当ブログの記事にはプロモーションが含まれています

逃げ上手の若君/風間玄蕃の素顔は?元ネタは実在する人物かについても

逃げ上手の若君

「週刊少年ジャンプ」にて絶賛連載中の漫画「逃げ上手の若君」。

連載が終わる予定の「僕のヒーローアカデミア」等に続く、人気作品とされています。

そんな「逃げ上手の若君」ですが、登場人物の風間玄蕃の素顔について知りたい人はいるんじゃないでしょうか。

明らかに作中オリジナルキャラクターのように見えますが、実は元ネタがあるのではないかともされています。

今回は「逃げ上手の若君」の風間玄蕃の素顔はイケメンなのか?

風間玄蕃の元ネタは実在する人物なのかを解説していきますね。

 

「逃げ上手の若君」風間玄蕃の素顔はイケメン?

風間玄蕃は常に狐面で素顔を隠している

風間玄蕃は常に狐のお面を身に着け、素顔を隠しています。

狐のお面は父親から譲られたものです。

父親も風間玄蕃と同じように様々な策略を張り巡らせ、相手を騙し盗みを働く事で主君のために頑張っていました。

しかしその主君からは全てを否定され、追放される羽目になったのです。

死の間際、父親は風間玄蕃に狐のお面を託し、あの世へと旅立ちました。

その日以降、風間玄蕃は常に仮面をかぶり、素顔を隠していたのです。

116話で玄蕃の素顔が明らかに

そんな風間玄蕃ですが、その素顔が116話で明らかになりました。

火薬を作るために夏と共に、重要なものである糞を集めてきましたが、思い通りに作れませんでした。

しかし夏の一言で、硝石の存在に気づくことが出来て、すぐさま採取して硫黄と炭と混ざる事で爆発。

その衝撃に驚いた風間玄蕃と夏は肥溜めの中へと落ちてしまい、その時に仮面の中に糞が入り込んだので外した事で素顔が露わになりました。

その素顔は夏が赤面するほどのイケメンだった

風間玄蕃の素顔を見た夏は赤面して、顔を背けていました。

女性が男性の顔を見て赤面するのは、イケメンである証拠と言えるでしょう。

ただ顔がモザイクに包まれていたので、少ししか詳細が分かりません。

しかし風間玄蕃は仮面をつけている方がかっこいいとの事なので、それ以降素顔は見せていないのです。

 

「逃げ若」風間玄蕃の元ネタは実在する人物?

元ネタは玄蕃之丞(げんばのじょう)と呼ばれた狐

風間玄蕃の元ネタとされている人物はいませんでしたが、動物だったら玄蕃之丞(げんばのじょう)と言う狐がモデルじゃないかとされています。

玄蕃之丞は長野県塩尻市の桔梗ヶ原(ききょうがはら)に住み着いていて、数々の悪戯をして人々を困らせていました。

玄蕃之丞は悪戯を一人でしているわけじゃなく、新左衛門、お夏、与三郎、さゑん等の仲間の狐を従えていたのです。

風間玄蕃は狐の面を被り、相手に悪戯をしたりしていたので、玄蕃之丞に似ているとされています。

しかしながら、仲間に恵まれていたところは似ていませんでしたね。

玄蕃之丞はアニメにもなっている

そんな玄蕃之丞ですが、アニメにもなっています。

あにめたまご制作作品となっていて、2017年3月11日に公開されました。

アニメ制作には多くのスタッフや会社とかが関わっていたので、かなり力が入っていたのです。

多くの人達が関わってアニメが作られる程、玄蕃之丞は長野県の人々に愛されていたのかもしれません。

玄蕃之丞のエピソードをご紹介

長野県の人達に悪戯をしていた玄蕃之丞ですが、いたずらには様々なエピソードが存在しています。

  • 夏の暑い日に雨が降っていないにも関わらず、雨が降っていると言う理由で他の人達を騙して傘を差させた
  • 他の人達を騙して、おはぎと評した馬の糞を食べさせた
  • 畑を池と騙して、他の人達を溺れさせた
  • 嫁入りする人達を会場に遠ざけて、自分達が嫁入りする人達に化けて宴会に参加した

これらだけじゃなく他にもあり、詳細は以下の通りです。

大名行列に化けていた

1つ目は大名行列に化けていたこと。

玄蕃之丞は仲間や部下達と共に大名行列に化け、人々の前に姿を見せたりしました。

大名は民にとって平伏しないといけない存在なので、そんな人物に化けて民が平伏する姿を非常に喜んでいたのです。

しかしながらいずれ悪さがばれてしまい、民にお返しと言わんばかりに嫌がらせをされるようになります。

そんなある日、大名行列が贄川宿へとやってきたとき、民はまた玄蕃之丞達の悪戯と思って懲らしめました。

しかしながら本当の大名行列だったので、かなり厳しい処罰を受ける羽目になったのです。

民は今回のような事がまた起こる可能性があるため、今度玄蕃之丞達が同じ事をしたら完全に罠にはめての始末を画策。

その作戦は口が小さくて大きめの壺に、狐が好き好む鼠の天麩羅を仕込むと言うものであり、あちこちに設置していたのです。

民は何事もなかったかのように振舞ったので、また大名行列に化けた玄蕃之丞達は民の作戦に気づく事が出来ませんでした。

その結果、壺の中に入り込んで天麩羅を全て食べ終えるも、外に出る事なく処分されてしまったのです。

汽車に化ける

2つ目は汽車に化けたこと。

時代は明治時代になっていて、それまで悪戯をしていた玄蕃之丞も年を取っていました。

そろそろ引退しようとしていましたが、その前に汽車の存在が目障りでした。

玄蕃之丞にとって汽車は後輩なのに挨拶せず、我が物顔で走っていて、同胞達を始末していた許せない存在。

そのためにも、一泡吹かせたい思いがあったのです。

そこで配下の狐達と共に汽車に化けると、レールの上を走る事で目の前の汽車と激突。

当然のことながら勝てるわけがなく、ぶつかったと同時に遺体となったのです。

ただこの悪戯に関しては、上記の大名行列の時に生き残った玄蕃之丞の部下達が、仕返しにやったんじゃないかともされています。

 

ebookjapanなら「逃げ上手の若君」の漫画が70%OFFで読める

以下の記事では「逃げ上手の若君」の漫画を安く読めるサービスを紹介しています。

お好きなサービスを選べばいいですが、おススメはebookjapan。

無料登録するだけでもらえ70%OFFクーポンを使えば、「逃げ上手の若君」の漫画を安く読むことができますよ!

まとめ

「逃げ上手の若君」の風間玄蕃の素顔はイケメンなのか、風間玄蕃の元ネタは実在する人物なのかについて解説しました。

  • 「逃げ上手の若君」の風間玄蕃の素顔はモザイクがかかって詳細は不明だが、間違いなくイケメンである
  • 風間玄蕃の元ネタは実在する人物ではなかったが、桔梗ヶ原で悪戯をする狐の玄蕃之丞がモデルじゃないかとされている

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました