「ダンまち4期」リューは殺人事件の犯人なのか?冤罪の黒幕についても解説

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」で、ヒュージモスの強化種を倒したベルたちはリヴィラの街に戻ります。

するとそこに殺人事件のニュースが届きます。

事件を目撃したという狼人の男は「疾風(=リュー・リオン)だ!あいつが現れたんだ!」と、リューが殺して逃げたと証言。

その後もリューを目撃したという証言者が次々と現れます。

仲間を殺され、怒ったリヴィラの街の住民は「疾風」討伐隊を結成し、リュー確保に向けて動き出します。

不審に感じたベルは、リューに会って事情を聞くために討伐隊に加わることに。

リューは本当に殺人を犯したのでしょうか?

それとも裏があるのでしょうか?

ここではリューが起こしたとされる殺人事件の真相をネタバレありで解説します。

 

「ダンまち」リュー(疾風)は殺人事件の犯人なのか解説

リューは殺人事件の犯人なのか解説

さっそく結論ですが、リュー・リオンはリヴィラの街で起きた殺人事件の犯人ではありません。

リヴィラの街でジャンという住民が殺害されたことは紛れもない事実です。

またこの日、リューは「豊饒の女主人」の仕事を無断で休み、ギルドと一部のファミリアによる「クノッソス攻略作戦」に参加していました。

リューは自ら申し出て、ヘルメス・ファミリアのアスフィ・アル・アンドロメダと共にダンジョンにいたのです。

したがってリヴィアの街で人を殺せる状況にありましたが、実際には殺人を犯してはいません。

ではなぜリューは仕事を休んでまで「クノッソス攻略作戦」に参加したのでしょう?

クノッソス攻略作戦に参加した目的

リューが「クノッソス攻略作戦」に参加したのは、かつてアストレア・ファミリアを滅ぼしたルドラ・ファミリアの残党に復讐するため。

本編開始の5年前、リューが所属していたアストレア・ファミリアはルドラ・ファミリアと敵対関係にありました。

ルドラ・ファミリアは破壊発動や秩序の崩壊を通して、オラリオに混沌をもたらそうとする闇派閥。

それに対してアストレア・ファミリアはオラリオの秩序を乱す者を取り締まる役割を担い、オラリオの住民からも慕われる存在。

敵対するのは当然でした。

ルドラ・ファミリアはリュー以外のアストレア・ファミリアの団員を壊滅。

一人になったリューはルドラ・ファミリアに復讐しますが、ジュラ・ハルマーという猫人の男性冒険者は生き残ります。

リューはジュラを抹殺するために「クノッソス攻略作戦」に参加し、闇派閥の残党がいるクノッソスへ。

途中からアスフィと別れ単独行動をして、ジュラの行方を追ったのです。

殺人の動機がない

そもそもリューにはジャンというリヴィラの街の住民を殺す動機がありません。

リューは意味もなく殺人を犯すようなエルフではないので、殺人の一報を聞いたベルが不審に思うのは当然です。

リューは容疑者として疑われますが、結局は冤罪なのです。

では冤罪を演出した黒幕は誰なのでしょうか?

リューによる殺人事件の冤罪の黒幕を解説

冤罪の黒幕

リューに殺人の罪を押し付けようとした黒幕は元ルドラ・ファミリアのジュラ・ハルマーです。

リューがジュラに恨みを持っているように、ジュラもリューに恨みを持っていました。

ルドラ・ファミリアを壊滅させられたからです。

ジュラ・ハンマーの目的

ジュラの目的はリューに復讐を果たすこと。

そのためにジュラはリューを追い込むためのいくつかの策を用意していました。

まず最初に、仲間のターク・スレッドにジャンを殺害させます。

タークは「疾風が殺人を犯した」とウソの証言をして、リューが殺人犯であるように印象づけ、怒ったリヴィラの街の住民たちが「疾風」討伐隊を結成するように誘導。

討伐隊にリューを倒させようとします。

しかしリューの抵抗にあい計画が失敗すると、ジュラは魔道具(マジックアイテム)を使いテイム(調教)したラムトンを放ち、リューを襲います。

ついにはジャガーノートを召喚

しかしラムトンも倒されると、今度は大量の火炎石を使い大爆発を起こし、再生が間に合わないほどダンジョンを破壊します。

するとダンジョンは原因(冒険者)を排除するために、ジャガーノートという化物が出現。

ジュラはジャガーノートを使い、リューを殺そうとしたのです。

 

なお5年前、アストリア・ファミリアが壊滅したときにもジャガーノートは出現しました。

でも5年前はダンジョンを大規模に破壊すると、ジャガーノートが出現することをだれも知りませんでした。

その後ジュラは5年の歳月をかけて研究・調査をして、ダンジョンがジャガーノートを生み出す法則を導き出します。

この法則により、ジュラは意図的にジャガーノートを召喚することに成功。

リューの命を狙います。

まとめ

  • リューはリヴィラの街で起きた殺人事件の犯人ではない
  • 殺人事件はリューに恨みを持つ元ルドラ・ファミリアのジュラ・ハルマーが仕組んだもの
  • ジュラはリューを殺害するために殺人の濡れ衣を着せたり、調教したラムトンを使ったり、ジャガーノートを召喚したりした
  • リューもジュラを恨んでおり、復讐しようとしていた

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました