東リベ寺野サウスの強さは?過去や身長・年齢などプロフィールについても

東京リベンジャーズ

「東京リベンジャーズ」に登場するキャラクターである寺野サウス。

最終章に登場し、六破羅単代(ろくはらたんだい)という暴走族を引き連れて、天下を取ろうとしていました。

そんなサウスの強さ、過去や身長等と言ったプロフィールについて知りたい人はいるのではないでしょうか。

そこで今回はサウスの強さや、過去、身長などプロフィールについて解説していきますね!

東京リベンジャーズ記事一覧はここから

 

「東リベ」寺野サウスの身長・年齢などプロフィールまとめ

まずはサウスのプロフィールについてです。

果たして、どんな経歴があるのでしょうか!?

港区を拠点にする六破羅単代の総代

サウスは港区を拠点としている六破羅単代(ろくはらたんだい)の総代。

後で解説しますが、サウスはブラジル・リオデジャネイロの出身。

14歳で来日した後、トップに君臨するために暴走族チームの六破羅単代を創設します。

港区を拠点とする六破羅単代は、関東卍會、梵(ブラフマン)と覇権を競っていました。

山岸マコトが「六破羅単代が最大の勢力」とタケミチに話していたことから、勢力だけで言えば六破羅単代および寺野サウスが圧倒的で、他の2つのチームを引き離していたと考えられます。

六破羅単代にはかつての天竺四天王が所属

そんなサウス率いる六破羅単代には、関東事変でタケミチたちを苦しめた天竺四天王が所属しています。

天竺四天王とはS62世代と評された面々で、天竺の総長の黒川イザナが率いる強力な戦力。

  • イザナが信頼を置き、四天王の中でも別格の強さを持っていた鶴蝶(かくちょー)
  • 東京卍會に所属する前のスマイリーとアングリーを倒したことがある望月莞爾(もちづきかんじ)
  • 元九代目黒龍(ブラックドラゴン)総長の斑目獅音(まだらめしおん)
  • たった2人で六本木を支配していた灰谷蘭(らん)・竜胆(りんどう)兄弟

そんな面々をサウスは従えているので、最大の勢力と言われるのも当然と言えますね。

寺野サウスの身長・年齢

次はサウスの身長と年齢ですが、両方とも分かっていません。

キャラクターブックにはサウスに関するデータがないからです。

推測するとサウスの身長は約2メートル、年齢は19歳~22歳ほどだと考えられます。

 

「東京リベンジャーズ」寺野サウスの過去や生い立ち

次はサウスの過去について解説します。

果たしてサウスにはどんな過去があるのでしょう!?

ブラジル・リオの貧民街で育つ

サウスはブラジルのリオの貧民街で育ちました。

母親は病に伏せていて、サウスの世話を中々できませんでした。

そのためサウスは母親を置いて出かけることは出来ず、調律が取れていないピアノを弾くことが趣味。

これを踏まえると子供の頃のサウスは割といい子だったのかもしれません。

 

やがて母親の事を気にかけてくれているディノという男が、サウスに敵対者を始末するように命じます。

サウスは言われた通り、ディノの敵対者を殺害。

報酬としてディノからお金をもらったサウスは、暴力がどれほどいいものかを理解。

またディノはサウスを褒めたたえると、当時の南という名前をサウスに変えるよう命じます。

 

聖夜決戦後の現代のマイキーも、面倒な相手と話し合いで解決するより殺してしまった方が簡単に済むと口にしていたことから、サウスも暴力で物事を解決すれば、いい生活ができると考えるようになったと思われます。

サウスの名をもらったディノを殺害

そしてサウスは12歳の時、自分たちによくしてくれたディノを自らの手で殺害。

なぜディノを殺したかについては不明ですが、殴って始末した後に涙を流していた様子から、自分の意志ではなかったと考えられます。

 

恐らくディノを始末するまでの間、多くの人間を手にかける中でサウスの中に黒い衝動に目覚め始め、それが暴走したことでディノを殺したのでは、と推測します。

12歳でギャングのボスになるがその後廃業し日本に

ディノを殺した後のサウスは、ギャング・チーム”ディノ・サウス”のボスに君臨。

しかし、14歳の時に敵チームから報復を受け、母親を殺され、自分自身も重傷を負うことに。

するとサウスはギャングを廃業して、祖父母が住む日本にやってきます。

少年院で元天竺のメンバーと出会う

その後、何らかの罪で少年院に送られたサウスは、後から入所してきた元天竺のメンバーと出会います。

元天竺のメンバーの経歴を知った知ったサウスは、時代を作ろうと決意。

そしてサウスはモッチーら元天竺のメンバーをぶちのめして配下にし、出所後の2007年に六破羅単代を設立。

元天竺のメンバーの方が先に出所していたということは、サウスはモッチーたち重い罰を受けたと考えられます。

その後、鶴蝶も降伏させて配下にして、強力なチーム・六破羅単代が生まれたのです。

東京リベンジャーズ寺野サウスの強さを解説

次はサウスの強さについて解説します。

果たして、どんな強さを誇っているのでしょうか!?

巨体とパワーを生かした戦い方が持ち味

サウスは巨体とそこから繰り出されるパワーを生かした戦いが得意。

細身ながらも強靭なパワーを持ち合わせており、強い相手を叩きのめします。

サウスは子供の頃から大人相手に戦ってきたので、戦い慣れしているのも大きいのでしょう。

そして勝つために体を鍛えてきたのかもしれません。

少年鑑別所でムーチョ・モッチーらを圧倒

少年鑑別所では武藤泰宏(ムーチョ)や望月莞爾(モッチー)らを圧倒しました。

元天竺のメンバーたちはとても強く、東卍メンバーを倒したり、再起不能にしたり。

また警官をも恐れないほど。

そんな元天竺のメンバーたちをサウスは圧倒しただけじゃなく、無傷で倒したのですから、どれだけ強いかがわかります。。

ドラケンを浮かすほどのパワーを誇る

サウスはドラケンを浮かす程のパワーがあります。

サウスがドラケンを仲間にしようとした際、ドラケンは断ったのでぶん殴りました。

その際、ドラケンは防御したのですが、体が浮いてしまったのです。

ドラケンはこれまでの戦いで怪我を負ったりはしましたが、浮いたことでありませんでした。

それくらいサウスのパワーは強烈なのです。

サウスvsマイキー!どっちが強い?

サウスvsマイキー、どちらが強いと言うと、マイキーの方が強いです。

三天戦争でサウスとマイキーの戦いが実現。

最初はどちらも激しく戦い、どちらが勝つかわからない状況でしたが、次第にサウスがボコられるように。

マイキーも傷は負ってはいますが、サウスほどではなく、後半はマイキーが圧倒的に相手を痛めつけて、最後には殺害。

サウスの死に方がディノと同じだったのは、因果応報だったのかなと思います。

 

まとめ

寺野サウスの強さと過去、プロフィールについて解説してきました。

  • サウスは六破羅単代の総代となり、元天竺組を引き連れている
  • サウスはブラジルで生まれ、ギャングのトップに君臨したのち廃業し、祖父母が住む日本へと来る
  • サウスの戦闘力は天竺四天王よりも上でドラケンにも劣らないが、マイキーには負ける

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました