「魔法科高校の劣等生来訪者編」アニメの結末ネタバレ!その後の続きについても

アニメ・マンガ

2020年10月放送開始にアニメ「魔法科高校の劣等生来訪者編」。

リーナ、真由美&十文字、エリカ、七草家、四葉家、警察など、各陣営がそれぞれの思惑でパラサイトを追う様子が描かれていて、とても見応え(読み応え)のある作品になっています。

ここでは「来訪者編」のアニメの結末をネタバレ解説します!

またその後についても簡単にご紹介します。

「魔法科高校の劣等生来訪者編」中盤までのあらすじ

まず「来訪者編」の中盤までのあらすじを簡単にまとめました。

日本にやってきた2組の来訪者

「魔法科高校の劣等生来訪者編」では、2組の来訪者が日本にやってきます。

  • 12体のパラサイト
  • アンジェリーナ・クドウ・シールズ(リーナ)

マイクロブラックホールの実験により発生した意思を持つ精神体「パラサイト」は、USNA軍の魔法師に取り憑き脱走し来日すると、東京で立て続けに「吸血鬼事件」を起こします。

一方、十三使徒の一人「アンジー・シリウス」のコードネームを持つリーナは、「灼熱のハロウィン」の容疑者である司波達也・深雪兄妹に接触するために、北山雫との交換留学性として第一高校にやってきます。

しかしパラサイトが東京にいることがわかると、リーナにはパラサイトの追跡を優先するよう軍から指令が下ります。

パラサイトを追う複数の勢力

パラサイトを追うのはリーナだけではありませんでした。

それぞれの勢力がそれぞれの思惑を持ち、パラサイトを追っていました。

  • 警察:吸血鬼事件の捜査のため
  • 千葉エリカ:レオが傷つけられた復讐をするため
  • 七草真由美&十文字克人:七草家と関係する魔法師が吸血鬼事件の犠牲者になったため
  • 七草家:七草弘一が他の十師族に優位に立つため、パラサイトに関心を持っていた
  • 九島家:九島烈が他の十師族に優位に立つため、パラサイトに関心を持っていた
  • 四葉家:四葉真夜が他の十師族に優位に立つため、あるいは精神とは何かを解明するためパラサイトに関心を持っていた

また達也や深雪もパラサイトを追っていました。

そのため物語中盤から結末にかけて、パラサイト争奪戦のようなものが勃発します。

ピクシーに取り憑きほのかの思念を受け取るパラサイト

日本に来た12体のパラサイトのうち、1体はリーナの隣の部屋に住むミカエラ・ホンゴウ(ミア)でした。

リーナとは別に日本に送り込まれた諜報員のミアが第一高校に行った際、美月や幹比古がパラサイトの気配を感じ取り、エリカや深雪らがミアを攻撃。

するとパラサイトは自爆して新たな宿主を求めてさまようと、人型家事手伝いロボットのピクシーに取り憑きます。

しばらくしてパラサイトは、達也に想いを寄せる光井ほのかの思念(恋心)を受け取り目覚め、達也に服従します。

達也がピクシーが危険ではないと判断すると、ピクシーからパラサイトに関する様々な情報を聞き出します。

「魔法科高校の劣等生来訪者編」アニメの結末ネタバレ解説!

引用元:https://www.anime-recorder.com/

ここからは「来訪編」の結末をネタバレ解説します。

七賢人レイモンド・セージ・クラークからのアプローチ

達也はピクシーに買取り自分の味方にしましたが、東京にはまだ11体のパラサイトがおり、ピクシーに憑依したパラサイトを取り戻そうと狙っていました。

そんな時、七賢人の一人であるレイモンド・クラークが達也の自宅の端末に一方的にアクセスしてきて、パラサイトに関する情報をもたらします。

七賢人とは世界のあらゆる情報をアクセスできる「フリズスキャルブ」というシステムを使うことができる7人のことで、四葉真夜も七賢人に含まれています。

 

レイモンド・クラークは「パラサイトをせん滅してほしい」と、達也にパラサイトが現れる場所と日時を伝えます。

レイモンドからの情報に根拠はありませんでしたが、達也はこの情報を元にパラサイトせん滅に向けて動くことにします。

四つ巴!最終決戦

レイモンドからもたらされた情報を元に指定の場所に行くと達也、深雪、ピクシーらの他に

  • 11体のパラサイト
  • リーナ
  • 九島烈の指示を受けた国防陸軍第一師団所属遊撃歩兵小隊

がおり、4つの勢力が入り乱れての戦いになります。

争いが進む中で、達也らは2体のパラサイトの封印に成功。

しかしリーナやエリカが宿主を殺した5体、戦闘中に自爆した4体、合計9体のパラサイトが宿主を離れ一体となり、ピクシーに取り憑いたパラサイトを奪還しようとピクシーを攻撃します。

ピクシーを狙う9体のパラサイトvs深雪&達也

9体のパラサイトはピクシーや達也達に電撃を浴びせ攻撃します。

さすがのリーナの攻撃も一体となったパラサイトには通用しません。

しかし幹比古、ほのか、美月が協力し、魔法でパラサイトの力を一時的に抑えると、深雪がそのスキを突いて精神を凍りつかせる魔法「コキュートス」を放ち、パラサイトを凍りつかせ粉々に砕きます。

こうしてパラサイト事件は終焉を迎えます。

封印した2体のパラサイトの行方

四葉家、九島家、七草家は、他の十師族より優位に立つためにパラサイトを手にしたいと考えていました。

パラサイトは使い方次第で軍事利用も可能だからです。

交渉の結果、達也らが封印した2体のパラサイトは四葉家と九島家が1体ずつ引き取ることになりますが、これが「来訪者編」以降に新たな事件の火種になります。

ライバルとのしばしの別れ

短期留学先から戻る北山雫を迎えるために達也らが空港に行くと、そこには帰国するリーナの姿がありました。

深雪は「貴女は私のライバル。さよならは言わない。また会いましょう」と、リーナに別れの挨拶をします。

リーナは笑顔をみせて帰っていきました。

その直後、雫が元気な表情で帰国、達也の友人たちが再びそろうことになります。

「魔法科高校の劣等生来訪者編」その後の続きを解説

引用元:https://www.anime-recorder.com/

「来訪者編」が終わったあとは、オリジナルストーリーで制作された劇場版「魔法科高校の劣等生星を呼ぶ少女」(2017年公開)へと話は続きます。

劇場版映画には再びリーナも登場します。

司波兄妹に別れを告げ帰国したのも束の間、リーナは軍から司令を受けるとホノルルに行き、春休みを楽しむ達也らと再会し、協力して事件解決に当たります。

またリーナはその後のエピソードで再来日し、第一高校に編入、達也の味方になり「魔法科高校の劣等生」の話に深く関わっていくことになります。

 

よってアニメ「来訪者編」を観た方は次に劇場版「星を呼ぶ少女」を。

さらにその後は「ダブルセブン編」→「スティープルチェース編」→「古都内乱編」→「四葉継承編」→「師族会議編」の順でライトノベルまたはマンガを読んでいくことをオススメします!

まとめ

この記事では2020年10月放送開始のアニメ「魔法科高校の劣等生来訪者編」の結末をネタバレ解説しました。

  • 最終決戦で深雪が9体のパラサイトをコキュートスで粉砕する
  • 封印した2体のパラサイトは四葉家と九島家が一体ずつ分け合うことになる

またアニメ「来訪者編」のあとは劇場版「星を呼ぶ少女」に話が続くことを解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
魔法科高校の劣等生の司波深雪の過去には何があった?正体や出生の秘密を解説!

魔法科高校の劣等生の四葉真夜の過去を解説!達也との関係についても

魔法科高校の劣等生の司波深雪がうざいし嫌い?気持ち悪い理由を考察

魔法科高校の劣等生の司波達也の正体は何者?能力や強さ・過去についても

魔法科高校の劣等生来訪者編のリーナがかわいい!正体や能力・魅力についても

魔法科高校の劣等生来訪者編のパラサイト事件の黒幕は誰?正体や目的についても

魔法科高校の劣等生来訪者編の吸血鬼の正体とは?血液を奪った理由についても

魔法科高校の劣等生の光井ほのかはかわいいけどうざい?魅力やキャラ設定についても

タイトルとURLをコピーしました