アオアシ阿久津渚がかっこいい!いいやつエピソードや好きという声についても

aoashi-akutsunagisa-cool アオアシ

「アオアシ」に登場する阿久津渚。

どんなマンガにも登場する悪役キャラです(笑。

セレクション(選抜試験)のときから青井葦人にイジワルばかりしていますからね。

性格が悪い!と思いきや、話が進むにつれて阿久津はいいやつだということがわかってきます。

そこで今回は阿久津渚のかっこいい魅力をまとめました!

阿久津が好き、かっこいいという声もご紹介します。

 

「アオアシ」身長など阿久津渚のプロフィール

阿久津渚のプロフィール

  • 名前:阿久津渚(あくつなぎさ)
  • 誕生日:6月13日
  • 星座:ふたご座
  • 血液型:AB型
  • 出身地:京都府
  • 身長:183cm
  • 体重:74kg
  • ポジション:ディフェンダー(センターバック)
  • 背番号:4
  • アニメの声優:武内駿輔

阿久津渚は青井葦人(アシト)の1学年上の先輩。

前年のセレクションでは唯一の合格者であり、センターバックとして高い能力を持っています。

嫌われ役として登場

阿久津渚の作品初登場は、青井葦人(アシト)たちが受験したエスペリオンユースのセレクション(入団試験)。

アシトのサッカーに対する取り組み方や態度が甘い(気に入らない)と感じた阿久津は、アシトの心を折る言葉を吐いたり。

ゲーム中、偶然を装ってわざとアシトのみぞおちに手刀を落としたりなど、数々の嫌がらせをします。

アシトのエスペリオンユース入団後も阿久津の嫌がらせが続いたことから、阿久津は性格が悪いヤツと思われていました。

ですが物語が進むにつれて、阿久津のいいやつであることがわかってきます。

阿久津渚がかっこいい!いいやつエピソードまとめ

ここから阿久津のかっこいい魅力やいいやつエピソードをご紹介します。

攻守に優れたディフェンダー

阿久津のポジションはセンターバック。

センターバックとして、阿久津は高い能力を持っています。

  • 1対1に強い
  • 大型フォワード相手に当たり負けしない
  • 空中戦に強い
  • 周囲に的確な指示を出せる

など、ディフェンス面で申し分なし。

ここ一番で前線に飛び出し、得点を決める攻撃力も兼ね備えています。

 

さらにメンバーが足りないなどのチームの緊急事態には、フォワードに入ることも。

チームに取って頼りがいのある選手と言えます。

努力を重ねU-18日本代表に

U-18代表チームのチェコ遠征で阿久津は初めての代表入り。

代表でなかなか使ってもらえず、イライラが募る阿久津でしたが、最終戦となるノルウェー戦に先発出場。

するとチームは3-0の勝利。

阿久津はクリーンシートの立役者になり、「欧米選手に当たり負けしない強靭さ」「この世代の課題とされたフィジカル不足解消の光明を見せた」と、ネットニュースで高く評価されます。

もともと潜在能力は持っていたとはいえ、阿久津の代表入りは努力の賜物。

サッカーへの情熱と努力で代表入りを勝ち取った阿久津はかっこいい!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

キャプテンとなりリーダーシップを発揮する阿久津がかっこいい

船橋学院戦後、阿久津はチームの新キャプテンになります。

それ以前は一匹狼的なところがありましたが、キャプテンになると阿久津は変貌。

一年生にアドバイスをしたり、チームメートに声をかけるようになったり。

試合前にチームメートを鼓舞したりなど、キャプテンらしく振る舞うようになります。

 

そしてプレミアリームの優勝がかかった青森星蘭戦。

阿久津の活躍もあり、エスペリオンは青森星蘭を破りリーグ優勝。

決勝点を決めたのは阿久津でした。

地位が人を作るという言葉がありますが、キャプテンに就任した阿久津にピッタリだと感じました。

アシトの成長に一役買ったのは阿久津

プレミアリーグ最終戦の青森星蘭戦で、青井葦人(アシト)は司令塔型サイドバックとして本格的に覚醒。

北野蓮のプレーを見たことが覚醒のヒントになったのは事実。

ですが、事前に阿久津から受けたアドバイスも大いに役立ちました。

 

阿久津はアシトに「チームメイトのプレーを見ろ」と言い、同僚のプレーが納められた動画をアシトに渡していました。

チームメイトの持ち味を知ったアシトは、青森星蘭戦でそれを活かすことができたのです。

阿久津とアシトは馬が合うわけではありませんが、サッカーとなれば話は別。

阿久津はアシトの成長に大きな役割を果たしているのです。

恨んでいた母親を受け入れた阿久津は強い

阿久津渚はネグレクト(育児放棄)の母親の元で育ちます。

食事もまともに与えられず、家はゴミ屋敷同然でした。

福田に才能を見いだされた阿久津はエスペリオンのセレクションに合格すると、恨みを力にしてU-18代表まで登りつめます。

 

そんな阿久津に母親から入院したとの手紙が届きます。

青森星蘭戦の5日前、阿久津が会いに行くと、母親は余命1ヶ月とのこと。

それまで母親を恨んでいた阿久津でしたが、母親の「ただ、寂しくなった」という言葉を聞くと、自分の気持ちに決着がついたのか、その日の夜は病室に泊まることにします。

阿久津の強さが感じられるシーンでした。

名言がかっこいい

阿久津渚の名言を2つご紹介します。

勝つことで俺は前に進む

負けて得られるものがあるなんて言う奴がいるが、そんなものはねえ。

全部言い訳だ。

勝つことで俺は、前に進む。

テメエらもそうしろ。

引用元:「アオアシ」233話

青森星蘭戦のキックオフ直前、阿久津がチームメイトにかけた言葉がこの名言。

阿久津がこの試合にかける意気込みや、潔さが感じられる言葉。

試合前にキャプテンからこんな言葉をかけられたらチームメイトはたまりません!

気合が入ったはず!

このチームの失点は俺の失点だからな

俺がゴールを割らせなければ!

トリポネが覚醒する前に点差を広げられてたかもしれねえ!

平も出せたかもな。

このチームの失点は、俺の失点だからな。

引用元:「アオアシ」

船橋学院戦敗北後、高杉榮太との会話の中での阿久津の言葉。

この試合で覚醒寸前にあったものに、敵フォワードの想像を上回るプレーを前にしたアシトは、焦りのあまりペナルティエリア内でハンドの反則。

退場処分になってしまいます。

そして結果は2-2の引き分け。

アシトに責任をなすりつけたくなる場面ですが、阿久津は違いました。

アシトのことは嫌いなはずなのに、アシトのせいにはせず、自分の失点だと言い切ったのです。

阿久津のディフェンダーとしての矜持(きょうじ)が感じられる名言。

こういうところがかっこいいと言われる理由なのかもしれません。

「アオアシ」阿久津渚が好きという声まとめ

最初はただのイジワルキャラかと思った阿久津ですが、ストーリーが進むにつれてかっこいいところがどんどん出てきます。

それに伴い、ファンも急増。

ここでは阿久津がかっこいい、好きという声をご紹介します。

阿久津については、最初は嫌いだったけど、話が進むにつれて好きになったという口コミが多いです。

作者の阿久津の描き方が秀逸です!

まとめ

阿久津渚のかっこいい魅力は

  • 攻守に優れたディフェンダー
  • 努力を重ねU-18日本代表になった
  • キャプテンとなりリーダーシップを発揮する阿久津がかっこいい
  • アドバイスをしてアシトの成長に一役買った
  • 恨んでいた母親を受け入れた阿久津は強い
  • 名言がかっこいい

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました