「つぐもも」あるみ・みまねの正体は?桐葉・かずやの敵か味方かについても

アニメ・マンガ

つぐもも」のアニメ第2期が「継つぐもも」として2020年4月より放送開始です!

原作マンガのファンとしてどんな2期になるのか今から楽しみです。

さてこの記事では「つぐもも」の登場するあるみ、あきと、みまね、やすきに注目します。

彼らの正体は何者なのでしょうか?

どんな過去や目的があるのでしょうか?

はたまた桐葉やかずやの敵なのでしょう、味方なのでしょうか?

それぞれ解説します。

なおこの記事にはネタバレが含まれます。ご注意ください。

 

「つぐもも」あるみ・あきと・みまね・やすきの正体は何者?

あるみ・みまねらは付喪神(つぐもも)

早速結論を書きますが、「つぐもも」に登場するあるみ・あきと・みまね・やすきは付喪神です。

彼らはかずやや桐葉らと同じ上岡東中学校に生徒として通っています。

しかしそれは仮の姿で、ある目的があってかずやや桐葉、くくりらが住む上岡に潜入しています。

アニメ2期の放送内容あたりでは彼らに所有者はいません。

本来所有者あっての付喪神のはずですが、彼らは複雑な過去を持っており、所有者がないままずっと過ごしてきました。

怪異を引き起こしていたのはあきとらの仕込み

かずやや桐葉が通う上岡東中学校ではしばしば怪異が起こります

その理由のひとつに、かずやが呪詛(すそ)を集めやすい体質だからということがあります。

しかしもう一つ理由があります。

それはあきとらが自分たちの能力を使い、怪異が起こるよう仕込んでいるのです。

かずやの担任の伊良波いすず、2年の真中まな、1年の奈中井ななこたちがあまそぎにとりつかれたのは、あきとたちがある目的を持ってそれを引き起こしていたからです。

あるみ・あきと・みまね・やすきは何の付喪神で能力は?

彼らの過去について解説する前に、彼らが何の付喪神なのか説明します。

かんたんなプロフィールもご紹介します。

安次峰あるみ(あしみねあるみ)

あるみは水晶玉の付喪神です。

未来視と過去視、千里眼の能力を持ちます。

特に未来を占う能力は重宝されていますが、時間と距離が離れるほど確率が低下します。

そこであるみの能力は重要な決定のときに参考にされてきました。

この後紹介するあきとと同じ蔵で生まれ、同時に付喪神に消化したため義兄妹の関係です。

ただあるみはあきとに対して義理の兄以上の気持ち、つまり恋愛感情を抱いています。

ちなみにあるみは中学生とはおもえないほどのナイスバディ(付喪神なので何百年も生きていますが)。

みまねにしばしばセクハラされたり、劇中でヌードを披露させられたりしています。

安次峰あきと(あしみねあきと)

あきとは鋏(はさみ)の付喪神です。

刀の付喪神ほどではありませんが、武力に優れています。

かつての所有者のもとではその能力を生かして用心棒役を任されていました。

あるみの持つ未来予知の能力(白道予知)とあきとの能力を組み合わせることで、あきとは高い戦いの能力を発揮します。

あきとはあるみの義理の兄で、あるみから好意を寄せられています。

しかしそれにまったく気づく様子はありません。

むしろあるみとの絆を重視しているようです。

美鷹みまね(みようみまね)

みまねは鏡の付喪神です。

鏡の中に色々なものを取りんだり、自分が見た映像を写したり、相手の技を鏡でそのまま返したり。

対象の人物の身体と能力を写し取ったり(血鏡影法師)。

鏡を使ったさまざまな技を持っており、その能力には汎用性があります。

上岡東中の生徒に扮していますが、見た目はほとんど小学生。

好奇心旺盛で、少し退屈すると「つまんなーい」とぼやきます。

行動も軽率で、あきとらをしばしばあきれさせています。

八津川やすき(やつかわやすき)

やすきは弓の付喪神です。

初めてあきととあるみに会った時、敵かと思い攻撃を仕掛けました。

弓のつぐももであるため、高い攻撃力を誇ります。

劇中ではそれほど目立ったところはありません。

口数が少なく、軽率な行動を取ることは少ないようです。

「つぐもも」あるみ・みまねらの過去や目的を解説

あるみ・あきとの過去を解説

水晶玉のあるみ、鋏のあきと、賽のひふみは、とある屋敷で三代に渡り愛用され、同じ時期に同じ蔵で付喪神に昇華しました。

3人はとある屋敷に迎えられましたが、家の主のあまりに身勝手な振る舞いによりひふみが酷使され、その結果ひふみは命を落としてしまいます。

付喪神として人の役に立ちたいと思っていたあきととあるみは人を信頼できなくなってしまいます。

その後2人は所有者を変えてみたものの、人に使われようと思わなくなっていました。

迷い家(まよいが)

所有者から霊力を補充できなくなったあきととあるみは日に日に衰弱していきます。

そしてとある山中で霊力が尽きかけた時、迷い家(まよいが)を見つけます。

そこには付喪神しかおらず、人間はいませんでした。

しかしそこにいる付喪神たちは人間の霊力に困っておらず、迷い家は付喪神たちのまさに楽園でした。

人間(所有者)がいないのに迷い家の付喪神たちが霊力に満ちているのは、そこにミウラヒという即身仏がいるからです。

即身仏となったミウラヒ

かつて不二山の大噴火がきっかけで飢饉が起こり、人々の生活が荒れ果てました。

付喪神たちは酷使され、霊力が落ち、もとの道具に戻っていったものたちも多くいました。

迷い家の付喪神ミウラヒは、霊力が落ちた付喪神たちを保護する場の創設を土地神に願い出ますが、土地神はこの願いを却下します。

そこでミウラヒは仲間を募り、その土地神を弑します(殺します)。

ミウラヒは土地神の身に宿されていた石片を奪い、自らの体に埋め込み即身仏(神)になりました。

この結果迷い家は、人間たちを見限った付喪神たちが霊力を心配することなく暮らせる場所となったのです。

効力を失う石片

即身仏になり、人間たちを見限った付喪神たちを受け入れてきた迷い家のミウラヒですが、神から奪った石片の力には限りがありました。

神から奪った石片の効力は1,000年ほど。

そのため迷い家では霊力がつきて、元の道具に戻ってしまう付喪神が現れるようになります。

おのごろ祭り

そこで迷い家では再び神を殺し石片を奪い、その石片をミウラヒに宿す「おのごろ祭り」を計画します。

そして迷い家が命を狙ったのが上岡の土地神・くくり(白山妙理大権現菊理媛大神)でした。

土地神でありながらかずやの家に居候するくくりは、訳あって霊力が落ちていました。

あきと・あるみ・みまねらの目的はくくりの命を奪うこと

くくりは土地神として町全体の呪詛(すそ)の乱れを祓う(はらう)役目があります。

あきとやあるみ、みまねたちは怪異を意図的に引き起こすことで上岡の呪詛(すそ)の乱れを引き起こし、それをくくりに祓わせようとします。

こうすることでくくりの力を弱め、くくりの命を奪う機会を狙っていました。

あきとらの目的は「おのごろ祭り」を成功させること、つまりくくりを殺し石片を奪うことだったのです。

あきと・あるみ・みまねらは桐葉・かずやの敵か味方か?

あきと・あるみ・みまね・やすきは、上岡の土地神・くくりの命を狙っているので、桐葉やかずやの敵です。

アニメ2期でどこまで描かれるかわかりませんが、かずやや桐葉、くくりたちは迷い家の付喪神たちと戦うことになります。

ただその戦いやその後の経緯を経て、両者の争いごとはなくなります。

かずやや桐葉が迷い家の付喪神たちを助ける場面もあります。

ここまでアニメ2期で描いてほしいですが、むずかしいかもしれませんね。

まとめ

  • あるみ・みまね・あきと・やすきは迷い家の付喪神
  • 上岡東中に生徒として紛れ込んで、意図的に怪異を引き起こしている
  • 彼らの狙いは上岡の土地神くくりを殺し、石片を奪うこと
  • 彼らは桐葉やかずやの敵だが、後に協力するようになる

「つぐもも」は2020年2月現在24巻まで刊行されていますが、アニメ2期に当たる6巻~がどんどんおもしろくなっていきます。

ストーリーのおもしろさもバトルもお色気もさらにスケールアップしていきます。

アニメ2期は大いに期待したいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました