魔法科高校の劣等生追憶編の結末ネタバレ!達也は敵艦隊を破壊できたのか?

魔法科高校の劣等生

2022年1月より、アニメ「魔法科高校の劣等生 追憶編」が放送開始されます。

「魔法科高校」シリーズは達也と深雪が第一高校に入学する「入学編」から話が始まりますが、「追憶編」はいわば”エピソードゼロ”のような存在。

だから「追憶編」を抜きに「魔法科高校シリーズ」は語れない!と言っても過言ではありません。

今回はそんなアニメ「魔法科高校の劣等生 追憶編」の結末をネタバレ解説します!

 

「魔法科高校の劣等生 追憶編」中盤までのあらすじ

2092年8月に沖縄旅行へ

「魔法科高校の劣等生 追憶編」では、司波深雪と母親の深夜(みや)が二週間の沖縄旅行にでかけます。

旅行に行くのは2092年8月。

深雪と達也が第一高校に入学するのが2095年4月ですから、「追憶編」は「入学編」の約3年前の話になりますね。

「追憶編」では深雪と達也は中学1年生。

ただし4月生まれの達也はこのとき13歳ですが、翌年の3月生まれの深雪は12歳でした。

達也は深雪のガーディアン

13歳の司波達也は妹の深雪のガーディアン、つまり護衛役でした。

生まれつき使える魔法は「分解」と「再成(再構築)」だけ。

6歳の時に人工魔法演算領域を植え付ける精神改造手術を受けても、一般の魔法師の持つ先天的な魔法演算領域に比べ性能が劣っていた達也は、魔法師として認められていませんでした。

そのため母親の深夜からも虐げられていた達也は、深雪のガーディアンになります。

 

達也は深雪の護衛役として今回の沖縄旅行に同行。

使用人のように荷物持ちや雑用、そして深雪の護衛をこなすことになります。

なお旅行には深夜のガーディアン・桜井穂波(さくらいほなみ)も旅行に同行していました。

兄に対する苦手意識と関心が交錯する深雪

12歳の深雪は兄の達也に対して苦手意識がありましたが、嫌いではありませんでした。

むしろ深雪は達也に関心があり、その気持ちを正直に表現できないなど、複雑な感情を抱えていたのです。

そして沖縄旅行中、深雪は達也にアメリカ軍遺児の第二世代(レフトブラッド)から守ってもらったり。

達也を伴い、黒羽家主催のパーティーに参加したり。

また恩納基地で達也が軍人たちと組手をする場面を見学したりなど。

兄が活躍したり、能力を発揮する場面を見る中で、深雪の達也への興味や関心はより高まっていくことになります。

なお、桜井穂波は旅行中に深雪と達也の距離が少しでも縮まることを期待していまいた。

大亜連合軍が沖縄に上陸

深雪たちが沖縄旅行を楽しんでいる最中、大亜連合軍が日本の海域に侵入。

深雪たちが乗ったクルージング船を狙うなど、不穏な動きに出ます。

このときは達也の分解の魔法により難を逃れますが、国防軍の警備艦が大亜連合軍の潜水艦隊の攻撃を受け沈没したり。

慶良間諸島付近の制海権を敵艦隊に握られたり。

大亜連合の潜水揚陸部隊が本島に上陸したり、日本の国防軍内部から裏切り者が出たりなど。

深雪たちが置かれる状況は次第にきびしさを増していきます。

そして、ついには深雪は命の危険にさらされることになります。

追憶編の結末ネタバレ!達也は敵艦隊を破壊できたのか?

深雪・深夜・穂波が瀕死の状態に

達也は、国防軍の風間から基地内のシェルターに避難してはどうか、という連絡をもらいます。

この提案を受けて、深雪・深夜・桜井穂波・達也の4人は国防軍の基地へ。

しかし国防軍から出た裏切り者により、深雪・深夜・穂波の3人が銃で撃たれてしまいます。

達也が再成で深雪を蘇生

ここで達也は瀕死の状態に陥った深雪の情報を瞬時に読み取り、自分の中で加工。

撃たれる状態の前に戻して、深雪の体に上書き・・・つまり深雪に再成を施します。

こうして深雪は蘇生。

さらに達也は深夜と桜井穂波にも再成をかけて、命を救います。

この出来事は深雪の達也に対する気持ちを大きく変化させることになります。

達也が戦争に参加

大亜連合が深雪を手にかけたことに達也は激怒。

国防軍に加わり、大亜連合との戦いに身を投じます。

達也の目的は大亜連合に報復すること。

達也は「分解」の魔法を使い、上陸した敵の軍人を次々と抹殺。

また銃で撃たれた国防軍の兵士たちを「再成」の能力で復活させていきます。

やがて達也に敵わないことを悟った敵の部隊は投降。

しかし大亜連合の新たな艦隊が接近し、達也らを攻撃しようとします。

敵艦隊を壊滅

達也は持てる限りの能力を使い、敵艦隊に向け銃弾を放ちますが届かず。

敵艦隊も達也に向けて一斉射撃を開始します。

これまでか!?と思った瞬間、桜井穂波が助太刀にやってきます。

調整体魔法師「桜」シリーズの穂波は、極めて強力な対物・耐熱防御魔法の使い手でした。

敵の艦隊から放たれた砲弾は、穂波の魔法により海の上に叩き落され、陸には届きません。

この間、達也は質量分解魔法「マテリアル・バースト」を用い、敵艦隊を壊滅させます。

桜井穂波死亡

しかし戦闘で力を行使しすぎた桜井穂波は倒れてしまいます。

達也は穂波に「再成」をかけようとしますが、ムダであることを悟り、途中でやめてしまいます。

死を目前にした穂波は、「自分の死に場所を自分で選ぶことができた」「道具としてじゃなく、人間として死ぬことができる」。

さらに「このまま死なせて」と言い残し、息を引き取ります。

深雪の達也に対する気持ちはどう変わった?

沖縄旅行以前、決して嫌いではなかったものの、達也に苦手意識を持っていた深雪。

しかし沖縄旅行中に達也に護られたり、達也の本当の実力を知るうちに、深雪は達也を尊敬し、認めるようになっていきます。

また命を救われたことで「自分の命は達也からもらったもの」と思うようになり、達也のことが好きになっていきます。

こんな経緯を経て深雪は極度のブラコンに。

一方、6歳の時に精神改造手術を受け「深雪を愛し守ろうとする感情」以外すべて失った達也も、深雪のことを大切に思っています。

こうして「魔法科高校」のストーリーは3年後の「入学編」につながっていきます。

まとめ

  • 2092年8月、深雪は母親の深夜といっしょに沖縄旅行へ行く
  • このとき達也は深雪のガーディアン(守護者)を務めていた
  • 旅行中、達也と触れるなかで深雪の気持ちは次第に変化していく
  • 国防軍の裏切り者の攻撃を受けた深雪は死亡しかけるが、達也に命を救われる
  • 達也は大亜連合の艦隊をマテリアルバーストで壊滅させる
  • 能力を行使しすぎた桜井穂波は死亡
  • 命を助けられた深雪は達也を尊敬し、やがて恋愛感情を持つようになる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
魔法科高校の劣等生の司波深雪の過去には何があった?正体や出生の秘密を解説!

魔法科高校の劣等生の司波深雪がうざいし嫌い?気持ち悪い理由を考察

魔法科高校の劣等生来訪者編アニメの結末ネタバレ!その後の続きについても

魔法科高校の劣等生来訪者編のリーナがかわいい!正体や能力・魅力についても

魔法科高校の劣等生来訪者編の吸血鬼の正体とは?血液を奪った理由についても

魔法科高校の劣等生の光井ほのかはかわいいけどうざい?魅力やキャラ設定についても

魔法科高校の劣等生の北山雫がかわいい!魅力や達也・深雪との関係についても

魔法科高校の劣等生追憶編で桜井穂波は死亡する?調整体魔法師についても

魔法科高校の劣等生追憶編の結末ネタバレ!達也は敵艦隊を破壊できたのか?

魔法科高校の劣等生の司波深夜(みや)はなぜ死亡した?真夜との関係から解説

魔法科高校の劣等生追憶編で桜井穂波は死亡する?調整体魔法師についても

タイトルとURLをコピーしました