「球詠」影森高は強いのか弱いのか?作戦や試合展開・結果についても

アニメ・マンガ

この記事では「球詠」埼玉県大会1回戦の新越谷vs影森に注目します!

影森高校の作戦や試合の経過・結果を解説します。

影森高は強いのか弱いのか、よくわかりません。

感情を表に出さず淡々とプレーする相手選手たちの姿に新越谷の選手たちは戸惑います。

果たして結果は?

ネタバレありで解説するので、結果を知りたくない方はご注意ください。

「球詠」影森高校は強いのか?弱いのか?

新越谷の1回戦の相手、影森高校は決して弱いチームではありません。

選手のほとんどが1年生が、しかも初心者が2人いる新越谷にとっては手強い相手です。

影森の県大会の最高成績は3回戦どまりですが、強豪校相手にロースコアの展開に持ち込み、しばしば善戦していました。

影森の選手たちはゲーム中声を出さず、覇気も感じられません。

新越谷の選手が声をかけても反応せず、淡々とプレーします。

しかしプレー、特に守備のレベルは高く、練習を積み重ねていることがわかります。

では次に影森高校の戦いぶり・作戦を解説します。

影森高校の戦いぶり・作戦を解説

影森高校の戦いぶり


影森の選手たちは攻撃のときでも守備のときでもきびきびと高速でプレーします。

攻撃の際は早いカウントからどんどん打ちに来ますし、次の打者はすぐにバッターボックスに入りピッチャーの投球を待ちます。

ランナーも積極的に次の塁を狙います。

守りにつくときも選手たちはきびきびと自分のポジションに散っていき、相手チームのバッターを待ちます。

アンダースローのピッチャー中山はバッターが構えに入るとすぐに投げてきますし、キャッチャーも受け取ったボールをすぐさまピッチャーに返します。

中山はボールを受け取るとクイックモーション、時にはさらに速いスーパークイックからノーサインでテンポよく投げ込んできます。

新越谷の選手たちは影森の選手たちの戦いぶりに最初は戸惑い、気持ち悪さを感じていました。

影森の選手たちがそういう戦いをするのには彼女たちなりの理由がありました。

影森がテンポよく試合をする理由

影森高校の選手達がテンポよく試合を進めるのには理由があります。

影森高校は秩父の山間にあります。

そのため日没が早く、グラウンドは他の部活動と交代で使い、県立高校のため設備も十分ではありません。

そこで部員たちは大会で勝つことより日々の練習を楽しむために野球をするようになります。

彼女たちは自分たちだけで野球することが自体が楽しく、試合では退屈に感じていたのです。

そこでなるべく早く試合を終わらせる作戦を考え出します。

攻撃では初球からどんどん打ちに行き、守備ではピッチャーがクイックから投げたりキャッチャーがすぐ返球をするなどして、試合を早くすすめるようにしました。

彼女たちは打たせて取るための守備力や機動力を重視し、機敏に行動することでロースコアのゲームに持ち込み、強豪校をしばしば苦しめていました。

影森の選手たちは一見楽しくなさそうにプレーしますが、野球は好きですし、プレーのレベルも低くありません。

ただどんな気持ちでプレーしているのであれ、新越谷にとっては戦いにくい相手でした。

新越谷vs影森!試合展開と結果をネタバレ解説

序盤:影森のペースに戸惑う新越谷

初回、影森のトップバッターは初球を打ち、ライトの白菊のエラーを誘います。

2番、3番打者も初球から手を出し、たった3球で影森が先制します。

影森は守備でもエース中山がクイックモーションからテンポよく投げてきて、自分たちにペースに持ち込みます。

新越谷の先発・藤原理沙も相手のペースに合わせて速いテンポで投げ、少ない球数で相手の攻撃を抑えます。

それでもこの戦い方では影森のペース。

新越谷の頭脳・芳乃は少し焦りを感じていました。

中盤:白菊のホームランで同点に

1-0で影森リード出迎えた3回裏、新越谷は7番白菊が打席に。

中学時代剣道の全国チャンピオンだった白菊は間合いを取ることを得意としています。

間を測り打ったボールは左中間スタンドに飛び込み、新越谷は同点に追いつきます。

しかし新越谷はその後、バント失敗や牽制アウトがあり、なかなかペースがつかめません。

5回になると新越谷の先発・理沙の球威が落ち始め、相手打者の打球の質がよくなってきます。

そこで新越谷はピッチャーを息吹に代えます。

あらゆる選手の打撃フォームや投球フォームを真似できる息吹は、影森のエース山中とまったく同じアンダースローからテンポよくストライクを投げていきます。

終盤:息吹のコピー投法にペースを崩される影森

息吹は完璧なリリーフで影森の攻撃を0に抑えます。

続く5回裏、自分と同じフォームで投げる息吹を見た影森のエース山中はいら立ち始めます。

投球のリズムが崩れ、テンポが遅くなり、クイックモーションも単調になります。

味方のファインプレーに助けられますが、流れは新越谷に来つつありました。

そして6回裏、さらにいら立つ影森の山中に対して、新越谷は死球、送りバントの後、希のタイムリーヒットで勝ち越します。

ゲームセット:エンドランが分岐点に

さらにランナー1塁から菫が初球ヒットエンドランを決め、チャンスを広げます。

このヒットエンドラン成功が勝負の分岐点でした。

その後新越谷は連打で次々と得点を重ね、最後は練習試合の打率が0.05しかないヨミのヒットでこの回一挙7点。

8-1とし、6回コールドで新越谷が初戦をものにします。

新越谷はエースヨミを温存して2回戦に進むことができました。

まとめ

この記事では「球詠」埼玉県大会1回戦の新越谷vs影森についてまとめました。

  • 影森は試合より練習を楽しむチームで、試合を早く進める作戦をとっていた
  • 結果は8-1で新越谷の6回コールド勝ち
  • 新越谷は理沙、息吹が登板し、エースヨミを温存して2回戦に進んだ

「球詠」はかわいい女の子たちの百合要素がありつつ、野球のシーンは臨場感がありかなり本格的。

読み始めるとかなりハマります(笑)。

またこのマンガで個人的に好きなのは、ほんの少しですが負けたチームの様子を描いているところ。

野球に青春をかける女子たちの情熱が伝わってきます。

2020年4月からのアニメ放送も楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました