「球詠」山崎珠姫のプロフィール!捕手の能力や太ももの筋肉美についても

アニメ・マンガ

ここでは「球詠」新越谷高のキャッチャー山崎珠姫(やまざきたまき)に注目します。

珠姫は詠深(よみ)と並ぶ本作品のメインキャスト。

扇の要であり、打順も中軸を任されています。

技術だけでなく野球頭脳もよく、チームに欠かせない存在です。

山崎珠姫のプロフィール、捕手としての能力、太ももの筋肉美についてもまとめました!

なおこの記事にはネタバレが含まれるのでご注意ください。

「球詠(たまよみ)」山崎珠姫(やまざきたまき)のプロフィール

  • 名前:山崎珠姫(やまざきたまき)
  • 学年:1年
  • 背番号:2
  • ポジション:捕手
  • 投打:右投右打
  • 身長:149cm
  • 誕生日:8月31日
  • 出身チーム:美南ガールズ
  • 好きな動物:犬
  • 趣味:戦略シミュレーション、野球動画
  • 進学理由:制服と成績

珠姫は詠深の幼馴染

新越谷高校でバッテリーを組むヨミと珠姫は幼馴染でした。

小さい頃カラーボールでキャッチボールをしており「大人になっても一緒に野球しようか」と約束を交わします。

しかし珠姫は急に転校してしまい、2人は離れ離れに。

それでも2人はそれぞれ野球を続けていました。

珠姫は名門の美南ガールズでキャッチャー、ヨミは中学校の部活動でピッチャーを務めていました。

ただ珠姫は中学3年の時に他の選手の台頭で控えに、ヨミはキャッチャーが変化球を捕れなかったため思うようなピッチングができず、初戦敗退を繰り返していました。

新越谷高校で再会のキャッチボール


そんな2人が新越谷高で再会し、さっそく再会のキャッチボールをします。

珠姫は小さい頃ヨミがカラーボールで魔球(ナックルカーブ)を投げていたことを覚えていました。

そしてヨミに「投げて!きっと捕るから」と魔球を要求します。

硬式ボールでは魔球は投げられないと思っていた珠姫ですが、ヨミは魔球を投げてきます。

そして珠姫はその魔球を1球も後ろに逸らさず受け止めます。

実は珠姫は公式戦で捕逸(パスボール)ゼロのキャッチャーでした。

高校では野球をやるつもりはなかったヨミですが、「タマちゃんが受けてくれるならやりたい」と野球をやることを決意します。

こうして珠姫とヨミはバッテリーを組むことになったのです。

一緒に行こう

不祥事のため活動停止状態だった野球部ですが、徐々に部員が集まり練習にも熱が入ります。

中には中学で全国大会を経験した部員もいて、珠姫もヨミも刺激を受けます。

珠姫はヨミとなら勝ち負け関係なく、楽しくやれればいいと思っていました。

ところが本格的に練習が始まり、他の部員から全国大会という言葉を聞いたことでいつの間にか本気になっていました。

そして2人は誓うのでした。

「一緒に行こう」と。

こうして2人の全国大会出場へ向けた戦いが始まるのでした。

山崎珠姫の捕手としての能力を考察

ここから珠姫のキャッチャーとしての能力を考察します。

結論を書くと珠姫はキャッチャーとして高い能力を持っています。

キャッチングがうまい

前に書きましたが珠姫はキャッチングがうまいです。

中学時代には公式戦パスボールなしを記録しているほどです。

また高校入学後、ヨミが投げる魔球(ナックルカーブ)を1球も逸らさずにキャッチしたことからも珠姫のキャッチングのうまさがわかります。

そんな珠姫は自分のキャッチングに自信を持っています。

初めての練習試合でヨミが甘いコースにナックルカーブを投げて打たれた後、珠姫は「走者気にせず思いっきり投げて。逸らさないよ。私は、絶対」とヨミに力強い言葉をかけます。

この言葉を受けてヨミは低めにナックルカーブを集め、後続打者を三振に打ち取ります。

これはキャッチングに自信がある珠姫だからこそかけられた言葉です。

また珠姫が受けるからこそヨミは思い切ってナックルカーブを低めに投げることができます。

強気だが丁寧なリード

強気のリードも珠姫の持ち味です。

初めての練習試合・柳大川越戦で2回ノーアウトで4番バッターを迎えると、珠姫は2球続けて魔球(ナックルカーブ)を要求。

2ストライクに追い込むと、3球連続ナックルカーブと見せかけ内角高めにストレートを投げさせ、4番を三球三振に打ち取ります。

生意気なリードとも言われますが、強気に攻めることで相手の裏をかきます。

かといって雑なリードはしません。

県予選初戦の影浦高校戦。

相手が早打ちしてくることがわかると、先発の藤原理沙に速いテンポでストライクばかりを投げさせます。

相手は凡打を繰り返し、理沙は少ない投球数でイニングを終えることができました。

珠姫は強気だけど丁寧なリードができる、すぐれたキャッチャーと言えます。

ピッチャーのいいところを引き出す

珠姫はピッチャーのいいところを引き出すことにも長けています。

ヨミはいい変化球を持っているものの、ストレートの威力はそれほどでもありませんでした。

しかし珠姫は、ゲーム中ヨミの気持ちが高まったときに球威のあるストレートを投げることに気づいていました。

そのストレートを自由に引き出すために、練習で通常よりバッテリー間の距離を長くし、ストレートを1球投げさせます。

次に通常の18.44mの距離から1球前と同じイメージでヨミにストレートを投げさせます。

するとヨミはいいストレートを投げることができました。

これがヨミの強ストレートです。

それまで投げていたストレートより伸びがよく、バッターをつまらせたり空振りを取ったりすることができます。

このように珠姫は投手の特徴をつかみ、さらにいいところを引き出すのがうまいキャッチャーと言えます。

打てるキャッチャー

珠姫は打てるキャッチャーです。

中学時代は強打の捕手の控えに回ることもありましたが、新越谷高では中軸をまかされています。

珠姫のバッティングは彼女のキャッチャーとしての読みのよさに裏付けされたものでもあります。

梁幽館戦では、相手ピッチャーが格下相手にはストライクをポンポン投げてくることを知っていました。

ストライクを取りに来た初級を見事打ち返しヒットにします。

もともとの打撃センスに加え配球を読むことにもすぐれているからこそできることです。

珠姫は打てるキャッチャーとしてチームを引っ張っています。

山崎珠姫の太ももの筋肉美

私が「球詠」を読んだところで、女子高生同士の百合要素はあるものの、いやらしさがほぼない、本格的野球マンガ、青春マンガという印象を持ちました。

選手たちがプレーする絵がとても美しく、躍動感や力強さを十分に感じることができます。

そこで注目なのが山崎珠姫の太ももです(かなり強引ですが)。

下が最初に公開されたアニメ「球詠」のキービジュアルですが、いかがでしょうか?

珠姫の太もも、実によく鍛えられた筋肉質の足だということがわかります。

ヨミの足にしてもそうですが、ガチで野球をやっていることが伝わる画像です。

健康的で、アスリートらしい力強い筋肉質の太ももの描写が実にリアル。

それでいて少しもいやらしくなっていないところがとてもいいと感じています。

こうした写実的な描写もこの作品の見所です。

アニメのキービジュアルを見たファンからは

太ももの描写を評価するつぶやきが寄せられています。

2020年4月からのアニメでは筋肉美にも注目するとより一層楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

この記事では「球詠」新越谷高のキャッチャー山崎珠姫をご紹介しました。

  • 珠姫はヨミと幼馴染
  • 高校進学後2人は再会し、野球で全国を目指すことを決断する

珠姫のキャッチャーとしての能力は

  • キャッチングがうまい
  • 強気だが丁寧なリードができる
  • ピッチャーのいいところを引き出すことが出来る
  • 打てるキャッチャー

また2020年4月放送開始のアニメでは珠姫を始めとする選手たちの野球選手らしい太ももの筋肉美にも注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました