呪術廻戦の楽巌寺嘉伸(がくがんじよしのぶ)の術式は?目的についても

呪術廻戦

「呪術廻戦」に登場する呪術高専京都校学長・楽巌寺嘉伸(がくがんじよしのぶ)

口・耳・鼻のピアスと着物の下のTシャツが何とも印象的なキャラクターです。

今回は楽巌寺嘉伸の術式や強さ、目的について解説していきます。

 

「呪術廻戦」楽巌寺嘉伸(がくがんじよしのぶ)の基本情報

 楽巌寺嘉伸のプロフィール

  • 名前:楽巌寺嘉伸(がくがんじよしのぶ)
  • 年齢:76歳
  • 趣味・特技:ギター(軽音楽先般いける)
  • 好きな食べ物:天ぷら
  • 苦手な食べ物:馬肉
  • ストレス:五条悟

見た目は老人ですが耳・鼻・口にピアスをつけ、着物の下にはTシャツを着用。

術式使用時にはエレキギター(フライングV)をかき鳴らすジミヘン好きのロックなジジイです。

ストレスが五条悟というほど、五条とはソリが合わない模様。

東京校の学長・夜蛾正道(やがまさみち)と仲は悪くなかったようです。

しかし上層部の命令で夜蛾正道の生命を奪ってしまうことになりました。

保守派筆頭として呪術界への影響は大

五条悟から保守派筆頭と呼ばれている楽巌寺嘉伸は、呪術界の上層部とは深い繋がりがあるようです。

呪術高専1年生が、明らかに実力の及ばない特級呪霊の任務を与えられていることを不自然に思った五条悟。

上層部は、特級呪物「両面宿儺の指」を飲み込んだ虎杖悠仁が両面宿儺の力を暴走させる可能性があると考え、虎杖を抹殺しようと画策していたようです。

虎杖は心臓を抉り取られて一度死亡しましたが、両面宿儺との契約によって生き返ったことを五条は上層部には報告しませんでした。

そして五条は姉妹校交流戦で東京校と京都校のメンバーが揃った際に、虎杖が生きていることをサプライズで発表。

てっきり虎杖は死亡していると思っていた楽巌寺学長は「どういうことだ…」と驚愕

その後、団体戦中に京都校の学生全員に虎杖を抹殺するよう命令したり、団体戦に準1級呪霊を紛れ込ませたりと手段を選ばないところをみると、虎杖の抹殺が成功したとしても、どうとでも処理できるという立場にあると考えられます。

楽巌寺嘉伸の楽器の術式や強さを解説

楽器の術式を解説

自身の身体をアンプとし、エレキギターで奏でた旋律を増幅させ呪力として撃ち出す中距離攻撃型の術式。

組屋鞣造(くみやじゅうぞう)曰く「近づかれたくねぇのが 見え見えだ」とのこと。

楽巌寺学長の年齢や術式の性質を加味すると、近距離戦闘は苦手のようです。

保守派筆頭なのに術式がエレキギターと個性的で、まったく保守的でないと感じるのは気のせいでしょうか。

いずれにしても登場キャラの中でも、かなり個性的な術式であることには変わりありません。

ただし領域展開の使用可否や、その他の詳しい術式については不明となっています。

楽巌寺学長の強さを考察

姉妹校交流会にて準1級呪霊を秘密裏に野に放つ描写から、少なくとも1級術師であることが伺えます。

領域展開の使用可否やその他の詳しい術式については不明なため、真の実力は明かされていません。

しかし東京校学長・夜蛾正道(やがまさみち)を一対一で倒していることから、特級術師には及ばないにしても1級術師の中堅あたりと推測されます。

楽巌寺嘉伸学長の目的を考察

保守派の立場を守ること

楽巌寺嘉伸の目的はあくまで保守派の立場を守ることです。

そのことが如実にあらわれているのが、姉妹校交流会後の夜蛾正道とのやりとりです。

「まだ虎杖が嫌いですか?」と聞く夜蛾に対して楽巌寺は以下のように発言しています。

  • 好き嫌いの問題ではない。呪術規定に基づけば虎杖は存在すら許されん。彼奴が生きているのは五条の我儘
  • 個のために集団の規則を歪めてはならんのだ。何より虎杖が生きていることでその他大勢が死ぬかもしれん

腐敗した上層部とは繋がりが深いという事実はありますが、あくまで保守派の立場を守るというスタンス。

「何より虎杖が生きていることで、その他大勢が死ぬかもしれん」という発言は、渋谷事変で両面宿儺に身体を乗っ取られた虎杖が大勢の人を虐殺したことで現実のものとなっています。

宿儺の器である虎杖悠仁を抹殺すべきと考えている根幹は「秩序の維持とルールの遵守」であるといえます。

虎杖にとっては敵

東京校・京都校姉妹校交流会では事故を装い、虎杖悠仁の抹殺を計画した楽巌寺。

団体戦前のミーティングの際には、京都校の学生に虎杖の抹殺を命じていましたね。

また準一級呪霊を使用して、虎杖を殺害しようともしていました。

  • アレは人ではない。遠慮も躊躇もいらんぞ
  • 他者の呪力で殺せば何の問題もない。現在肉体の主導権は虎杖悠仁にある。宿儺が出てこなければただの一回生だ。縊るのは容易い

上記のように虎杖の抹殺のためには手段を選ばない姿勢がみてとれます。

保守派筆頭として、宿儺の器である虎杖を何としても抹殺すべきという覚悟のあらわれと言えるでしょう。

まとめ

  • 楽巌寺嘉伸は保守派筆頭であり呪術界の上層部と繋がりが深い
  • 術式は自身をアンプとしエレキギターから呪力を撃ち出す中距離攻撃型
  • 実力は一級術師の中堅あたりと推測される
  • 目的はあくまで「保守派の立場を守ること」
  • 虎杖たちにとっては敵

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました