「キミ戦」アニメ1期は原作小説・マンガの何巻まで?続きや2期の可能性についても

2020年10月から放送されていたアニメ「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」(キミ戦)が12月23日(地区によっては25日)に最終回を迎えました。

人気ライトノベルのアニメ化なので、気になっていましたが、人気が高くてよかったですね!

ここで気になるのは「キミ戦」アニメ1期は原作ライトノベルやマンガの何巻まで放送されたかです。

続きを小説やマンガで読みたいですからね。

そこでここでは「キミ戦」アニメ1期は原作ライトノベルやマンガのどこまで放送されたのか、解説します。

また2期の可能性についても考察します。

 

「キミ戦」アニメ1期は原作小説(ライトノベル)・マンガの何巻までか解説

結論を書くと「キミ戦」アニメ1期は

  • 原作小説(ライトノベル)4巻の最後
  • 原作マンガ:追いついていない

までの内容が放送されました。

アニメ1期12話では、イスカとアリスが共闘してオブジェクトを破壊し、シスベルを救助。

ネビュリス皇庁では、女王がイリーティアを呼び出したり、サリンジャーが天帝ユンメルンゲンと出くわしたり、なども描かれていました。

最後は独立国家アルサミラのショッピングモールのベンチに座るイスカとアリスが会話を交わし、別れるシーンが描かれていました。

この内容は原作小説4巻の最後に相当します。

なおマンガはここまでの内容に追いついていません。

「キミ戦」アニメ1期の続きは原作小説の5巻から

「キミ戦」アニメ1期の続きは原作小説の5巻から読み始めればOKです。

実は「キミ戦」はここからがさらに面白くなります。

少しネタバレになりますが、ネビュリス皇庁でクーデターが起きるからです!

イスカやアリス、シスベルたちも困難に巻き込まれます。

アニメの続きが気になる方は、ライトノベル5巻を手にとってみてくださいね!

「キミ戦」アニメ2期の可能性を考察

当然ですが、アニメ2期は1期の人気次第で決まります。

1期が人気になり、円盤(Blu-ray、DVD)の売上がよければ、2期を期待することができるでしょう。

「キミ戦」の場合はどうでしょうか?

2期が放送されて欲しいという声は少なくありません。

これらの声に後押しされて、2期が放送される可能性は十分あります。

また2020年12月現在、「キミ戦」ライトノベルは10巻まで発売されていますが、アニメ1期では4巻途中までしか消化していません。

つまり2期を放送できるストックは十分あることになります。

ということは、時期はわからないまでも、2期を期待してもいいのではないでしょうか。

まとめ

まとめると「キミ戦」アニメ1期は

  • 原作小説4巻までの内容が描かれた
  • マンガは追いついていない

アニメの続きは

  • 原作小説5巻から

「キミ戦」アニメ2期の可能性については

  • アニメ1期の人気がまずまずで、小説のストックもあるので、2期は期待できる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
「キミ戦」イスカの強さや能力は?星剣や師匠クロスウェルについても

「キミ戦」アリスはイスカと結ばれる?かわいい魅力や星霊の強さについても

「キミ戦」始祖ネビュリスと天帝ユンメルンゲンの正体とは?2人の関係も考察

「キミ戦」シスベルがかわいい!星霊の能力や天帝に潜入した理由についても

「キミ戦」シスベルの行き先を仮面卿に教えたのは誰?目撃した怪物の正体についても

「キミ戦」璃洒(リシャ)の正体を考察!強さや宿した星霊についても

「キミ戦」仮面卿オンの精霊の強さや能力は?目的やキッシングについても

「キミ戦」サリンジャーの星霊の強さは?ミラベア女王との関係や過去についても

「キミ戦」女王暗殺クーデターの首謀者・黒幕は誰?帝国侵攻の裏切り者についても

「キミ戦」イスカが脱走させた少女(魔女)は誰?精霊使いのその後についても

タイトルとURLをコピーしました