魔法科高校の劣等生の司波深雪がうざいし嫌い?気持ち悪い理由を考察

アニメ・マンガ

「魔法科高校の劣等生」に登場する司波深雪(しばみゆき)。

美人で品行方正、成績バツグンで、魔法の能力も高い深雪はまさに「才色兼備」!

非の打ち所がないヒロインとも言えますが、一方で「うざい」「嫌い」「気持ち悪い」など否定的な意見もあります。

なぜなのでしょう?

そこでここでは司波深雪がなぜ嫌われるのか、その理由を考察します!

「魔法科高校の劣等生(さすおに)」司波深雪が「うざい」「嫌い」「気持ち悪い」というネットの声

まず最初に「うざい」「嫌い」「気持ち悪い」など、司波深雪に関する否定的な声をTwitterからご紹介します。

ご覧のように「魔法科高校の劣等生」の司波深雪に対してネガティブな声は少なくありません。

でも理由がはっきりしませんよね。

そこで次ではなぜ司波深雪は嫌われるのか、その理由を考察していきます!

「魔法科高校の劣等生(さすおに)」司波深雪が嫌われる3つの理由

司波深雪がなぜ嫌われるのか?個人的には3つほど理由があると感じています。

ブラコンがひどすぎてうざい

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生入学編」1巻

深雪がブラコンであることは誰もが知るところですが、ブラコンを肯定的に捉えるか、それとも否定的に捉えるかで、深雪に対する評価が大きく変わります。

深雪の兄・達也に対する想いが強すぎて見ていられない!と感じる方は「うざい」「嫌い」「気持ち悪い」という評価になるでしょう。

個人的には深雪はかわいいと感じる一方で、ブラコン度合いがひどすぎて「引く!」と感じることが多々あります(笑。

ここで深雪の重度のブラコンぶりをあらわすエピソードをいくつかご紹介します。

  • 新入生代表の答辞が達也でないことに怒り譲ろうとするが、本人にたしなめられる
  • 生徒会役員に推薦されるが、兄も一緒に入れてほしいと生徒会長の真由美に直訴する
  • 普段は肌を露出する服装はしないが、自宅で達也と2人きりのときは露出度が高い服を着る
  • 人前でも達也に寄り添って、スキンシップを図ろうとする
  • 真由美や摩利ら他の女性が達也を褒めると、嫉妬による怒りで魔法を発動してしまいそうになる
  • 食事の場面では、達也が手を付けてからでないと食べない
  • 外出時は恋人を装って達也と腕を組んで歩く
  • 自分は達也のものだと思っていて、いつか他の男性と結婚することも、体をさらわれることもイヤだと思っている
  • 達也を危害を加える人物に対しては無慈悲で、得意の魔法「ニブルヘイム」で凍らせてしまう

ここでご紹介したエピソードはほとんどが入学編のもので、このあとのエピソードをを加えると数はさらに多くなります。

深雪が達也に頭を撫でられたり、達也の肩に寄り添ったりしているときの表情はいつもうっとりしていて、まさに女の顔。

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生入学編」2巻

それをみて「かわいい」「微笑ましい」と感じる方もいれば、「うざい」「兄妹なのに気持ち悪い」と感じる方もいるのです。

しかも本人にはブラコンの意識はなく「敬愛」という表現を使っているだけ。

達也と深雪にはややこしい過去があるので仕方がないところもありますが、明らかに行き過ぎの印象は拭えません。

そんな深雪を私自身も「うざい」と感じることがありますし、同じように思う方がいても不思議ではありません。

深雪の対して否定的な声のイチバン大きな理由は「ブラコン」であることに間違いはありません。

嫉妬で達也を殺すのは気持ち悪い

この理由は1つ目の理由と関係しています。

深雪は「入学編」で兄の達也を殺したことがあります(アニメ1期第3話)。

この場面はライトノベルでもマンガでも描かれていますが、アニメだけを見ていた方には何が起こったのか、わかりにくかったはず。

実はCADの調整のために下着姿になっていた深雪は、七草真由美や渡辺摩利ら「美人の先輩に鼻の下を伸ばしているお兄様はお仕置きです!」と言い、魔法を発動し達也を殺しました。

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生入学編」2巻

達也は死んでも自己修復して蘇る能力があるので問題ないとも言えますが、はたから見れば深雪の行為は明らかに異常。

また「まあいい。これはいつものじゃれあいだ」と、深雪の行為を許している達也も普通の感覚ではありません。

深雪がじゃれ合いで達也を殺すのは達也に対しての気持ちが強すぎるから!

SF小説だから、と言ってしまえばそれまでですが、一般的な感覚では深雪の行動を理解することは不可能ですし、「怖い」「気持ち悪い」という人がいても当然のこと。

自分では自覚はないかもしれませんが、深雪はヤンデレといってもいいかもしれませんね。

自尊心が強く他者を見下すから嫌い

司波深雪は自尊心が強すぎて自己中。

そのうえ他人に冷淡で、上から目線で見るので嫌い、という方もいるようです。

私もこの点について同じ印象を持っています。

深雪はライトノベルの中で「世界的なトップモデルが裸足で逃げ出す美貌」「女子生徒を含んだ生徒の意見の一致する、学校一の美少女」などと評される美しさを持つ女性です。

成績も学年で1番で、魔法を使っても他の魔法師を寄せ付けない強さを持っています。

そのため自尊心が強いのは当たり前かもしれませんが、その態度が鼻につくことがあります。

例えば「九校戦編」新人戦のアイス・ピラーズ・ブレイクス決勝戦で、深雪は同じ一校の北山雫と戦いますが、力の差を見せつけ圧勝します。

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」3巻

戦いが終わった深雪はにこやかに雫と会話をしますが、深雪が雫を上から見ているように私には感じられました。

また「来訪者編」の最後でリーナが帰国するとき、深雪はリーナに

貴女は私のライバルよ、リーナ。

貴女はきっとお兄様の差し伸べられた手を取ることになるわ。貴女はきっとお兄様の仲間になる。

だからさよならは言わない。

と言葉をかけます。

この後、リーナは再び日本にやってきて達也らの仲間になるので、深雪の言葉(予言?)は当たっているのですが、言い方も含めてリーナを下に見ていることがわかります(少なくとも私にはそう感じました)。

深雪はリーナを「ライバル」と言っていますが、すでにリーナに勝っているので「本当にライバルと思っているのかよ!」と突っ込みたくなりました(笑。

深雪の自尊心の高さや上から目線の態度が嫌い、という方は少なくないようです。

まとめ

ここでは「魔法科高校の劣等生」司波深雪が「うざい」「気持ち悪い」「嫌い」と言われる理由を考察しました。

  • ブラコンがひどすぎてうざい
  • 嫉妬で達也を殺すのは気持ち悪い
  • 自尊心が強く他者を見下すから嫌い

個人的には司波深雪は嫌いなキャラクターではありませんが、鼻につくことがあるのは事実です(笑。

そのため「来訪者編」での深雪とリーナの戦いではリーナを応援しながら読んでいました。

それだけ司波深雪は完璧で、非の打ち所がない女性ということかもしれませんが。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
魔法科高校の劣等生の司波深雪の過去には何があった?正体や出生の秘密を解説!

魔法科高校の劣等生の四葉真夜の過去を解説!達也との関係についても

魔法科高校の劣等生来訪者編アニメの結末ネタバレ!その後の続きについても

魔法科高校の劣等生の司波達也の正体は何者?能力や強さ・過去についても

魔法科高校の劣等生来訪者編のリーナがかわいい!正体や能力・魅力についても

魔法科高校の劣等生来訪者編のパラサイト事件の黒幕は誰?正体や目的についても

魔法科高校の劣等生来訪者編の吸血鬼の正体とは?血液を奪った理由についても

魔法科高校の劣等生の光井ほのかはかわいいけどうざい?魅力やキャラ設定についても

魔法科高校の劣等生の北山雫がかわいい!魅力や達也・深雪との関係についても

タイトルとURLをコピーしました