君の名はと天気の子のつながりを時系列から考察!パラレルワールドなのかについても

君の名は

映画「天気の子」(2019年公開)には、宮水三葉や立花瀧ら「君の名は」(2019年公開)のキャラクターが登場します。

そのため、2つの映画は同じ世界・同じ時間軸にある話のように感じられますが、よくよく見ると食い違う点もあるようです。

そこで今回は「君の名は」と「天気の子」の時系列を比較して、同じ時間軸(世界線)での話なのか、それともパラレルワールドでの話なのかについて考察します!

 

「君の名は」の時系列

「君の名は」には以下の2つの世界があります。

  • 三葉が死亡する世界
  • 過去を改変して、三葉が生き延びる世界

三葉が死亡する世界の時系列

最初に三葉が死亡する世界の時系列をまとめました。

三葉の時間軸 三葉に起こった出来事 瀧の時間軸 瀧に起こった出来事
2013年9月
  • 瀧との入れ替わりが開始
2016年9月
  • 三葉との入れ替わりが開始
2013年10月2日
  • 三葉(中身は瀧)が宮水神社の御神体に口噛み酒を奉納
  • 夕方、おばあちゃんに「夢を見とるな」と言われる
2013年10月2日
  • 瀧(中身は三葉)が、瀧と奥寺先輩とのデートをセッティング
2013年10月3日
  • 朝、目覚めた三葉は、瀧への恋心を自覚し、瀧に会うために東京へ
  • 中学2年の瀧に「お前、誰?」と言われ、三葉はショックを受ける。別れ際に瀧に組紐を渡す
  • 夜、帰宅した三葉はおばあちゃんに髪を切ってもらう
2016年10月3日
  • 瀧は奥寺先輩とのデートへ行くが盛り上がらず、中途半端に終了
  • 奥寺先輩と別れた後、三葉に電話をするが、時間軸が違うので繋がらない
  • 「彗星が見えるね」という三葉のメッセージを理解できなかった
2013年10月4日
  • 夜、三葉はお祭りに
  • 糸守町に隕石が落下し、三葉は死亡
   

過去改変の時系列

次に過去を改変して、三葉が生存する世界の時系列をまとめました。

途中までは同じなので、瀧は糸守町を訪れるところから解説します。

三葉の時間軸 三葉に起こった出来事 瀧の時間軸 瀧に起こった出来事
2013年10月4日
  • 三葉は瀧の身体に入り目を覚ます
  • 3年の時間を超えて瀧と出会う
  • 入れ替わりが終わり、自分の体に戻った三葉は、住民を避難させるために奔走する
  • 町長が避難指示を出したことで、住民たちは助かる
2016年10月
  • 瀧が糸守町を訪れ、隕石落下により、3年前に三葉が死んだことを知る
  • 三葉の口嚙み酒を飲み、2013年10月4日の三葉と入れ替わる
  • 3年の時間を超えて瀧は三葉と出会うが、入れ替わりが終わると、三葉の記憶を失う
    2021年12月
  • 就職活動中
  • コーヒーショップでテッシーとサヤちんに出くわす
2022年4月
  • 東京で瀧と再会
2022年4月
  • 東京で三葉と再会

三葉が死亡する世界と、助かる世界があるのでわかりにくですね。

「天気の子」の時系列

「天気の子」の時系列

次に「天気の子」の時系列をご紹介します。

時間軸 出来事
2021年6月
  • 帆高が家出をして東京へ
2021年6月~8月
  • 帆高と陽菜が出会う
  • 「晴れ女」のサービスを開始
  • 「晴れ女」の最初の依頼の際、観覧車に乗るテッシーとサヤちんが登場
2021年8月(13日?)
  • 立花冨美の依頼を受けた際、冨美の孫・瀧が登場
  • 帆高が陽菜への誕生日プレゼントを選ぶ際、三葉が接客
2021年8月22日
  • 人柱である陽菜が消えると、東京は晴れる
  • 東京の女子高生になっていた四葉が登場
  • 帆高が陽菜を連れ戻すと、東京は再び雨に
  • 帆高は神津島へ連れ戻され、高校卒業まで保護観察処分に
2024年3月
  • 高校を卒業した帆高が立花冨美の部屋を訪れると、孫の結婚写真が飾ってある
  • 帆高と陽菜が再会

「天気の子」には「君の名は」のキャラクターが登場することがわかりますね。

ただし、三葉と瀧が結婚したかどうかは不明です。

「君の名は」と「天気の子」のつながりを時系列から考察

「君の名は」と「天気の子」の時系列を比較

ここで2021年6月~2024年3月の「君の名は」と「天気の子」の時系列を比べてみましょう。

日時 君の名は 天気の子
2021年6月  
  • 帆高が家出して東京へ
2021年6月~8月  
  • 帆高と陽菜が出会う
  • 「晴れ女」のサービスを開始
  • 「晴れ女」の最初の依頼の際、観覧車に乗るテッシーとサヤちんが登場
2021年8月  
  • 立花冨美の依頼を受けた際、冨美の孫・瀧が登場
  • 帆高が陽菜への誕生日プレゼントを選ぶ際、三葉が接客
2021年8月22日  
  • 人柱である陽菜が消えると、東京は晴れる
  • 東京の女子高生になっていた四葉が登場
  • 帆高が陽菜を連れ戻すと、東京は再び雨に
  • 帆高は神津島へ連れ戻され、高校卒業まで保護観察処分に
2021年12月
  • 瀧は就職活動中
  • 瀧が奥寺先輩と会う
  • 東京は雨が降っていない
  • 東京は雨が降り続いている
2022年4月
  • 三葉と瀧が須賀神社(新宿区)の階段で再会
  • 東京は晴れており、桜が咲いている
  • 東京は雨が降り続いている
2024年3月  
  • 立花冨美の部屋に孫(瀧?)の結婚写真が飾ってある
  • 帆高と陽菜が再会
  • 東京は雨が降り続いている

天気に注目すると辻褄は合わない

三葉、瀧、四葉など、「君の名は」のキャラクターが「天気の子」に登場することは、何ら不思議なことではありません。

ですが、天気に注目すると辻褄が合わないことがわかります。

2021年8月22日、帆高が空から陽菜を連れ戻すと、東京は再び雨に。

この日降り出した雨は、2024年3月に帆高が再上京するときまで降り続けています。

しかし「君の名は」では

  • 2021年12月:瀧の就職活動時や奥寺先輩と会った時は晴れている
  • 2022年4月:三葉と瀧の再会の日は晴れている

ただし2021年12月、就職活動中の瀧がコーヒーショップに行ったときは雨が降っていましたが。

「君の名は」と「天気の子」のつながりを考察!パラレルワールドなのか

「君の名は」と「天気の子」は同一世界での物語なのでしょうか?

それともパラレルワールドでの話なのでしょうか?

「君の名は」と「天気の子」は同一世界かパラレルワールドか?

個人的には、「君の名は」と「天気の子」はつながった世界だと考えています。

「天気の子」に三葉や瀧、四葉、テッシー、さやかが登場するのですから。

ですが天気だけに注目すると、食い違いが明らかになります。

ですので、見る方によっては

  • 途中までは同じ時間軸だが、途中からパラレルワールドになった

と考える方もいるようです。

見た人の判断に委ねられている

いずれにしても両作品の映画、小説をすべて見ても、答えは見つかりません。

したがって、「君の名は」と「天気の子」がつながっているのか、それとも別世界での話なのかについては、見る方の想像に任せているのではないでしょうか。

 

個人的には2つの世界はつながっていると信じたいし、三葉と瀧は夫婦になっているとも信じたいです!

まとめ

この記事では「君の名は」と「天気の子」の時系列を比較して、2つの世界がつながっているのか、パラレルワールドなのか、考察しました。

  • 「天気の子」には「君の名は」のキャラクターが登場するので、2つの世界はつながっていると考えられる
  • ただし天気に注目すると、2つの世界の食い違いが明らかになる
  • 2つの世界がつながっているかどうかは、見た人の判断に委ねられている

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました