東京リベンジャーズの恋愛要素を解説!カップルは何組ある?

東京リベンジャーズ

今回は、「東京リベンジャーズ(東リベ)」の恋愛要素について解説させて頂きます。

皆さんのおすすめカップルは居ますか?

それともなかなか恋模様には注目しませんか?

普段興味がないと思っているあなたも、これを機に恋模様にスポットを当ててみたら如何でしょう。

東京リベンジャーズ記事一覧はここから

 

「東京リベンジャーズ」には恋愛要素はある?

男同士の喧嘩や友情に目が行きがちですが、東京リベンジャーズにも恋愛要素は充分にあります。

そもそも、「ヒナを救いたい」という気持ちがタイムリープのきっかけとなっています。

そこからは瞬く間に騙し合いや抗争が続き、着眼点が恋愛要素から徐々に離れていきますが、、、。

控えめだが恋愛要素はある

「ヒナ」の存在がいつも武道の原動力になっている点においても、恋愛要素があることがわかります。

武道以外にも、両想いだとドラケン&エマ、片想いだと柴柚葉、稀咲鉄太、九井一らがいます。

こうやって名を連ねると、意外と恋愛要素もあるということが判明しますね。

 

「東リベ」のカップルまとめ

「東京リベンジャーズ」には両想いカップルが2組、片思いカップルが3組あります。

  • 花垣武道×橘日向(両想い)
  • 龍宮寺堅×佐野エマ(両想い)
  • 柴柚葉→花垣武道
  • 稀咲鉄太→橘日向
  • 九井一→乾赤音

それぞれ解説します。

花垣武道×橘日向(両想い)

冒頭では中学生時代に破局し、ヒナが亡くなったのをニュースで知る武道ですが、過去に戻ることで恋人関係に戻ることになります。

そんな二人の出会いは、小学生時代に猫をいじめている中学生にヒナが注意をしますが、怒った中学生の標的が猫からヒナに代わり、ヒナは泣いてしまいます。

そこへ現れたのがタケミチ。

勝ち目がないとわかっていながらも、勇気を出して助けてくれたタケミチにヒナが一目惚れ。

自分を守るために勝ち負けを考えず行動をしてくれる。

これは誰でも惚れてしまうのではないのでしょうか。

本来なら中学生時代に破局している二人ですが、タケミチはヒナを救うために歯を食いしばり、何度も立ち上がります。

結果的に過去をやり直し、別れの危機を乗り越え、ヒナがいる未来を掴み取ることができます。

龍宮寺堅×佐野エマ(両想い)

エマの最初の登場シーンは武道とのツーショット。

東リベには珍しい、いきなりの色気があるシーンだったので、驚いた方も多いのではないでしょうか。

今になってみると、ドラケンを嫉妬させたいという一心でエマが起こした行動だということがわかりますね。

またドラケンの何気ない視線や行動で、いかにエマを大事に想っているかがわかります。

ドラケンとエマが知り合ったきっかけは、エマの兄である佐野万次郎(マイキー)がドラケンを家に連れてきたこと。

ドラケンのあの見た目なので最初は怖かったものの、見た目からは想像できない優しさ・温かさにエマは次第に惹かれていきます。

残念ながら想いを伝える前に命を落としてしまったエマ、悲しむドラケンを見てショックを受けた方も多いと思います。

ドラケンの言動に一喜一憂するエマの姿に恋をした読者もいるのではないでしょうか。

柴柚葉→花垣武道(片思い)

柚葉は家庭問題でかなり長い間苦しめられていました。

そこに突如現れた、弟の仲間であるタケミチが、ずっと変わらなかった兄を変え、弟を変え、さらには自分の心までを動かしてしまい、いつの間にか心奪われます。

ただ柚葉は、タケミチにはヒナがいることも認知しており、それでも想い続けることを選びます。

恋愛でもありますが、憧れや尊敬も含まれていると思います。

稀咲鉄太→橘日向(片思い)

稀咲は小学生時代に周りから「きもい」と言われる中、ヒナだけが親切にしてくれました。

そんなヒナのことをずっと想っていたところにタケミチが現れ、ヒナの心を奪ってしまいます。

稀咲はヒナの心を奪ったタケミチがどういう人間なのか、何を目指しているのかを調べ、自分がその目標(「日本一の不良になる」)を達成すれば、ヒナが自分のものになると思い込んでしまいます。

それが物語の全ての元凶となります。

ヒナが中学生にいじめられている時に稀咲が助けていたら、どうなっていたのでしょうか。

九井一→乾赤音(片思い)

赤音は、九井の同級生・乾青宗の姉・九井赤音のことが大好きでした。

大好きすぎて、小学生の時に「一生好きだから!大人になったら結婚してください!!」とプロポーズ(18巻158話)。

ある日、赤音の家が火事になり、九井は必死に赤音を助け出します。

赤音を助け出し、一安心していましたが、九井が助け出したのは赤音ではなく、青宗。

その後赤音も助け出され、命は繋がりましたが、火傷による損傷が激しく、膨大な治療費がかかることに。

しかし、ローンを抱える乾家にはとても払える額ではなく、九井は自ら稼ぐ方法を考えました。

ただ、未成年である九井が正当な方法で稼げるわけもなく、自ら悪の道へと進んでいきます。

なんとか稼げるようになった九井ですが、後一歩及ばず、赤音を救うことはできませんでした。

こうやって、金を作る天才は生まれたんですね。

最終回時点で結婚しているカップルはある?

みんながみんな、誰かのために何かを犠牲にしてきましたが、ちゃんと結ばれているカップルもいます。

  • 花垣武道×橘日向
  • 龍宮寺堅×佐野エマ

恋が実っていない人もいますが、過去では結ばれていなかった2組が結ばれているのは嬉しいですね。

花垣武道×橘日向

幾多の困難を乗り越えた結果、2017年3月17日に2人は無事結婚。

結婚式には大勢の仲間が駆けつけて祝福を受け、最高のハッピーエンドを迎えます。

龍宮寺堅×佐野エマ

作中で結婚したという描写は一切ないのですが、武道の結婚式で二人の関係性が伺えます。

「体調大丈夫はなのか?」(278話)とドラケンがエマに問いかけるシーンがあります。

そのことから、恐らく二人の間には新しい生命があることがわかります。

 

まとめ

  • 東京リベンジャーズには友情のみならず恋愛要素もある
  • カップルは少ないが、切ない片想いが多い
  • 結婚をしたのは、武道×ヒナ、ドラケン×エマ
  • 当初結ばれなかった2組が最終回では結ばれている

実らなかった片想いはとても切ないですが、皆を助けるためにずっと戦ってきた武道がヒナと結ばれるのは嬉しいですね。

恋愛要素に着眼して読み直してみると新たに気づくことがあるかもしれませんね。

以上、東京リベンジャーズの恋愛要素について解説させて頂きました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました