいでしょう。

虚式 茈(むらさき)

虚式「茈(むらさき)」は蒼と赫を組み合わせたもので、五条家の中でもごく一部の人間しか知らない術式です。

第75話で伏黒甚爾に対して茈を発動、肩から腹部にかけての左半身を吹き飛ばしました。

順転と反転

それぞれの無限を衝突させることで生成される

仮想の質量を押し出す

引用元:「呪術廻戦」75話

としか説明がいないのでわかりにくいですが、蒼で発生させた吸い込む力を赫の強力な力で吹き飛ばして相手を攻撃していると考えられます。

第52話では東京校と京都校の交流会に乱入した花御に茈を発動し、花御に大ダメージを与えました。

六眼(りくがん)

引用元:「呪術廻戦」9巻

六眼(りくがん)は、五条悟が生まれつき持った目の能力のこと。

相手の術式を瞬時に見破ったり、呪力の探知をしたりすることができます。

また繊細な呪力コントロールが必要な無下限呪術にも六眼は必要で、六眼を有しているからこそ、五条は無下限呪術を扱えるとも言えます。

伏黒甚爾の表現を借りると、五条は「うん百年ぶりの六眼と無下限呪術の抱き合わせ」だそうです。

領域展開:無量空処(むりょうくうしょ)

引用元:「呪術廻戦」2巻

「呪術廻戦」において呪術の極致とも言える領域展開。

五条悟の領域展開・無量空処(むりょうくうしょ)は、相手を領域内に引き込み、「知覚」「伝達」など生きるという行為に無限回の作業を強制します。

引きずり込まれた相手はその情報を処理しきれず思考停止になってしまいます。

第89話「渋谷事変7」では、渋谷駅地下5Fの非術師(一般人)と改造人間に0.2秒の無量空処を発動し、非術師の脳に約半年分の情報が流し込まれた、と説明されています。

ただし五条は領域内を問題なく動くことができ、相手に攻撃をすることも可能ですから、相手は為すすべがありません。

 

単行本2巻15話で無量空処を経験した漏瑚は「何も見えん・・・何も感じん・・・違う。何もかも見える!!全て感じる!!いつまでも情報が完結しない!!故に何もできん」と感じていました。

相手がこれ以上洗練された領域展開を持っていれば話は別ですが、五条が無量空処に相手を引きずり込んだ時点で五条の勝利確定!という、無敵の術式と言えます。

まとめ

この記事では「呪術廻戦」の五条悟についてまとめました。

  • 五条悟は菅原道真の血を引いている最強の呪術師
  • 百鬼夜行を起こした夏油傑を殺している
  • 五条は一度伏黒甚爾に倒されたが、反転術式で蘇り、より強くなって甚爾を倒した

五条の目隠しについては

  • 目隠しはそれほどの理由はなく、ファッションで使いわけていると考えられる

五条の術式・能力は

  • 無下限呪術(ニュートラル、蒼、赫、茈)
  • 初見の術式を即座に見破るなどの六眼(りくがん)を持つ
  • 相手を思考停止に陥らせる領域展開:無量空処(むりょうくうしょ)を持つ

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました