ドクターストーン浅霧ゲンがいいやつでかっこいい!有能すぎる理由についても

Dr.STONE(ドクターストーン)

「ドクターストーン」にスパイとして登場し、だんだんと頼れる仲間になっていく朝霧ゲン(あさぎりげん)。

浅霧ゲンがいいやつでかっこいいことや、有能である理由について解説します。

 

「ドクターストーン」浅霧幻(あさぎりげん)の基本情報

ゲンを復活させたのは、テレビで共演した獅子王司。

石神村で、千空が生きているかを調べるよう命じられ、科学王国の仲間と出会います。

ここではゲンのプロフィールや、科学王国の仲間になった経緯を解説します。

浅霧ゲンのプロフィール

高校生の頃からメンタリスト兼マジシャンとしてタレント活動をしていたゲン。

脱出マジック中に「ジャジャーン、脱出成功!」のポーズで石化したときは、19歳でした。

ゲンが石神村に来たとき、千空は人集めのため、猫じゃらしラーメンをふるまっていました。

飲み物も欲しくなっちゃうね~コーラとか」という言葉で司帝国の人間であることがバレて、コハクたちに取り囲まれます。

 

自分は千空が生きているか、司の命令で確かめに来たとあっさり話すゲン。

それは、製鉄の装置を見たからでした。

「鉄の武器ができれば、勝負は分からない」「俺は誰を切ってでも勝ち馬に乗る」

そう言ってゲンは、雷で電磁石を作ったり、発電機でライトアップさせたりする千空を見守ります。

コーラに惹かれて科学王国に寝返る

司と千空、どちらにつくか考えていたゲンは、千空と間違えたマグマに、槍で突き倒されます。

即死と思われましたが、胸に仕込んだ血のり袋のガードで命は無事。

重症のまま、姿を消します。

クロムが心配しますが、千空はケロリ。

 

姿を消す前に「このストーンワールドでコーラを作れる?」と千空にたずね、コーラ1本で「世界一薄っぺらい同盟」を結んだのです。

実は、科学に心をひかれ、科学王国につくと決めていたゲン。

千空はそんなゲンの心をわかっていたのでした。

浅霧ゲンがいいやつでかっこいい!魅力まとめ

初登場では「大切なのは自分の損得だけ」というゲンですが、実は情があつく、仲間のために命もかけます。

コハクに「言葉かぺらっぺら」と言われた話術を駆使して、科学王国を守るのです。

ここでは、ゲンの魅力について考察します。

イケメンのゲンがかっこいい!

「え、ゲンってイケメン?」と思う人もいるかもしれません。

ゲンはだいたい悪い顔か、へらへらしているか、驚いて変顔になっているんですが、ごくまれに素の顔をします。

夜、千空が作った発電機を1人で見ているときや、ポーカーで千空に負けたことを悔しがったとき

その顔は素直でかわいい!

ゲンは、羽生結玄や神木隆之介などに近い、線が細いキレイめタイプ。

男っぽい「王道イケメン」ではありませんが、一部のコアなファンができそう。

そもそも芸能人ですし・・・

御前試合で活躍するゲンがかっこいい

司に「千空は死んでた」とウソの報告をしたゲン。

次に石神村にあらわれたのは、クロムがマグマと御前試合で戦っているときでした。

クロムはスイカの仮面のガラスに自分の汗と涙をため、凸レンズにしてマグマに火をつける作戦。

「コーラのために科学王国に勝ってもらわないと」と、クロムを助けるゲン。

クロムが勝つには、レンズの効果で火がつくまで、2人が1分間静止することが必要。

 

ゲンはマグマに「一歩でも動いたら心臓が爆発する呪いをかけちゃった」と言います。

殺したはずのゲンに呪いをかけられたマグマは動くことができず、とうとう服に火が!

驚いたマグマの股間にクロムの槍が命中し、科学王国が勝利しました。

ゲンはクロムにさりげなく作戦を伝え、巧みな心理操作と演技力で勝利に導いたのでした。

つかみどころのないところも魅力

メンタリストとして人を操るゲンは、わざと自分を悪く見せようとする言動をします。

ふつうの人は「いい人」だと思われたいものですが、ゲンは絶対「いい人」になりたくないんです。

でも、実はすごくいい人。

 

「初めイヤなやつだったけど、実はいいやつ」パターンは、普通のいい人より評価が高まります。

ゲンが実はそれをねらっているとしたら、さすがメンタリスト!って感じですね。

どこまでが計算で、どこまでが本音かわからない。

それがゲンの「つかみどころのない魅力」ですね。

義理堅い性格のゲンはいいやつ

氷月に「裏切り者の薄汚いコウモリ」と言われたゲンですが、実際は裏切り者ではありません。

自分を助けたのは司なので、初めは司のいう通りに行動したゲン。

石神村に行く途中で、千空が目覚めた日をきざんだ文字を見つけます。

3,700年間数を数えていたことに気づいたゲンは、そのときから千空に好意をもちました。

ゲンは司帝国や科学王国の人間をじっくり観察し、自分の仲間を決めました。

 

千空の科学が司帝国に勝つと確信したわけではなく、「五分五分」と言っています。

それでも、武闘派の司帝国より、力を合わせて科学クラフトをする千空たちを選んだのです。

一度決めてからは、ゲンは自分の力を100億%使って、仲間のためにつくします。

どんな危険な場面でも、話術を使って仲間を助けるゲンは、義理がたい、いいやつなのです。

浅霧ゲンが有能すぎると言われる理由を解説

ネットでも「有能すぎ」とコメントされる浅霧ゲン。

科学王国でも能力が認められ、「五知将」の1人になりました。

ここでは、ゲンが有能な理由を、能力別に解説します。

巧みな話術を操るゲンは有能

相手の心の動きを読む、メンタリストならではの話術が、ゲンの一番の能力。

ゲンは、相手に合わせて話し方を変えます。

初めは千空に「自分は司帝国の人間だ」と率直に話します。

合理的な千空とは、その方が話し合いがうまくいくと考えたからでした。

司帝国と戦うとき、マグマには「今は千空と共闘しないと、村そのものがなくなって長になれない」と話し、協力させています。

マグマには、損得で話したほうが誘導しやすいからでした。

 

また話をすり替え、相手を誘導することも。

宝島でモズと話したとき、「千空たちを皆殺しにするかどうか」について話し合っていたのに「どのように協力するか」という話にすり替えていきました。

最後はモズに「自分に有利な取引ができた」と優越感にひたらせ、皆殺しをまぬがれたのです。

優秀な頭脳で千空の誕生日を割り出す

ゲンは科学者ではありませんが、数字や計算が得意。

千空の誕生日を計算し、村のみんなで祝う計画を立てました。

「なんで誕生日がわかった?」と聞く千空に、ゲンが種明かしをします。

  • 新年に千空が自分が生きてた日数は6268日だ、と発言
  • 千空は奇跡の洞窟に、自分が復活した日「西暦5738年4月1日」を彫っていた
  • 4月1日から新年までの日にちを、6268からひき算
  • 全人類石化の日から残りの日数をさかのぼって計算する

その答えが2004年1月4日、千空の誕生日です。

計算力も、記憶力もすごいですね!

リリアンのモノマネを完璧にこなす

観察力がするどいゲンは、モノマネも得意。

3,700年前に亡くなった歌姫リリアンのレコードを見つけた千空たち。

ゲンは「それを使って、司帝国無血開城できる、けど地獄に落ちる」という作戦を考えつきます。

 

「アメリカは復興している。もうすぐ救援がくる」とリリアンが司帝国の人間に語りかけ、こちらの味方にする、という計画です。

さすがに男の声で完全なマネは難しいのですが、クラフトした電話ごしならいける。

話した相手がリリアンの熱烈なファン、ニッキーだったために計画はうまくいきませんでしたが、話し方は完璧だったのです。

 

何でもできるゲンは有能

ゲンの能力は話術や交渉だけではありません。

マジシャンなので手先も器用で、千空の科学クラフトを支えます。(あまりの細かさ、多さに「ドイヒー」と言いながら、ですが・・・)

またシステムを作ることも得意。

龍水がお金を作ったときは、デパート千空を企画して軍資金を稼いだり。

小麦畑を作ったときは、杠の麦わら帽子を「食糧王」にあげる景品にし、ゲーム化してみんなのやる気を引き出したり。

 

メンタルだけでなく、自分の体をコントロールもできます。

ドクターゼノの本拠地では、うそ発見器をクリアして潜入に成功。

最終話では、外交官として世界中を飛び回っています。

英語力もなかなかなのです。

まとめ

浅霧ゲンがいいやつでかっこいいこと、有能すぎる理由について解説しました。

ゲンは、

  • 悪ぶっているが、本当は仲間を助けようとがんばる、いいやつ。
  • ゲス顔が多いが、素の顔はかっこいい。
  • いろいろな能力があり、それを上手に使って科学王国の勝利に貢献した。

以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました