ドクターストーンのクロムは死亡する?石化からの復活についても

Dr.STONE(ドクターストーン)

文明が消えた世界で、天才科学者石神千空が活躍する「ドクターストーン」。

クロムは科学教育を受けていませんが、ひらめきと自然界から見つけた知識で、千空の頼もしいパートナーになっていきます。

今回は、クロムは死亡するのか、石化からどのように復活したのかについて解説します。

 

ドクターストーンのクロムは死亡するのか?

石化しなかった宇宙飛行士の子孫たちや、各地で復活した現代人が入り混じるストーンワールドでは、自分が理想とする世界を作ろうと争いが起きてしまいます。

特に、全人類を救おうとする千空は、独裁をめざす人々から命を狙われます。

千空とともに戦うクロムも、戦いや危険なミッションに巻き込まれていきます。

ここでは、クロムが死亡するか、解説します。

最後まで死亡しないが死亡の危機はあり

結論からいうと、クロムは最終話まで生き残り、千空とともに研究を進めています。

クロムは科学王国の中で、戦闘員ではありません。

しかし、クロムは仲間想いのまっすぐな人間。

「自分は科学チームだから戦わない」という選択肢はありません。

肉体的な強さはなくても、知恵と作戦で戦いを切り抜けています。

そもそも、クロムが死にそうになるのは、だいたい仲間のためです。

ルリを助ける薬を作るためだったり、ゲンを逃がすためだったり、などなど。

千空が硫酸を1人で取りに行くと決めたとき「これで友だちが死んでもOK、なんてプランには手は貸さない」という言葉が、クロムの覚悟を表していますね。

クロムが死亡しかけたシーンまとめ

クロムが一番ピンチだったのは、実は石神村にいたころ。

助けてくれる人がいなかったら、確実に死んでいます。

ここでは、クロムが死亡しかけたシーンについて解説します。

硫酸の泉に落ちてひやり!

クロムが大切に思うルリの病気を治すため、サルファ剤を作る千空。

薬の作成に必要な硫酸をとりに、クロムとともに出かけます。

千空のガスマスクの根元が硫酸で溶けかかっていることに気づいたクロム。

走って危険を知らせたとき、足を滑らせて硫酸の泉にダイブしそうになります。

マスクがなければガスを吸っただけで死んでしまう泉、クロムは死を覚悟しました。

ピンチのクロムを助けたのは、なんと銀狼。

2人の命がけの行動に勇気をふるいたたせ、後を追ってきたのです。

銀郎がさし出した槍に捕まったクロム。

心臓も呼吸もバクバクになる銀狼を千空とクロムが励まし、門番としてのプライドでふるいたった銀狼がクロムをカツオの一本釣りのようにつりあげ、助け出しました。

御前試合でマグマにボコられて失神寸前

ルリの夫を決めるための御前試合。

マグマを倒すはずの金狼もコハクも、マグマの計略で敗れてしまいます。

ルリに薬を飲ませるために、負けるわけにはいかなくなったクロムを、マグマはわざと試合を長引かせてボコボコにします。

どんなにダメージを受けても、倒れるわけにはいかないクロム。

ゲンの心理トリックに助けられ、スイカの眼鏡に汗をため、太陽光でマグマの服に火をつけました。

驚くマグマに、唯一覚えた戦いのテク、男子の急所突きで勝利!

まさかの「ルリと結婚できるチャンス」を得ましたが、千空との決勝前に失神して不戦敗になりました。

右目がはれ上がって大変な顔になったクロム。

科学の力とゲンの協力がなかったら、再起不能なまで打ちのめされたかもしれません。

氷月により滝つぼに落とされ命の危機に

司王国との戦いを前に、大樹と杠にケータイの通信機を届けに行った、クロム、ゲン、マグマの3人。

耳がいい羽京に気づかれ、弓矢で襲われます。

司帝国を倒す計画に必要なゲンを逃がすため、おとりになったクロム。

捕虜になって司に尋問され、氷月の槍で滝の上につるされます。

なぜ司帝国に来たのか尋問されますが答えず、「千空を差し出せば助ける」という司に「落とせよ」と答えます。

つるしていたのは血も涙もない氷月なので、「そうですか」とあっさり落とされるクロム。

司の指示で羽京が弓矢でクロムの落下を止め、九死に一生を得ます。

滝つぼに落ちるとき、クロムが覚悟を決めて恐れを見せなかったことに感心し、司は尋問をあきらめ、ただ牢屋に閉じ込めたのでした。

アラシャでスタンリーに撃たれるも石化され後に復活

最後にクロムが命の危機にあったのは、ドクターゼノたちとのアラシャ最終決戦でした。

次々に仲間が倒される中、千空とゲン、クロムは最後まで勝つための努力をします。

アメリカチームが全人類石化の光線を発射することに成功し、その光を見た千空たちは、メデューサタワーに復活液をしかけます。

ドクターゼノがそれに気づき、スタンリーにタワーに行くよう指示。

クロムとゲンは素手でスタンリーを止めましたが、撃たれてしまいます。

はっきりと撃たれたシーンは描かれないのですが、至近距離なので、即死でもおかしくないですね。

この時、戦闘員ではない女子以外、科学王国の仲間は全員瀕死の重傷を負っています。

再びの全人類石化が、みんなの命を救う結果になりました。

クロムが石化後に復活したシーンまとめ

クロムは3,700年前の事件を知らない石神村の住民ですが、千空との冒険の中で3回石化しています。

どのように石化し、復活したか、解説します。

宝島でイバラに石化されるも復活

最初の石化は、宝島についた機帆船ペルセウスに乗っていた時でした。

千空、ゲン、コハク、ソユーズが偵察している間に、島の権力者イバラによって、石化光線を浴びたのです。

おまけにイバラに石像を壊されて海底に沈められました。

初めに復活した龍水や大樹の働きで復活したクロム。

クロム自身の感想は描かれていないのですが、カセキが「石化ってこんな感じなのね!」と興奮しているので、クロムも同じだったかもしれませんね。

宝島で2回目の石化

イバラとの全面対決となり、石化装置メデューサをねらう千空たちですが、イバラの方がずる賢さは上。

イバラは部下のオオアラシを犠牲にして島を石化光線で包み、自分はペルセウスで逃れます。

この時、活躍したのがクロム。

一回目の石化光線を観察していたクロムは、光線が一定のスピードで広がることに気づきました。

みんなが5m間隔で並んで合図し、千空が自分の石化のタイミングを計って復活液を投げ上げられるようにしたのです。

千空がイバラを倒し、まっさきに復活させたのがクロムでした。

1人で立っている千空を見たクロムは、科学王国の勝利を知り、ガッツポーズ!

クロムのひらめきが、仲間を救ったのです。

全人類とともに石化されるが7年後に復活

アラシャの戦いでスタンリーに至近距離から撃たれたクロム。

クロムとゲンがメデューサタワーにしかけた復活液をスイカが浴び、復活します。

千空のポケットにあった「復活液の作り方」を見つけ、スイカが動物のフンから復活液を完成させたのは、全人類再石化から、7年後でした。

スイカがみんなの石像を集めていたおかげで、仲間とともに復活したクロム。

カセキが「石化から起きると体の調子めっちゃいい!」と喜ぶのを見て、「石化しとけば寿命がのびるかも」と思いついています。

クロムはどんな時も科学者ですね。

まとめ

クロムが死亡するか、石化からどのように復活するかについてまとめます。

  • ルリに薬を飲ませるため、薬の材料の硫酸をとりに行ったときや、マグマとの御前試合のときに死にかけるが、仲間の助けや工夫で助かった。
  • 司帝国に滝から落とされても恐れを見せず、羽京に助けられ、捕虜になっても仲間や秘密を守り切ることができた。
  • 3回石化されたが、そのたび千空によって復活され、最後まで元気に活躍した。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました