「魔法科高校の劣等生」四葉真夜の過去を解説!達也との関係についても

アニメ・マンガ

「魔法科高校の劣等生」に登場する四葉真夜。

魔法師集団「十師族」の中で七草家と並び最強と言われる四葉家の当主であり、司波達也・深雪の叔母でもあります。

ラスボス感あふれる真夜ですが、「魔法科高校の劣等生」のアニメを見ているだけではどんな人物かわかりにくいです。

実は四葉真夜は過去に大きな事件に巻き込まれており、それが現在の真夜にも大きな影を落としています。

そこでここでは真夜の過去に経験した凄惨な事件を解説します。

また真夜と司波達也の関係についてもまとめました!

「魔法科高校の劣等生」四葉真夜の過去を解説

四葉真夜の基本情報

四葉真夜は十師族の中でも有力な「四葉家」の現当主。

司波達也・深雪の実の母親の深夜(みや)の双子の妹で、血縁上は達也と深雪の叔母ですが、2097年1月に達也の戸籍を改ざんし息子としたため、戸籍上は達也の母にあたります。

2097年2月時点で47歳で未婚ですが、年齢を感じせない容姿を持つ美女。

世界最強の魔法師の一人と称されるほど魔法の能力も高く、「極東の魔王」「夜の女王」の異名を持っています。

アニメ1期と劇場版アニメ「星を呼ぶ少女」では登場回数がほとんどなく、どんな人物がわかりにくいのですが、ライトノベル「追憶編」終盤に真夜の過去の出来事について詳しく描かれています。

四葉真夜の過去の出来事を解説

四葉真夜は12歳のとき(2062年)、国際魔法協会アジア支部主催の少年少女魔法師交流会に参加するために訪れた台北で崑崙方院(こんろんほういん)に誘拐されます。

崑崙方院とは、かつて中国の南半分が分離独立して建てられた大漢にある魔法師開発機関で、大陸における魔法研究の中心的存在でした。

真夜は泉州にある崑崙方院の支部研究所に連れて行かれ、人体実験の被験体にされました。

後に解放された真夜は姉の深夜に、自分が受けた人体実験について以下のように説明しています。

姉さん、私ね・・・・・強姦されたの

そして、身体中弄り回された。身体の中までかき回された。私の体であいつらに汚されていない場所なんて、何処にも無い。

引用元:「魔法科高校の劣等生追憶編」274ページ

人体実験の被験体にされた結果、真夜は生殖機能を失い、子どもを産めない体になってしまいます。

また真夜の恋人であり婚約者だった七草弘一も、誘拐犯との戦闘により右手、右足の裂傷・骨折、さらに右の眼球を失う大ケガを負います。

この事件の結果、真夜と弘一の婚約は破談になってしまいます。

四葉真夜誘拐事件のその後を解説

四葉真夜誘拐事件のその後を

  • 真夜の心の傷のケア
  • 四葉家による崑崙方院への復讐

この2点から解説します。

真夜の心の傷のケア

真夜はこの事件で心に傷を負い、心を閉ざしてしまいます。

目を開けたまま誰の声にも反応せず、自分の意思で何かをすることもありませんでした。

心配した父親の四葉元造が、真夜の姉の深夜に精神構造干渉の魔法を使い、真夜の記憶を「経験」から「知識」に改変するよう指示。

これに従い深夜は真夜の記憶の形を作り変え、真夜の心の傷をケアします。

しかし真夜はこれまでの自分が自分以外のものに変えられたと感じ、深夜を恨んだため、姉妹仲は険悪なものになってしまいます。

深夜はこのあと精神構造干渉の魔法を酷使し、体調を崩し入退院を繰り返した後、2094年に死去します。

四葉家による崑崙方院への復讐

四葉元造は崑崙方院への恨みを晴らすため、四葉一族の魔法師を集め、大漢にある魔法研究所を次々と攻撃。

そして最後に残った崑崙方院本部に四葉元造を含む三人の魔法師が乗り込み、総院長やその一味の権力者、大漢政府の軍務長官を殺します。

しかし元造は何度も魔法を行使したため精神が限界を超え、ついには力尽きます。

なお四葉家の復讐劇において、四葉家は30人の魔法師を犠牲を出すものの、4,000人以上の大漢の閣僚、高級官僚、士官、魔法師、研究者を暗殺。

これにより四葉家は、全世界の魔法関係者から「四葉に手を出してはいけない」「アンタッチャブル」と恐れられるようになります。

「魔法科高校の劣等生」四葉真夜と司波達也の関係を解説

ここからは四葉真夜と司波達也の関係を解説します。

「四葉継承編」戸籍を改ざんし親子に

生来使える魔法は「分解」と「再成(再構築)」だけで、人工魔法演算領域を植え付ける精神改造手術を受けても一般の魔法師の持つ先天的な魔法演算領域に比べ性能が劣っていた達也は、四葉家の中で虐げられていました。

そのため達也は四葉家に対して忠誠心はなく、いずれは妹の深雪とともに四葉家の支配から脱したいと考えていましたが、四葉家当主の真夜も達也の考えを見抜いていました。

真夜にとっても「世界を破壊する力を秘めている」達也を敵に回すのは極めて危険で、自分たちが滅ぼされてしまうことさえあります。

 

そこで真夜は達也を四葉家に引き止めておくための策として、2097年正月の慶春会で達也は真夜の息子であるという虚偽の発表をし、さらに達也を次期当主の深雪の婚約者に指名します。

このことは「四葉継承編」に描かれていますが、達也を深雪の婚約者にしたことで、真夜と達也が対立する構図は当面なくなりました。

というのは達也にとっていちばん大切な存在は妹の深雪ですが、真夜が次期当主の深雪に害をなすことは考えにくいからです。

よってここまでは真夜の思惑はうまくいっている、と言えるでしょう。

真夜vs達也!強いのはどっち?

四葉真夜と司波達也が戦ったらどっちが強いのか?

「さすおに」ファンだったら気になるところです。

個人的には2人が戦えば達也が勝つと考えています。

理由は以下の2つです。

  1. 真夜の流星群(ミーティア・ライン)は達也の魔法に相性が悪い
  2. 達也は「再成」があるため、ダメージを受けてもすぐに戦える

物質の構造に干渉し、空間内の光を通過させることで対象を分解してしまう流星群(ミーティア・ライン)は、魔法防御でも防ぐことが困難であることから最強と呼ばれていますが、構造情報に直接干渉する達也の魔法には相性がよくありません。

また傷を負ってもすぐに治してしまう「再成」があることも達也にとっては大きなアドバンテージです。

ただし実際に戦ったら達也も無傷では済まず、双方にとって命をかけた戦いになることは間違いありません。

まとめ

この記事では「魔法科高校の劣等生」に登場する四葉真夜の過去や司波達也との関係についてまとめました。

四葉真夜の過去については

  • 四葉真夜は12歳のときに崑崙方院に誘拐され、人体実験の被験体にされたため心に傷を負い、子どもが産めない体になってしまう。
  • 姉の深夜が精神構造干渉の魔法を使い真夜の心のケアをするが、姉妹仲が悪くなってしまう
  • 四葉家は崑崙方院に復讐を果たし、のちに「アンタッチャブル」と恐れられるようになる

四葉真夜と司波達也の関係は

  • 真夜は達也を四葉家に引き止めておくため、戸籍を改ざんして自分の息子にして、次期当主の深雪の婚約者にする
  • 真夜と達也が戦えば、達也のほうが強いと考えられる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
魔法科高校の劣等生の司波深雪の過去には何があった?正体や出生の秘密を解説!

魔法科高校の劣等生の司波深雪がうざいし嫌い?気持ち悪い理由を考察

魔法科高校の劣等生来訪者編アニメの結末ネタバレ!その後の続きについても

魔法科高校の劣等生の司波達也の正体は何者?能力や強さ・過去についても

魔法科高校の劣等生来訪者編のリーナがかわいい!正体や能力・魅力についても

魔法科高校の劣等生来訪者編のパラサイト事件の黒幕は誰?正体や目的についても

魔法科高校の劣等生来訪者編の吸血鬼の正体とは?血液を奪った理由についても

魔法科高校の劣等生の光井ほのかはかわいいけどうざい?魅力やキャラ設定についても

魔法科高校の劣等生の北山雫がかわいい!魅力や達也・深雪との関係についても

タイトルとURLをコピーしました