東京リベンジャーズ生き返るキャラクターは?全員復活はなるのか

東京リベンジャーズ

「週刊少年マガジン」2022年51号にて完結した「東京卍リベンジャーズ(東リベ)」。

「東リベ」の最初の世界線では、数多くのキャラクターが死亡します。

複数回死亡するキャラクターもいますし、死亡が確定するキャラクターもいますね。

例えば、関東事変直前に稀咲鉄太に撲殺された佐野エマは死亡が確定したキャラクターです。

タケミチは過去で死亡した人物を救うことができませんから。

死亡が確定したキャラクターは、最終回までに復活することはあるのでしょうか?

今回は最終回までに生き返る死亡確定キャラをまとめました!

最終回時点の職業もご紹介しますよ。

東京リベンジャーズ記事一覧はここから

 

「東京リベンジャーズ」死亡キャラの全員復活はなるのか

「東リベ」で死亡が確定したキャラクターは復活するのか解説します。

死亡したキャラクターは終盤で全員復活する

結論を書くと、ストーリーの中で死亡が確定したキャラクターは、作品終盤で全員が復活します。

「東リベ」では、最終回の一話前となる277話から新たな世界線がスタート。

新たな世界線は1998年から始まりますが、その時点ではすべてのキャラクターが生きています。

佐野真一郎やエマなど、前の世界線で死亡が確定したキャラクターも生存中。

そのため「復活」とか「生き返る」という表現はふさわしくないかもしれませんが、便宜上、この記事では復活という言葉を使用していきます。

死亡確定キャラクターが復活した理由

佐野エマのように、すでに死亡が確定したキャラクターが生き返る理由は、タケミチとマイキーが1998年にタイムリープして、リベンジに成功したから。

9回目のタイムリープ後の現代で、タケミチは飛び降り自殺を図ったマイキーの手をつかみます。

このとき、マイキーと握手した形になったタケミチは2008年にタイムリープ。

タケミチは梵に加入し、三天戦争を戦ったのち、マイキーを倒すために二代目東京卍會を結成。

一方、マイキー率いる関東卍會も六破羅単代を吸収合併して、梵の大幹部だった荒師慶三と今牛若狭を取り込み、500人の勢力で二代目東京卍會を迎え撃ちます。

最終決戦でタケミチとマイキーが奇跡のタイムリープ

二代目東京卍會50人、関東卍會500人の勢力で始まった最終決戦は、最終的にタケミチとマイキーの一騎打ちに。

黒い衝動を解放したマイキーは、タケミチを日本刀で刺してしまいます。

このときマイキーは、「タケミチを死なせたくない」「生きていてほしい」と強く願います。

するとタケミチがトリガーとなり、マイキーは10年前にタイムリープ。

またタケミチもマイキーをトリガーにして10年前にタイムリープしており、未来の記憶を共有するマイキーと再会することになります。

タケミチとマイキーがリベンジを達成したことで全員が救われる

新たな世界線で、タケミチとマイキーはリベンジを決意。

当初の創設メンバーにタケミチ、稀咲、三途春千代が加わり、東京卍會を結成。

柴三兄弟・ココ・イヌピーを救うために黒龍(ブラックドラゴン)を吸収。

また黒川イザナ・鶴蝶・ムーチョを救うために天竺を吸収します。

こうして東京卍會は全国制覇を達成。

タケミチとマイキーは、新たな世界線でリベンジを達成します。

こうしてエマや稀咲など、死亡が確定したキャラクターたちもすべて救われるのでした。

 

「東京リベンジャーズ」生き返るキャラクターまとめ

「東京リベンジャーズ」終盤で生き返るキャラクターをまとめました。

最終回時点での職業についてもご紹介します。

死亡が確定したキャラクターは9人

最初の世界線で死亡が確定したキャラクターは以下の9人。

名前 死亡日 死亡する回 死因
佐野真一郎 2003年8月13日 6巻45話 羽宮一虎に殴られて死亡
場地圭介 2005年10月31日 8巻 61話 自害(刃物による失血死か?)
佐野エマ 2006年2月22日 17巻148話 稀咲鉄太に殴られて死亡
黒川イザナ 2006年2月22日 20巻177話 銃弾を受け死亡
稀咲鉄太 2006年2月22日 21巻184話 交通事故死
武藤泰宏 2006年8月 23巻206話 三途春千代に斬られて死亡
龍宮寺堅 2008年7月7日 5巻223話・224話 銃弾を受け死亡
寺野サウス 2008年7月7日 26巻233話 マイキーに殴られて死亡
鶴蝶 2008年9月9日 29巻257話 三途春千代に斬られて死亡

これら9人は、最初の世界線では生き返ることは不可能。

タケミチは過去で死んだ人間を生き返らせることができませんからね。

 

なお「東リベ」の死亡キャラについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。

9人は全員生き返る

しかし277話でタケミチとマイキーがタイムリープした1998年では全員が生きています。

そして2人が人生のリベンジに成功したので、すべてのキャラクターが救われたのです。

最終回での復活キャラの職業

最終回(278話)での9人の職業や状況を表にまとめました。

名前 職業
佐野真一郎 S.Sモーターズを経営
場地圭介 ペットショップXJランドの社員をしながら獣医を目指している学生
佐野エマ 専業主婦
黒川イザナ NPO法人TENJIKUの理事
稀咲鉄太 TK&KOグループの副会長
武藤泰宏 NPO法人TENJIKUでボランティア活動
龍宮寺堅 チームトップオブマンジのメカニック
寺野サウス 総合格闘技のヘビー級王者
鶴蝶

鶴蝶だけ情報がありませんでした。

それぞれがそれぞれの道でがんばっているようですね。

エマが専業主婦をしているのは、個人的にはうれしかったです。

 

まとめ

「東京リベンジャーズ」の最初の世界線で死亡が確定したキャラクターが復活するのか、についてまとめました。

  • 死亡が確定したキャラクターは最終回で全員が復活する
  • 復活したのは、1998年にタイムリープしたタケミチとマイキーがリベンジに成功したから
  • 復活するのは佐野真一郎、場地圭介、佐野エマ、黒川イザナ、稀咲鉄太、武藤泰宏、龍宮寺堅、寺野サウス、鶴蝶の9人

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました