水星の魔女スレッタがうざいし嫌い!イライラすると言われる理由についても

水星の魔女

「機動戦士ガンダム水星の魔女」の主人公スレッタ・マーキュリー。

「ガンダム」TVシリーズ初の女性主人公ということもあり、注目度が高いキャラクターです。

しかしそんなスレッタには「うざい」「嫌い」「イライラする」という声がチラホラ・・・。

スレッタは決して悪い子ではないと思うのですが、なぜなのでしょう?

今回はスレッタが嫌われる理由を考察します。

水星の魔女記事一覧はここから

 

水星の魔女スレッタ・マーキュリーの基本情報

スレッタのプロフィール

スレッタ・マーキュリーはシン・セー開発公社のCEOであるプロスペラ・マーキュリーの娘。

シン・セーの推薦で、アスティカシア高等専門学園パイロット科2年に編入します。

本編開始時点で17歳で、水星の出身。

水星に学校を作りたいという夢を持っています。

 

そんなスレッタが学園に持ち込んだモビルスーツはエアリアル。

エアリアルを駆ってグエル・ジェタークとの決闘に勝ったことから、スレッタは一気に周囲の注目を集めていきます。

なおスレッタの座右の銘は「逃げたらひとつ、進めばふたつ」。

逃げずに進んだらより多くのものが手に入る、という意味を持つ母親からの言葉を、スレッタは信念としています。

スレッタはエリクトと同一人物?

そんなスレッタの正体について、ファンの間では様々な考察があります。

特にプロローグに登場したエリクト・サマヤとの関係についての考察が多いですね。

  1. スレッタはエリクトの娘説
  2. スレッタはエリクトの妹説
  3. スレッタはエリクトの別人格説
  4. スレッタはエリクトのクローン説

主にこのような説がありますが、個人的には4のクローン説が有力かと考えています。

 

なおスレッタの正体については以下の記事で詳しく考察しています。

 

スレッタがうざいし嫌い・イライラすると言われる5つの理由を考察

ここからはスレッタが嫌い、うざい、イライラすると言われる5つの理由を考察します

オドオドした態度が嫌い

スレッタが嫌われる1つ目の理由はオドオドした態度。

アニメ1話「魔女と花嫁」、学園にやってきたばかりのスレッタはメカニック科2年のニカ・ナナウラから声を掛けられます。

するとスレッタは硬直して、まともにしゃべれなくなってしまいます。

ミオリネもスレッタのオドオドした態度にはイラついているようで、インキュベーションパーティに参加したときには(第7話)「堂々としてればいいの」「背筋を伸ばす!」とスレッタを注意していました(笑。

 

その一方でミオリネとグエル・ジェタークの決闘に途中参戦したときには、「あんなのに負けません!」とグエルを煽る(あおる)など、スレッタはときに強気な態度を見せます。

そんなところが好きという声もありますが、反感を抱くファンも少なくないようです。

スレッタの話し方が苦手

話し方が苦手だからイライラする、嫌いと感じる方もいるようです。

オドオドした態度と関連していますが、スレッタは極度に緊張すると言葉がスッと出てきません。

言葉に詰まってしまうのです。

慣れた相手にはスムースに言葉が出てきますが、スレッタの場合は慣れるまでが大変。

同世代の子どもがいない水星で育ったせいもあり、コミュニケーションが得意ではありませんからね。

そんなところもイライラするポイントなのかもしれません。

エランにしつこく絡むスレッタがうざい

エランにしつこく絡むシーンを見て「うざい」と感じた方もいます。

エアリアルを賭けてエランと決闘することになったスレッタ(アニメ6話)。

エランのことを知りたいスレッタはペイル寮まで押しかけて、エランと話をしようとします。

しかしエランはスレッタを拒否。

するとスレッタは放送を使い、スピーカーを通して「どうしてあんなこと言ったんですか?」「どうして決闘するんですか?」などとエランに話しかけ、さらにはハッピーバースデイの歌まで歌ってしまいます。

 

自分がウザいことを自覚しているスレッタは「私、鬱陶しいですか?」と言っていましたが、確かに鬱陶しい(笑。

スレッタに悪意はありませんが、エランとの絡みを見て”ウザい”と感じた方は多いはずです。

がんばりすぎるスレッタが痛い

スレッタの頑張り屋さんの性格が、かえって痛いと感じる方もいます。

グループの開発拠点プラント・クエタに行くことになったスレッタは、仲間の信頼を勝ち取ろうと奮闘。

「がんばらなくっちゃ、がんばらなくっちゃ」と呪文のように唱えながら、黙々と作業をしていきます。

 

でもスレッタの頑張りはやや空回り。

ちょっとした手違いからランチがもらえず、仲間から認められていないと勘違いしてしまいます。

実際には仲間たちはスレッタのことを受け入れているんですけどね。

がんばっても空回りしてしまうスレッタを見て、痛く感じてしまう方がいても不思議ではありませんし、ウザいと感じる方もいるに違いありません。

人を殺してヘラヘラするスレッタが嫌い

スレッタが嫌われる理由で最も大きいと思われるのが、人を殺してもヘラヘラしているところ。

アニメ12話のラスト、エアリアルを駆るスレッタはフォルドの夜明けのメンバーを殺害。

この直前、スレッタは母親のプロスペラから、大切な人を守るためなら多少の犠牲は構わないという趣旨のことを言われます。

最初はプロスペラの話を受け入れられなかったスレッタでしたが、「あなたとエアリアルが戦ってくれたら、みんな救われる」と説かれると、一歩進むことを決意。

こうしてスレッタはミオリネを救うために、フォルドの夜明けのメンバーを殺してしまうのです。

 

さらに驚いたのは、人を殺したスレッタがヘラヘラと笑っていたこと。

このシーンを見て、スレッタを嫌いになった人は少なからずいるのではないでしょうか。

スレッタをマインドコントロールしたのは母親ですが、間違った方向に進んだスレッタにも問題がないとは言えませんからね。

スレッタがうざい・嫌い・イライラするという声まとめ

ここでスレッタがうざい・嫌い・イライラするというTweetをいくつかご紹介します。

ストーリーが進んでいく中でスレッタの評価がどう変わっていくか、注目したいですね。

 

まとめ

「ガンダム水星の魔女」のスレッタがうざい・嫌い・イライラすると言われる5つの理由を考察・解説しました。

  • オドオドした態度が嫌い
  • スレッタの話し方が苦手
  • エランにしつこく絡むスレッタがうざい
  • がんばりすぎるスレッタが痛い
  • 人を殺してヘラヘラするスレッタが嫌い

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました