君の名は/かたわれどきの意味は?三葉と瀧が出会えた理由についても

君の名は

2016年公開の映画「君の名は」。

作品序盤の古文の授業で、ユキちゃん先生が”黄昏時(たそがれどき)”の語源や意味の説明をします。

「古くは”かわたれどき”とも言ったそうです」との説明もありました。

すると一人の生徒から”かたわれどき”についての質問が出ます。

実は、この”かたわれどき”がストーリーの後半で大きな意味を持つことに!

この記事では”かたわれどき”に注目して、以下の3点について解説します。

  • ”かたわれどき”の意味
  • ”かたわれどき”と”黄昏時”・”かわたれどき”の意味の違い
  • なぜ三葉と瀧は”かたわれどき”に会うことができたのか?

 

「君の名は」”かたわれどき”の意味や漢字は?

最初に以下の2点について解説します。

  • ”かたわれどき”は漢字でどう書くのか?
  • ”かたわれどき”の意味

”かたわれどき”を漢字で書くと「片割れ時」

”かたわれどき”を漢字で書くと、

  • 片割れ時

あるいは

  • 片破れ時

どちらで表現しても間違いではないでしょう。

”かたわれどき”の意味:夕暮れ時・夕方の薄暗い時間帯

”かたわれどき”の意味は、夕暮れ時・夕方の薄暗い時間帯のこと。

日が暮れる時刻は季節や場所によって変わるので、何時とまでは言い切れませんが、冬なら17時ごろ。

夏なら19時ごろになるのではないでしょうか。

”かたわれどき”は「君の名は」に登場する架空の言葉

そもそも”かたわれどき”という言葉は辞書には掲載されておらず、映画「君の名は」の中で使用される架空の言葉。

いわば造語です。

映画の設定では、”かたわれどき”は糸守町の方言とされていますが、糸守町そのものが存在しませんし、”かたわれどき”という言葉も実在しません。

方言として使っている地方もないと考えられます。

”かたわれ”は辞書に掲載されている

”かたわれどき”は辞書には掲載されていませんが、”かたわれ”は掲載されています。

”かたわれ”は漢字で書くと、「片割れ」または「片破れ」。

”かたわれどき”は”かたわれ”+”時”で構成された造語と考えることができますね。

”かたわれ”の意味は以下の通り。

①割れた物の一片。また、わかれた物の一部分。「おもちゃの―を接着剤でつける」

②仲間の一人。「彼も敵の―にちがいない」

引用元:https://www.kanjipedia.jp/kotoba/0006255000

その他に「分身」の意味もあります。

 

映画「君の名は」においての”かたわれどき”は、「分身」の意味で捉えると理解しやすいのではないでしょうか。

”かたわれどき”と”黄昏時”・”かわたれどき”の意味の違い

ここでは

  • ”かたわれどき”と””黄昏時(たそがれ)”の意味の違い
  • ”かたわれどき”と””かわたれどき”の意味の違い

を解説します。

”かたわれどき”と”黄昏時(たそがれどき)”は同じ意味を持つ言葉

”かたわれどき”と”黄昏時(たそがれどき)”は同じ意味を持つ言葉であり、どちらも夕暮れ時を意味します。

黄昏の語源は誰そ彼(たそかれ・たそがれ)。

夕方、薄暗くなって向こうにいる人がはっきりわからなくなるので、「あの人は誰?」という思いから、誰そ彼という言葉が生まれます。

このことから、誰そ彼は夕暮れ時を意味する言葉になります。

なお黄昏は当て字であり、本来は「こうこん」が正しい読み方。

 

作中序盤で、ユキちゃん先生が黄昏時について、「夕方、昼でも夜でもないない時間」。

続けて「世界の輪郭がぼやけて、人ならざる者に出会うかもしれない時間」と説明していましたね。

”かたわれどき”と”かわたれどき”は別の意味を持つ言葉

”かわたれどき”を漢字で書くと「彼は誰時」。

「君の名は」ではユキちゃん先生が、誰そ彼の古い言い方が”かわたれどき”だと説明していました。

先生の説明では、”誰そ彼(黄昏)”と”かわたれどき”は同じ意味を持っているということになります。

 

ですが”かわたれどき”について調べると、薄暗い時刻ではあるものの、多くは明け方を意味していると言います。

つまり

  • かわたれどき:明け方
  • かたわれどき:夕方

となり、2つの言葉は違う意味を持っていることがわかります。

なぜに三葉と瀧は”かたわれどき”に出会えたのか?

映画後半、三葉の口噛み酒を飲んだ瀧は、三葉と入れ替わることに成功。

その後、入れ替わった三葉と瀧は糸守湖が見える場所に行きますが、出会うことはできません。

しかし”かたわれどき”の間だけ、相手の姿を見ることができました。

ここでは2人が出会えなかった理由を解説したうえで、”かたわれどき”に三葉と瀧が出会えた理由を解説します。

三葉と瀧が出会えなかった理由

最初、三葉と瀧が出会えなかった理由は、2人が別々の世界にいたから。

  • 三葉(中身は瀧):2013年の世界にいる→円形の糸守湖が見える
  • 瀧(中身は三葉):2016年の世界にいる→瓢箪型の糸守湖が見える

もともと”入れ替わり”は3年の時間を超えて行われていました。

山頂に行った時も、3年という時間のズレがあったため、2人は別々の世界にいたのです。

だから三葉と瀧は同じ場所にいながら、相手の姿を見ることができなかったんですね。

ただし、お互いに相手の気配と声だけは感じることができましたが。

三葉と瀧が”かたわれどき”に出会えた理由

三葉と瀧が”かたわれどき”に出会えた理由は、作品序盤でのユキちゃん先生の説明にヒントがありました。

ユキちゃん先生は、”かたわれどき”について「世界の輪郭がぼやけて、人ならざるものに出会うかもしれない時間」と説明していましたね。

「小説君の名は」では、「魔物や死者に出くわすから逢魔が時なんて言葉もあるけれど」とも解説していました。

逢魔が時(おうまがとき)
夕方。

妖怪や幽霊などの魔物に遭遇する時間を意味し、大禍時とも書く。

”かたわれどき”は昼から夜に移り変わるときであり、時間の境界線があいまいな状態です。

時間の境界線があいまいな状態だからこそ、3年という時間の壁を越えて、三葉と瀧は出会えたのだと考えられます。

”かたわれどき”は自分の片割れに会える時間?

”かたわれどき”は、漢字で書くと片割れ時であることはすでに説明しました。

入れ替わっているときの三葉と瀧にとって、相手はまさに自分の片割れ。

分身といってもいいかもしれません。

ということは”かたわれどき”とは、自分の片割れ(分身)に会える時間帯と解釈することができます。

三葉と瀧が会えたのは2013年か2016年か?

三葉と瀧が会えたのは2013年の世界だと考えられます。

理由は円形の糸守湖と、空にはティアマト彗星が見えるから。

その後、”かたわれどき”から夜になると出会いは終わってしまいますが、このとき瀧の眼前には瓢箪型の糸守湖が広がっています。

瀧は2016年の世界に戻ったのだと思われます。

まとめ

”かたわれどき”の意味や、”かたわれどき”に三葉と瀧が出会えた理由について解説しました。

  • ”かたわれどき”は「君の名は」に出てくる造語
  • ”かたわれどき”は黄昏時と同じで夕方を表す
  • ”かたわれどき”は夕方を意味するが、”かわたれどき”は明け方を意味することが多い
  • ”かたわれどき”に三葉と瀧が出会えたのは、時間の境界線があいまいな状態だったから
  • 三葉と瀧は2013年の世界で会えたと考えられる

改めて見直すと、設定から伏線まで実によくできた作品だと言えますね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました