「球詠」川口息吹のプロフィール!特技の野球モノマネとセンスについても

アニメ・マンガ

この記事では「球詠」新越谷高のレフト・川口息吹(かわぐちいぶき)に注目します!

息吹は野球経験こそ少ないのですが野球が大好き。

そしてすごい特技やセンスを持っています。

その特技でチームに大きく貢献しています。

とってもかわいい選手でもあります(笑)。

息吹のプロフィールや特技・センス、埼玉県大会の影森高校戦・馬宮高校戦での活躍などをまとめました!

なおこの記事はネタバレを含むのでご注意ください。

またこの記事はマンガ6巻までの内容に基づいています。

「球詠」川口息吹のプロフィール!

  • 名前:川口息吹(かわぐちいぶき)
  • 学年:1年
  • 背番号:7
  • ポジション:左翼手
  • 投打:右投両打
  • 身長:156cm
  • 誕生日:8月31日
  • 出身チーム:光陽台桜中
  • 好きな動物:うさぎ
  • 趣味:戦術研究
  • 進学理由:好き、近い

息吹は芳乃の双子の姉

二つ結びのおさげのヘアスタイルが印象的な川口息吹。

チームのマネージャーを務める芳乃の双子の姉です。

2人はとても仲がよく、学校から近い新越谷高校に進学します。

新越谷を選んだ理由に姉妹はふたりとも「好き、近い」をあげていますが、ちいさいころ新越谷の野球部の選手たちにやさしく遊んでもらったことが印象に残っているからのようです。

高校入学式の日に妹の芳乃が詠深(ヨミ)と打ち解け、そこに息吹が加わり、さらにヨミの幼馴染の珠姫が加わります。

この4人が活動停止中の野球部のグラウンドに行き、キャッチボールをする中で野球をすることを決意します。

もしこの4人がそろわなかったら新越谷高校の野球部は活動再開しなかったかもしれません。

息吹は野球経験がほとんどない初心者。

妹の芳乃はマネージャー志望で入部しますが、息吹は選手として野球部に入ります。

息吹の野球センス

ほとんど野球未経験の息吹ですが、練習を積み重ねていくことで少しずつ野球に慣れていきます。

元々センスもいいようですし、野球に取り組む姿勢も前向きです。

野球部にはマネージャーの芳乃を除くと9人しか部員がいないので、試合では息吹も先発メンバーに入らなければなりません。

息吹は外野手の練習をする中で徐々に打球に慣れ、ボールをキャッチできるようになります。

そして初めての練習試合である柳大川越戦、息吹は9番レフトで先発出場。

初回に左中間に大飛球が飛びますが、息吹は冷静に落下地点を判断。

「オーライ」の声を出しながら落下地点まで行くと確実にボールをキャッチ。

初めての守備機会でミスすることなくバッターをアウトにします。

打つ方では第一打席こそ三振しますが、2打席目は送りバント成功。

3打席目は初めて左バッターボックスに立ち、何球もファールで粘り、最後は落ちるボールで空振り三振を喫しますが、振り逃げで塁に出ます。

大きな活躍こそありませんが、そつなく守備をこなしたり、初めての左打席で相手エースのボールを何球もカットして粘ったり。

息吹は初心者とは思えないほど野球のセンスがあるようです!

選手としての伸びしろは同じく初心者の大村白菊と同じくらいあるかもしれません。

野球初心者・息吹の意外な特技:野球モノマネ(コピー)

息吹ですが意外な特技があります。

小さい頃から野球選手のモノマネが得意で、いろいろな選手の打撃フォームやピッチングフォームをまねてプレーできることが彼女の特技です。

単にプレーを模写するだけならむずかしくありませんが、息吹は試合で他の選手のマネをしてプレーすることができます。

チームの頭脳・妹の芳乃のアドバイスでピッチャーの練習メニューをやることになった息吹ですが、1球目から柳大川越のエース朝倉そっくりのフォームで投げ、周りを驚かせます。

球速まではコピーできませんが、伸びがあるボールを放っていました。

このコピーの特技が後の公式戦で生かされ、息吹はチームに大きな貢献をすることになります。

川口息吹の影森戦・馬宮戦での活躍を解説

ではここから息吹の影森戦、馬宮戦での活躍ぶりを解説します。

息吹は持ち前の野球センスとコピーの特技を活かし、チームに貢献しました。

影森戦での活躍:アンダースローのコピーで相手のペースを崩す

新越谷高校は埼玉県大会の1回戦、影森高校と対戦します。

守備でも攻撃でもテンポよく試合をすすめる影森に、序盤は新越谷の選手たちは戸惑います。

なかなかペースを握れませんでしたが、1-1の同点で迎えた5回途中から息吹がマウンドに上がります。

息吹は影森のエース中山のアンダースローを完璧にコピーして相手打線を抑えていきます。

自分のマネをされた影森の中山はイラ立ち、徐々にピッチングのリズムを崩していきます。

6回に中山は息吹にデッドボールを与えてしまい、これ以降大きく崩れます。

新越谷は今回打者一巡の攻撃で一挙7点を取り、8-1でコールド勝ち。

チーム全員の勝利ですが、息吹がコピー投法をして相手投手のリズムを崩したのが大きな勝因でした。

なお息吹は第1打席でレフト前ヒット、2打席目デッドボール、3打席フォアボールで全打席出塁。

公式戦初戦から持ち前のセンスのよさ発揮して大活躍しました!

馬宮戦での活躍:ヨミのコピーで好投


2回戦でシード校梁幽館高校を破った新越谷は3回戦で馬宮高校と対戦。

先発は息吹でした。

息吹はこの試合前にヨミのマネをして投球練習をしていました。

ヨミの持ち球であるツーシーム・カットボール、そして強ストレートを練習で投げていました。

球威こそヨミのボールに及びませんが、試合では相手打線を抑えます。

ピンチを迎えても要所を締め、得点を許しません。

その間チームは得点を重ね、大量リードで2番手の理沙にマウンドを譲ります。

結局この試合は新越谷が8-2で勝利。

ベスト16に駒を進めます。

ここでも息吹が先発投手の責任を果たし、チームは勝利に近づきました。

すでに野球初心者とは言えません!

息吹は新越谷の大きな戦力になっています。

まとめ

ここでは「球詠」新越谷高校の川口息吹についてまとめました。

  • 息吹は芳乃の双子の姉
  • 野球は好きだったが、高校まではプレーの経験はほとんどなかった
  • 持ち前のセンスのよさとコピーの特技で影森戦、馬宮戦でチームの勝利に大きく貢献する

野球経験がなかった息吹が大きな戦力になったのは新越谷にとって大きいですね。

エースのヨミを温存できますし、コピー投法で相手に合わせた戦い方もできますから。

息吹は選手として今後大きく化ける可能性もありますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました