「シャーマンキング」木刀の竜の強さまとめ!持霊や技・オーバーソウルを解説

シャーマンキング

「シャーマンキング」に登場する木刀の竜。

最初は単なる不良かな?と思ったら、意外にも心やさしく、仲間思いの人物であることがわかります。

後に木刀の竜はシャーマンとしての能力を開花させ、シャーマンファイトに参加することになります。

ここではそんな木刀の竜の強さを解説。

持霊や技・オーバーソウルについてもまとめました!

「シャーマンキング」木刀の竜の強さを解説

木刀の竜の基本情報

  • 本名:梅宮竜之介(うめみやりゅうのすけ)
  • 誕生日:1980年12月24日
  • 初登場時の年齢:18歳
  • 星座:やぎ座
  • 血液型:O型
  • 趣味:ベストプレイス探し
  • 好物:アメリカンドッグ
  • 特技:料理

木刀の竜は作品初期から登場するキャラクター。

仲間たちと「ベストプレイス」探しをする木刀の竜は、阿弥陀丸の首塚を壊したことがきっかけで麻倉葉と戦うことに。

葉にあっけなく敗れてしまいますが、その後も作品に登場し「ベストプレイス」を探し続けます。

蜥蜴郎に取り憑かれたことで能力が開花

そんな木刀の竜は、マンガ19話で阿弥陀丸に恨みを持つ悪霊の蜥蜴郎(とかげろう)に取り憑かれます。

蜥蜴郎は木刀の竜を利用し、阿弥陀丸に恨みを晴らそうとしますが、麻倉葉の体を張った説得により、恨みが薄れます。

この事件をきっかけに木刀の竜は霊の姿が見えるように。

竜のシャーマンとしての能力が開花した瞬間でした。

出雲での修行でレベルアップ

シャーマンファイト予選3戦目を前にした葉は、レベルアップのために故郷の島根に帰郷。

木刀の竜も葉を追い、島根に行きます。

竜の狙いは葉の実家でシャーマンの修業を受けること。

最初は葉の祖父・麻倉に断られますが、家の前で1週間も粘り、葉明を説得。

道路を使わず、川のみを使い船通山の山頂にたどり着くという課題もクリアし、修業の許可を得ます。

そして葉明のもとで修業をした木刀の竜の能力は急上昇!

シャーマンファイトの予選を通過し、本戦への出場を決めます。

努力と根性の賜物

木刀の竜は麻倉葉、道蓮、ホロホロなど、「五人の戦士」に選ばれたシャーマンほどの力はありません。

それでも18歳で能力に目覚め、異常な速度で成長したのは見事。

もともと才能があったのかもしれませんが、むしろ本人の努力と根性の賜物!

シャーマンとしての精神の強さが「義理人情と根性」というのは伊達ではありません。

個人的には「シャーマンキング強さランキング」を作ったら、木刀の竜は20位くらいにランクインするのでは、と考えています。

木刀の竜の持霊や巫力・技やオーバーソウルを解説

持霊は蜥蜴郎(とかげろう)

木刀の竜の持霊は蜥蜴郎(とかげろう)。

竜が霊魂を見えるようになったきっかけが蜥蜴郎でした。

蜥蜴郎は、阿弥陀丸への復讐という目的がなくなると成仏するかと思われましたが、居場所を失ったまま現世の留まり、後に木刀の竜を再会。

シャーマンとしての能力が開花した竜は蜥蜴郎を誘い、自分の持霊にします。

木刀の竜の巫力

木刀の竜の最終的な巫力は85,000。

「五人の戦士」に選ばれたシャーマンと巫力を比較すると以下の通り。

キャラクター名 巫力
チョコラブ・マクダネル 197,500
リゼルグ・ダイゼル 170,000
ホロホロ 120,000
麻倉葉 108,000
道蓮(タオレン) 100,001
木刀の竜(梅宮竜之介) 85,000

「五人の戦士」最下位の道蓮を下回るので、物足りなさを感じるかもしれませんが、本戦参加時の巫力は8,500。

10倍になっているんですね!

これこそが木刀の竜の努力と根性の賜物の理由です。

紅蜥蜴(べにとかげ):木刀に蜥蜴郎をオーバーソウル

木刀に蜥蜴郎をオーバーソウルさせ、斬りつける技。

木刀の竜の通常のオーバーソウルと言える技です。

ビッグ親指:巨大な親指に見せる技

蜥蜴郎の頭を木刀にオーバーソウルさせ、巨大な親指のように見せる技。

パッチの村に向かう際のヒッチハイクで使ったり、傷口に巻きつけることで止血をしたりなど、意外と使いみちはあるようです。

ヤマタノオロチ号:ヤマタノオロチをイメージした大技

蜥蜴郎はシャーマンファイト期間中、麻倉葉王が著した陰陽道の極意書・超占事略決により、精霊に進化。

ヤマタノオロチ号はそんな蜥蜴郎によるオーバーソウルで、読んで字のごとく、ヤマタノオロチをイメージした巨大なもの。

媒介は神木から作った木刀「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」を使用。

ヤマタノオロチの8つの頭で人を運ぶこともできます。

シャーマンキング本選1回戦のICEMEN戦で初披露しますが、この様子を見ていたホロホロやチョコラブは、技の強さに驚きを隠せませんでした。

刺身包丁スサノロウ:木刀の竜の甲縛式オーバーソウル

マンガ270話での十祭司・ナマリとの戦いで披露した木刀の竜の甲縛式オーバーソウル。

料理好きの竜らしく、刀の形状は刺身包丁そのもの。

ナマリとの戦いには敗れてしまいますが、道蓮やホロホロが次のプラントに進むための活路を見出します。

刺身包丁スサノロウは、ヤマタノオロチ号の進化版と考えればいいでしょう。

まとめ

木刀の竜こと梅宮竜之介の強さや技をご紹介しました。

  • 木刀の竜は蜥蜴郎に取り憑かれたことでシャーマンとしての能力が開花
  • 出雲での修業で強さを身につける
  • 木刀の竜の持霊は蜥蜴郎(とかげろう)
  • 最終的な巫力は85,000
  • 紅蜥蜴(べにとかげ):木刀に蜥蜴郎をオーバーソウル
  • ビッグ親指:巨大な親指に見せる技
  • ヤマタノオロチ号:ヤマタノオロチをイメージした大技
  • 刺身包丁スサノロウ:木刀の竜の甲縛式オーバーソウル

最初は好きじゃなかったけど、読み進めるごとに好きになる。

木刀の竜はそんな愛すべきキャラクターではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました