よう実の軽井沢恵が綾小路と付き合うのは何巻?キスするのはいつかについても

ようこそ実力至上主義の教室へ

「ようこそ実力至上主義の教室へ(よう実)」に登場する軽井沢恵。

本作品のヒロインであり、クラスヒエラルヒーの上位に位置するキャラクターです。

「かわいい」「応援してる」など、ファンからの人気も絶大です。

そんな軽井沢は入学してからすぐ、同じⅮクラスの平田陽介と付き合い始めますが、偽りのカップルだったことが後に判明。

その後、軽井沢は綾小路清隆と付き合うことに!

今回は軽井沢恵の基本情報をまとめたうえで、以下の3点についてまとめました!

  • 軽井沢と綾小路が付き合い始めるのは何巻から?
  • 軽井沢と綾小路がキスするのはいつ?
  • 軽井沢と綾小路は”やった”のか?

 

「よう実」軽井沢恵の基本情報

  • 名前:軽井沢恵(かるいざわけい)
  • 誕生日:3月8日
  • 星座:魚座
  • 身長:154cm
  • スリーサイズ:B76・W54・H77
  • 入学時のクラス:1年Dクラス
  • 学力:D+(40)
  • 身体能力:C-(44)
  • 機転思考力:B-(61)
  • 社会貢献性:D+(40)
  • 総合:C(47)

Dクラスでは櫛田桔梗と並び、女子のツートップを一角を占める軽井沢恵。

勉強や運動ではそれほど目立つところはありませんが、大切な場面では絶妙な判断を下すことが可能。

頭の回転が早いことを伺わせます。

「あたしは大した人間じゃない。でも、あたしにしか出来ないでしょ」というセリフは、軽井沢の持ち味をよく表しています。

ただし恋愛が絡むと冷静な判断ができなくなるのが玉に瑕(笑。

中学入学と同時にいじめを経験

もともと勝ち気な性格だった軽井沢は中学に入学して間もなく、同じタイプの強気な性格の女子を敵に回します。

それ以来、軽井沢恵は

  • 教科書に落書きされる
  • ノートをなくされる
  • トイレで水をかけられる
  • 殴られたり蹴られたりしているところを動画に撮られ、クラスに笑いものにされる

など、想像を絶するいじめを経験。

 

平田洋介と付き合うことでカースト最上位を確保

さらにはクラスメイトの前でスカートを降ろされたり、好きでもない男子に告白を強要されるなどのいじめも受けます。

しかし軽井沢は高度育成高等学校に入学してすぐ、同じDクラスの平田洋介と交際を開始。

軽井沢は平田のリーダーとしての資質を見抜いたのです。

こうして軽井沢は平田とカップルになることで、クラスカーストの最上位の地位を確立します。

軽井沢と平田は偽りのカップル

軽井沢と平田は偽りのカップルでした。

軽井沢はいじめを回避し、クラスカーストの上位に立つために平田を利用。

中学時代にいじめにあっていた友人を自殺未遂に追い込んだ平田も、「ほかの誰かを助けたい」という気持ちから軽井沢とウソの交際を始めたのです。

その後、軽井沢と平田は別れることになります。

軽井沢は「かわいい」と評判のキャラクター

「よう実」には魅力的な女性が多数登場しますが、その中でもトップクラスの人気を誇るのが軽井沢恵。

ファンの声を一部ご紹介すると

かわいい」「好き」「応援してる」という声が多いですね!

軽井沢恵が綾小路清隆と付き合うのは何巻?

軽井沢恵と綾小路清隆が付き合い始めるのは何巻からなのでしょうか?

付き合うまでの過程についても解説します。

付き合い始めるのは1年生編11.5巻から

軽井沢と綾小路が付き合い始めるのは、小説1年生編11.5巻「動き出す青春」から。

1年の春休みのことですね。

綾小路から「付き合うか」と提案して、軽井沢が了承。

こうしてカップルが成立します。

なお軽井沢と平田の仮面カップルは、1年3学期にはすでに別れていました。

船上試験(干支試験)での出来事がきっかけ

軽井沢と綾小路が付き合うようになったのは、1年夏の船上試験(干支試験)がきっかけ。

ここで軽井沢は、1年Cクラスの真鍋志保らから暴行を受け、中学時代に受けたいじめの記憶が蘇ります。

心が折れそうになった軽井沢を見た綾小路は、「これから先、お前をいじめから守ってやる。平田よりも確実に」と軽井沢に話します。

綾小路は軽井沢を自分に寄生させ、自分の駒にしようとしたのです。

軽井沢は綾小路の提案を受け入れ、綾小路に協力するようになります。

真鍋の暴行は仕組まれていた

実は船上試験(干支試験)の際、軽井沢が真鍋から受けた暴行は綾小路により仕組まれたものでした。

綾小路は軽井沢の寄生相手を平田から自分にすることで、軽井沢を自分の手駒にしようとしたのです。

この目論見は成功し、軽井沢は綾小路に守ってもらう代わりに、綾小路に陰で協力するようになります。

綾小路への思いを募らせていく

1年2学期以降、軽井沢は指示通りに動く中で、綾小路への信頼を深めていきます。

2学期終了式の日に、真鍋たちの暴行は仕組まれたことだと知っても、綾小路への信頼は変わることはありませんでした。

やがて軽井沢の綾小路への気持ちは恋愛感情になっていき、ついには恋人同士になります。

1年クリスマスにダブルデート

1年2学期、Ⅾクラスの佐藤摩耶が綾小路のことを好きになっていました。

そして佐藤はクリスマスに綾小路をデートの誘い、告白することを決意。

佐藤は仲がいい軽井沢に、綾小路とのデートについて相談。

軽井沢は佐藤のためにデートプランを考え、軽井沢×平田、佐藤×綾小路のダブルデートが実現します。

このころまでは軽井沢と平田はカップルを装っていたんですね。

 

デート後、佐藤は綾小路に告白するも玉砕(笑。

綾小路は「本気で異性を好きになったことがない」という理由で佐藤の告白を断りましたが、本当の理由は陰で軽井沢との関係を続けていくためでした。

フラれた佐藤は泣きながら帰ることになりますが、軽井沢と綾小路との関係にいち早く気づくことになります。

「よう実」軽井沢が綾小路とキスするのは何巻?

軽井沢と綾小路が付き合い始めたのは1年春休み(小説11.5巻)から。

では初めてキスをしたのはいつなのでしょうか?

初めてのキスは2年無人島サバイバル試験

軽井沢が綾小路と初めてキスするのは、2年夏休みに行われた無人島サバイバル試験でのこと(2年生編3巻)。

1年冬休みに付き合い始めた軽井沢と綾小路ですが、公表していないため、もっぱらおうちデート。

キスをしたことはありませんでしたが、付き合い始めて5か月ほどが経過し、ようやく森の中でキスをします。

綾小路のキスは戦略?

このとき軽井沢は、綾小路と行動を共にしている1年の七瀬翼に嫉妬。

不安にもなっていました。

そこで綾小路は軽井沢を安心させるためにキスをしたのです。

1秒足らずのキスでしたが、「ちょ、え、い、今・・・キ、キス・・・え? えっ?」と動揺する軽井沢がかわいかったです(笑。

2回目のキスは2年夏休み

軽井沢と綾小路の2回目のキスは2年夏休みの最終日(2年生編4.5巻)。

綾小路の部屋でデートしたとき、綾小路が不意を突いて軽井沢にキス。

軽井沢は「事前申告とかないわけ?」と言っていましたが、初キスほど動揺はしていませんでした。

なお付き合っていることを公表するのは2学期初日。

つまりこの翌日なんですね。

最初に綾小路から軽井沢と付き合っていることを知らされた須藤健は「理解が追い付かねえ」と、あわてていましたね(笑。

軽井沢と綾小路はやった?

軽井沢と綾小路について検索すると、「やった」というキーワードが見つかります。

「やった」という表現を使うことには抵抗がありますが、気になりますよね。

実は2年生編6巻には

  • 綾小路がシャワーを浴びている最中に電話を受ける
  • 王美雨が綾小路の部屋へ来ると、軽井沢が髪を下ろした状態で恥ずかしそうに綾小路の部屋から出てくる

などの表現があります。

これらを見る限り、軽井沢と綾小路の仲はさらに進展している(やった!?)と考えられます。

 

恋愛を「教科書」という軽井沢ですが、綾小路にすっかり心奪われている様子。

一方の綾小路にとって、軽井沢はあくまでも手駒にすぎません。

用済みになった軽井沢が綾小路に捨てられることがなければいいのですが・・・。

まとめ

  • 軽井沢恵が綾小路清隆と付き合い始めるのは1年春休みから(1年生編11.5巻)
  • 最初は公表していなかったが、2年2学期の初日に付き合っていることを公表する
  • 初めてのキスは2年無人島サバイバル試験でのこと(2年生編3巻)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました