アオアシ栗林晴久の能力は?モデルとなった選手やアシトとの関係についても

アオアシ

「アオアシ」に登場する栗林晴久(くりばやしはるひさ)

エスペリオンユースの最高傑作と評される天才プレーヤーです。

主人公・青井葦人(アシト)の能力を高く評価している人物でもありますね。

今回は栗林晴久のプロフィールをご紹介した上で

  • 栗林晴久の能力
  • 栗林のモデルと考えられる選手を考察
  • 栗林晴久と青井葦人の関係

以上3点について解説します。

 

「アオアシ」栗林晴久のプロフィール

栗林晴久のプロフィール

  • 名前:栗林晴久(くりばやしはるひさ)
  • 生年月日:6月13日
  • 年齢:16歳
  • 星座:ふたご座
  • 血液型:A型
  • 身長:178cm 
  • 体重:66kg
  • 背番号:10(トップチームでは41)
  • ポジション:ミッドフィールダー

エスペリオンユースに所属する栗林晴久。

アシトの1年先輩です。

小学校3年生からエスペリオンユースに所属しています。

エスペリオンユースの最高傑作と呼ばれる天才プレーヤー

栗林晴久はエスペリオンユースの最高傑作と呼ばれる天才プレーヤー。

  • 飛び級でU-20日本代表に選出される
  • 16歳でトップチームに登録され、J1デビューして1アシスト
  • エスペリオンとプロ契約したあともJ1で活躍

実際のJリーグでも高校生の年代でデビューし、得点を決めるなどの活躍した選手はいますが、ごくわずか。

栗林は歴史に名を刻む天才プレーヤーと言えるのではないでしょうか。

日常生活でも天才ぶりを発揮?

すべてをサッカーに捧げている栗林は、日常生活でも天才ぶりを発揮。

例えば122話、アシトたちが日の出食堂で夕食を食べていると栗林が入店。

栗林は「サイドバックでコンプリートしている選手は世界的にもいない。お前ならできるよな」とアシトに話しかけます。

でも「なんスか?コンプリートって?」とアシトが訪ねても、栗林は無視。

 

その後も栗林と他のメンバーとの会話はどことなくかみ合いません(笑。

2年の中村平によると、栗林は昔から「思考を言葉にするんのが追いつかない奴」なんだか!?

サッカーだけではなく、日常生活においても栗林は天才(鬼才?)ぶりを発揮しているようです。

栗林晴久の能力・プレースタイルを解説

飛び級でU-20日本代表に選出されるほどの能力を持つ

エスペリオンユースには、U-18日本代表に選出される選手が4名います。

本来なら16歳の栗林も選出されるところですが、U-18には招集されていません。

なぜなら飛び級でU-20日本代表に選ばれているから。

近年では15歳でU-20ワールドカップに出場した久保建英がいますが、極めてまれなケース。

栗林がいかに突出した選手であるかがわかります。

Jリーグで通用する華麗なテクニックの持ち主

栗林は16歳でありながら、J1で通用するほどのテクニックの持ち主。

正確なトラップとキック、流れるようなボールタッチ。

すぐにトップスピードに乗れるドリブルなど、どれもJ1の水準を上回るものをもっています。

わずかなスキを突く正確なスルーパスも栗林の持ち味。

ロングシュートの精度も高く、得点感覚にも優れています。

ヒーローインタビューで「フィジカルという言葉は、テクニックのない人間の言い訳」と言い切るのは、自分の技術に自信を持っていることの現れ。

広い視野を持っていることも栗林の強みです。

4つの選択肢の中から1つを選ぶ

栗林はインタビューの中で、「僕はいかなる局面でも、どれを選んでも正答となる4つの選択肢を持ち、1つを選ぶ」と答えています。

ゲームの中で複数の選択肢を持っていれば、どんな状況にも対応することが可能。

一流プレーヤであればあるほど、プレーの選択肢は複数持っていると言われています。

ですが栗林は弱冠16歳。

しかもどれを選んでも正解になる選択肢が4つもあるのですから、驚異的。

エスペリオンユースの最高傑作と言われる理由がわかりますよね。

栗林晴久のモデルは誰か考察

J1のデビュー戦で大活躍したり、16歳で飛び級でU-20日本代表に招集されたりなど、天才ぶりを発揮する栗林ですが、モデルとなる選手はいるのでしょうか?

作者の小林有吾さんはインタビューの中で、「これ、という選手をモデルにして描いているわけでなく、たくさんの選手やそれ以外の方の要素を組み合わせてキャラクターを作っている」と話しています。

そこでここでは栗林晴久のモデルだと考えられる選手を3名ご紹介します。

久保建英

一人目は久保建英(くぼたけふさ)。

2022年2月現在、RCDマジョルカに所属する20歳のミッドフィールダーです。

2021年には東京五輪に出場して活躍しましたね。

久保選手は10歳の時にFCバルセロナキャンプのMVPに選ばれたり、FCバルセロナスクール選抜として出場した大会でMVPを獲得したり。

2016年には中学3年生でFC東京U-18に飛び級で昇格するなど、早くから天才ぶりを発揮していきました。

利き足こそ違うものの、久保選手の柔らかいボールタッチと広い視野は、栗林のそれを彷彿とさせます。

ファンの間でも、「栗林のモデルは久保」と推測する声があります。

比嘉厚平

2人目は元Jリーガーの比嘉厚平(ひがこうへい)さん。

2007年には、2008年度より柏レイソルのトップチームに2種登録選手(トップチームとユースチームの掛け持ち)として登録された方です。

ですが2008年のカタールU-19国際親善試合の中国戦で両足を負傷したことで、その後は思ったような活躍ができなくなります。

それでも2009年度から正式にトップチームに昇格。

その後はブラウブリッツ秋田、モンテディオ山形に移籍して、2016年に引退。

ユースチームにいながらトップチームと契約した点が栗林と同じなので、モデルになっている可能性はありますね。

ジネディーヌ・ジダン

「アオアシ」の作者・小林有吾さんは、将棋の広瀬章人八段との対談の中で、以下のように話しています。

あの栗林の「ボールどころか身体にも触れられない」っていうシーンは、フランスのエースだったジダンのプレイ動画を見て描いたものです。

引用元:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1811/30/news009_2.html

ユベントスやレアルマドリッドなどで活躍したジダンは、繊細やボールタッチと足に吸い付くようなドリブルで敵を翻弄。

特にマルセイユルーレットで相手を抜き去るプレーは見事でした。

ジダンの回りには、他の選手が入り込めないオーラのようなものがありましたね。

栗林もジダンと同じ空気を持っていると感じます。

栗林晴久と青井葦人(アシト)の関係を解説

ここでは栗林晴久と青井葦人(アシト)の関係を解説します。

アシトの能力を高く評価

東京都リーグのエスペリオンBチームvs成京高校を観戦した栗林は、アシトのプレーについて「本人に能力の自覚がないことが面白い」と感想を漏らします。

そしてアシトはフォワードではなく、サイドバック向きの選手であることをすぐに見抜きます。

120話ではAチームでオシム式パス回しをするアシトを見て、「いい動きしてる」と評価。

栗林は早い段階からアシトの能力を見抜き、高く評価していることがわかります。

柏大商業戦で初めて同じピッチに

プレミアリーグの柏大商業戦、アシトは後半から出場。

栗林も後半途中から試合に出場します。

アシトはゲーム終了間際、味方からパスを受けると前方の栗林にパス。

すると栗林は攻撃参加した阿久津のゴールをアシスト。

こうしてエスペリオンは3-0で柏大商に勝利します。

このシーンから、栗林とアシトは(阿久津も)同じイメージを持っている選手であることがわかります。

栗林はアシトに攻守コンプリートしたSBになることを期待

栗林はアシトに、攻守コンプリートしたサイドバックになることを期待しています。

攻守コンプリートしたサイドバックとは、攻撃にも守備にもすぐれ、司令塔の役割もこなせるサイドバックのこと。

世界を見回しても攻守コンプリートしたSBはいません。

栗林は、福田監督の野望の実現には優れたサイドバックが必要だと考えていますが、その役割をアシトに期待しています。

J1の舞台で栗林とアシトが共演するシーンが見たいですね!

まとめ

「アオアシ」の栗林の能力、モデル、青井葦人との関係について解説しました。

  • 飛び級でU-20日本代表に選出されるほどの能力を持つ
  • Jリーグで通用する華麗なテクニックを持つ
  • 4つの選択肢の中から正答となる1つを選ぶことができる
  • 久保建英、比嘉厚平、ジダンがモデルだと考えられる
  • 栗林はアシトの能力を高く評価し、攻守コンプリートしたサイドバックに成ることを期待している

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました