魔法科高校の劣等生の北山雫がかわいい!魅力や達也・深雪との関係についても

アニメ・マンガ

この記事では「魔法科高校の劣等生」に登場する北山雫に注目します!

雫は幼馴染のほのかを通じて同じクラスの司波深雪と知り合いになると、深雪を通じて達也やエリカら二科の生徒たちと仲よくなっていきます。

最初は存在感が薄い雫ですが、九校戦で大活躍を見せると注目が集まり、人気も高まっていきます。

ここでは北山雫の魅力をたっぷりご紹介します!

「魔法科高校の劣等生」北山雫のプロフィール

北山雫のプロフィール

北山雫は国立魔法大学付属第一高校に通う女子生徒です。

入学直後から入学式で総代挨拶をした司波深雪と交流を持つようになり、その後深雪の兄・達也らとも仲よくなります。

身長158cm、体重47kgで、幼馴染の光井ほのかより少し小柄でスレンダー。

1年の九校戦のときにほのか、エイミィとお風呂に入ったときには「大丈夫だよ、ほのかは。揉むところがあるから」(魔法科高校の優等生5巻)と、ほのかに比べて胸が小さい(?)ことを気にしていました。

SSボード・バイアスロン部に所属し、2年になると部活連推薦枠で風紀委員に選ばれますが、一部では「影の風紀委員長」とも呼ばれています。

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」1巻

口数が少なく、感情を表に出すことが少ない雫ですが、やさしい性格やクールビューティな容姿が支持され、ファンから人気の高いキャラクターです。

個人的には1年時の九校戦、深雪と戦うときに見せた闘志と負けたときの悔しそうな表情を見て、雫のファンになりました(笑。

なお本編では登場回数が多くない雫ですが、スピンオフのマンガ「魔法科高校の優等生」では、光井ほのかとともにメインのキャラクターとして登場します。

本編では描ききれない雫の魅力がわかるので、ファンの方はぜひ「魔法科高校の優等生」を読んでみてください!

北山雫の声が巽悠衣子が担当

アニメ「魔法科高校の劣等生」シリーズで北山雫の声を担当するのは、声優の巽悠衣子(たつみゆいこ)さんです!

趣味はサッカー観戦で、レアル・マドリードのファンという巽さんは、気さくで明るい性格の持ち主だとか。

物静かな北山雫とはタイプが異なっているようですが、アニメの声を聞くとまったく違和感がなく、むしろ雫の声を上手に演じ、魅力を引き出しているように感じます。

自分を「ネガティブ」な性格と評し、「備えあれば憂いなし」が好きな言葉だという巽さん。

これまでに

  • 「Kiss×sis」:住之江りこ
  • 「聖痕のクェイサーII」:皐月あやめ
  • 「臨死!! 江古田ちゃん」:江古田ちゃん
  • 「まけるな!! あくのぐんだん!」:ネル様
  • 「GHOST SONG」:ロスヴァイセ
  • 「Tokyo 7th シスターズ」:三森マツリ

などの役を演じている他、ゲームでも多くのキャラクターを演じています。

2020年10月放送開始の「魔法科高校の劣等生来訪者編」では、雫は海外留学に行くため登場シーンは少ないと思われますが、留学先からパラサイトの情報を達也に知らせるなど、重要な役回りを演じます。

巽悠衣子さんの演技にも期待しましょう!

北山雫がかわいい!魅力まとめ

ここからは北山雫のかわいい魅力をたっぷりご紹介します。

クールビューティ!

北山雫の魅力はなんといってもそのクールな美しさ!

笑顔が少なく物静か、それでいてキレイなルックスの雫はクールビューティという表現がよく似合います。

ほんわか系のほのかと一緒にいることが多いことも、雫のクールビューティの魅力を引き立てています。

ただ一見クールでおとなしそうに見えますが、実はやさしくて思いやりがある女の子で、そのギャップが雫の魅力をより引き立てています。

また後で解説しますが、雫は第一高校に入学する前からから九校戦好きで、九校戦の話題になると熱く語りだすなど、普段のクールな面とは違うところを見せます。

そんなところも雫のクールビューティの魅力をより際立たせています。

資産家の父と魔法師の母を持つ雫はいいところのお嬢様?

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」3巻

北山雫は大富豪の父・北山潮(きたやまうしお)と、かつて振動系魔法で名を馳せたA級魔法師の北山紅音(きたやまべにお)の長女として生まれます。

作品内では雫が北山家のプライベートビーチに達也らを招待して夏休みを楽しんだり、立派な北山邸でのパーティに招待したりというシーンがあり、雫がかなりいい家のお嬢さんであることがわかります。

父親の潮は雫のために専門のエンジニアを雇ったり、学校にキャンピングカーを寄付したり、と娘の成功のためにあらゆる面でサポートしています。

また雫は母親からの魔法師としての才能を受け継いでいます。

雫は魔法師としてとても恵まれた環境にいると言っていいでしょう。

 

なお「来訪者編」の次の「タブルセブン編」では雫の弟・航(わたる・小学6年)が登場し、魔工技師になることについて達也に質問しています。

達也が「魔法が使えなければなれないけど、魔法工学を学ぶことはできる」と答えると、航はぱっと明るい表情を見せていました。

航は魔法工学を学んで、魔法師である姉の役に立ちたいと思っているようですね。

成績優秀で魔法の能力も高い雫がかわいい

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」3巻

優秀な生徒が集まる第一高校の一科の中でも、雫の総合成績は深雪、ほのかに次ぐ3位。

実技試験では深雪に次ぐ2位の成績を修めています。

その実力が認められたこともあり、雫は1年の冬にUSNAのバークレーへ短期留学に行きます。

また雫は母親から受け継いだ魔法の能力も高いものを持っています。

それもそのはずで、母親の北山紅音は共振破壊の魔法を得意とした元A級魔法師で、若い頃は十師族に匹敵するといわれていたほどの力を持っていました。

その力を受け継いだ雫は、母親と同じく大出力の振動・加速系魔法を得意としており、1年時の九校戦でもフォノンメーザーや共振破壊などの魔法で戦いました。

またスピード・シューティング(新人戦)で達也が開発した能動空中機雷(アクティブ・エアー・マイン)という新種の技を使いこなしていることも、雫が高い能力を持っていることを証明しています。

深雪には及びませんが、雫は同世代の女子の中ではトップクラスの魔法の能力を持っており、その能力が彼女の大きな魅力になっています。

押し付けがましくないやさしさも雫の持ち味

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」1巻

言葉数が少なく表情の変化に乏しい雫は、ぶっきらぼうで冷たい印象を持たれがちですが、作品を見ていくと、人の気持ちがわかるやさしい女子であることがわかります。

例えば「九校戦編」1巻で、炎天下の中で達也がバスの外で待っていることにイラ立つ深雪に「そこがお兄さんの立派なところ」「つまらない仕事でも手を抜かず当たり前のようにやり遂げるなんてなかなかできない」と言います。

すると深雪は達也のよさを再認識するとともに、機嫌を取り戻し笑顔になっていました。

他の人だったら赤面してしまうようなセリフでも平然と言えるのが雫のキャラなのですが、それ以上に雫のやさしさが感じられたシーンでした。

決して器用ではありませんが、ときおり見せる押し付けがましくないやさしさも雫のかわいい魅力と言えるでしょう!

小さい頃から九校戦フリークの雫がかわいい

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」3巻

父親がかつて魔法競技大会(通称九校戦)観戦ツアーを組んでいたこともあり、第一高校に入学する前から毎年九校戦を見学に行っていた雫は九校戦に対して熱い思いを持っています。

第一高校入学に入学する2年前の九校戦にも行き、のちに先輩になる七草真由美や渡辺摩利、十文字克人の活躍を生で見て、雫は「私もこの舞台に立ちたい」と心から思うようになります。

九校戦から帰ると、雫はほのかに「九校戦、最高だったよ!ほのかも絶対行くべきだった。行かないと人生1万倍損してる」と九校戦の魅力を滔々(とうとう)と語ります。

普段は物静かで表情の起伏がない雫ですが、九校戦のことになるとつい熱くなり、目の色が変わってしまうところがなんともかわいいんですよね。

また毎年九校戦にいっているため、会場でどんなお店が出るかについても詳しく、九校戦グルメも雫の楽しみの1つになっているようです。

九校戦で深雪相手に見せた闘志がすばらしい

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」3巻

雫は第一高校に入学し念願の九校戦に出場すると、新人戦スピード・シューティングで優勝。

続く新人戦アイス・ピラーズ・ブレイクでも雫は最後の3人に残りますが、残った3人はみな第一高校の選手だったため、大会委員から3人同率優勝にしてはどうかと提案があります。

しかし九校戦で司波深雪との真剣勝負をしたいと思っていた雫は「深雪と戦いたい」と直訴し、深雪もこれを受け入れ、雫vs深雪のアイス・ピラーズ・ブレイク決勝が行われることになります。

雫は覚悟を持ってこの試合に臨むと、この大会で初めて深雪の氷に魔法をヒットさせますが、実力に勝る深雪が氷炎地獄(インフェルノ)で雫の氷を全壊させ勝利。

雫は実力の差を見せつけられ敗北します。

ただ負けはしたものの深雪戦に向けて入念な準備をして、真剣勝負を挑んだ雫の闘志はすばらしかったですし、負けて悔しがる雫の姿もかっこよかったです!

こういう雫を見せられるとファンになってしまうんですよね(笑。

なおアイス・ピラーズ・ブレイクの雫vs深雪の様子は「魔法科高校の優等生」7,8巻に詳しく描かれています。

アニメ1期では描かれなかった裏側や大会に向けての練習の様子などが描写されているので、雫ファンはぜひ読んでほしいです!

ほのかとの関係がほほえましい

北山雫と光井ほのかは大の仲よして、高校入学後もいっしょにSSボード・バイアスロンに入るなど、いつも一緒に行動しています。

それもそのはず2人は幼馴染で、しかも家族ぐるみのお付き合いをするほどの仲なのです。

特に雫の父親はほのかにお小遣いもあげるほどかわいがっているようです。

また雫とほのかは中学生の頃はお互いにとって唯一のライバルでした。

その関係は高校入学後も続いており、1年の期末テストではほのかが2位、雫は僅差での3位でした。

かといってギスギスしたところは一切ないのは、本当に仲がよい証拠なのかもしれません。

雫はほのかの恋の相談に乗ったり、ほのかと達也を近づけるために手を回したりしていますし、1年時の九校戦で雫が深雪に負けたときは、ほのかは雫の健闘を称え、励ましていました。

そんな雫とほのかの関係はとてもほほえましく、「魔法科高校の劣等生」のストーリーに彩りを添えてくれています。

これからも雫とほのかはいい友だち、いいライバルとして長く付き合っていくと思われます。

北山雫と司波達也の関係を考察

入学してすぐに北山雫と光井ほのかは司波達也・深雪兄妹と知り合いになり、次第に親交を深めていきます。

ほのかは深雪に憧れや敬意を、達也には恋愛感情を抱いています。

では雫と深雪、雫と達也はどんな関係なのか、考察します。

雫は達也のことが好き?

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」3巻

雫は達也に対して恋愛感情を持っているのでしょうか?

雫は少なくとも達也に対して好意は持っています。

また雫は達也にCADのメインテナンス契約を提案していることからわかるように、達也のことを深く信頼もしています。

ですがほのかのような恋愛感情を持っているかは疑問です。

ほのかの恋愛がうまくいくように雫は手伝いをしていること。

そしてほのかが達也を好きなことを雫は母の紅音に話していることを考えると、雫は達也に恋愛感情は持っていないと考えられます。

一方の達也にとって、雫は大切な友人の一人で、恋愛の対象になることはありません。

達也は6歳のときに人工的に魔法師を作る手術を受けた結果、深雪への愛情以外の感情をなくしているからです。

以上のことから、北山雫と司波達也は深い信頼関係に基づいた友人同士と言えるでしょう。

雫と深雪の関係

引用元:マンガ「魔法科高校の劣等生九校戦編」3巻

北山雫と司波深雪はとてもいい友人同士です。

ただ雫は深雪の人柄や魔法の実力を認めつつも、九校戦の新人戦アイス・ピラーズ・ブレイクで深雪に戦いを申し出るなど、深雪相手に自分がどこまでできるか試したいと思っているところがあります。

雫にとって深雪はライバルというより目標に近い存在なのかもしれません。

深雪は魔法の実力、振る舞い、美しさなどすべてが完璧ですからね。

深雪も雫の人柄や実力を認め、敬意を持っているようですし、同時に負けられないとも思っているでしょう。

以上のことから雫と深雪も信頼に基づいたいい友人同士と言えます。

まとめ

北山雫のかわいい魅力は

  • クールビューティ
  • 資産家の父と魔法師の母を持つ雫はお嬢様
  • 成績優秀で魔法の能力も高い
  • 押し付けがましくないやさしさも雫の持ち味
  • 小さい頃から九校戦フリーク
  • 九校戦で深雪相手に見せた闘志
  • ほのかとの関係がほほえましい

また北山雫と司波達也・深雪が信頼に基づいたいい友人関係であることも解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
魔法科高校の劣等生の司波深雪の過去には何があった?正体や出生の秘密を解説!

魔法科高校の劣等生の司波深雪がうざいし嫌い?気持ち悪い理由を考察

魔法科高校の劣等生来訪者編アニメの結末ネタバレ!その後の続きについても

魔法科高校の劣等生の司波達也の正体は何者?能力や強さ・過去についても

魔法科高校の劣等生来訪者編のリーナがかわいい!正体や能力・魅力についても

魔法科高校の劣等生来訪者編のパラサイト事件の黒幕は誰?正体や目的についても

魔法科高校の劣等生来訪者編の吸血鬼の正体とは?血液を奪った理由についても

魔法科高校の劣等生の光井ほのかはかわいいけどうざい?魅力やキャラ設定についても

魔法科高校の劣等生の四葉真夜の過去を解説!達也との関係についても

タイトルとURLをコピーしました