「ダンまち」春姫がかわいい!レベルやウチデノコヅチ・今後死ぬかについても

「ダンまち」アニメ2期から登場しているサンジョウノ・春姫。

何とも言えない妖艶な魅力を持つ16歳の狐人です。

アニメ3期では竜女ウィーネにとって姉のような存在になります。

ここでは春姫のかわいい魅力をまとめてご紹介します。

また春姫のレベルやスキル、ウチデノコヅチやアニメ3期で死ぬかについてもまとめました!

なおこの記事にはネタバレがあります。

「ダンまち」サンジョウノ・春姫のかわいい魅力まとめ

サンジョウノ・春姫のプロフィール

サンジョウノ・春姫は「ダンまち」アニメ2期(小説7巻)から登場する極東出身の狐人(イナール)。

16歳ですが、年齢以上に艶やかな魅力を持った狐姫です。

ベルが春姫と出会ったのは歓楽街に行ったのがきっかけ。

故郷の友人が歓楽街で働いているという情報を耳にした命(みこと)は、夜な夜な歓楽街に調査に行っていましたが、命の後をつけたベルは仲間とはぐれ、イシュタル・ファミリアに捕まってしまいます。

なんとか逃げ出したベルが施設内をさまよっていると、偶然出会ったのが春姫でした。

春姫は「お待ちしておりました、旦那様」と三指をついてあいさつ。

しかしウブな春姫は、ベルを前にして気絶してしまうのでした(笑。

春姫の生い立ち

春姫は命を同じく極東の出身。

小さい頃は「迷宮神聖譚(ダンジョン・オラトリア)」「ガラードの冒険」「魔法使いアラディン」「迷えるディナルド」などの小説を読むのが好きでした。

高貴な家の出身の春姫は、命たち貧しい家の子どもたちに自分の食べ物を分け与えるなど、やさしい性格の子どもでした。

 

ただほとんど外出することなく、家の中で一人さみしく過ごしていました。

そこで命や千草らは屋敷に忍び込み、春姫を外に連れ出し、いっしょに野原を駆け巡っていました。

命らと遊んだことは、春姫にとっていい思い出として心に残っているようです。

歓楽街に売り飛ばされてしまう

そんな春姫は11歳の時、客人の神饌(神に供える供物)を食べてしまい、父親から勘当。

その後紆余曲折を経て、オラリオに売り飛ばされてきて、イシュタル・ファミリアに所属し、歓楽街で娼婦として働くようになります。

高貴な家の出身の春姫は、多感な時期に波乱万丈な人生を送っていたんですね。

実は娼婦として仕事をしていない?

歓楽街で娼婦として働き始めた春姫。

しかし男に身を委ねる仕事をするにはあまりにウブでした。

「英雄にとって娼婦は破滅の象徴」「自分は娼婦に身を落としてしまった」と自分を卑下する春姫ですが、本当は男に一度も抱かれたことはありません。

男の裸を見るだけで気絶してしまい、仕事にならないからです。

でも本人は立派に娼婦の仕事をしたと思っており、深く思い悩んでいました。

そんなところも春姫のかわいいところかもしれませんね。

感情が現れるしっぽの動きがかわいい

見た目がかわいらしく、話し方も立ち振舞も上品で、性格も温和な春姫。

ですが個人的に特に最もかわいいと思うところは、春姫のしっぽの動き。

楽しい時やちょっと困った時など、感情の変化に合わせて微妙にしっぽが動きます。

春姫のしっぽはふさふさで、ボリュームがあるので、それが独立した生き物のように動くのはとてもかわいらしく感じます。

本物の狐も喜ぶと犬のようにしっぽを振るみたいですね。

今度「ダンまち」のアニメを見るときは、春姫の尻尾の動きに注目すると、別の楽しみ方を見つけられるかもしれませんよ!

ウィーネと姉妹のような関係になる春姫がかわいい

ウィーネはアニメ3期(小説9~11巻)で中心となる異端児(ゼノス)の竜女。

ダンジョンでひとり泣いているウィーネを見たベルは気の毒に感じ、ウィーネを「竈火の館」に連れて帰りますが、モンスターを連れてきたことにファミリアのメンバーは警戒します。

春姫も最初はウィーネにどのように接したらいいか、迷っていましたが、食事を食べさせたり、体を拭いたりしていくうちに、ウィーネは少しずつ春姫に懐いていきます。

心やさしい春姫も、ウィーネと距離を縮めようとしていました。

 

歓楽街で働いていたとき、ベルたちに助けてもらった経験がある春姫は、かつての自分とダンジョンで一人寂しく過ごしていたウィーネを重ね合わせていたのでしょう。

互いに心を許した春姫とウィーネは、姉妹のような関係を気づいていきます。

アニメ3期では春姫とウィーネの微笑ましい関係にも注目しましょう!

春姫のレベルやウチデノコヅチを解説

もともとは高貴な家の箱入り娘だった春姫ですが、実はとんでもない魔法を持った狐人です。

ここでは春姫のレベルや魔法ウチデノコヅチを解説します。

春姫のレベル

春姫のランクはLevel1・・・つまり最低のランク。

自ら戦うということにおいては、まったく役にはたちません。

でもイシュタル・ファミリアが春姫を手放さなかったのには大きな理由があります。

夜の街で稼ぎがよかったからではありません(笑。

戦闘において大きな力になる魔法を持っているからです。

春姫のウチデノコヅチを解説

イシュタル・ファミリアが春姫を手放さなかった理由は、春姫がウチデノコヅチという魔法を持っていたから。

ウチデノコヅチとは、戦いにおいて仲間の戦闘員のランクを1つあげる魔法のこと。

同じランクであっても、ウチデノコヅチでランクアップしてもらえば、相手より圧倒的に有利になれる、いわばチート級の能力です。

ベルがダンジョンでアイシャと戦ったとき、どちらも同じLevel3でしたが、アイシャはウチデノコヅチでLevel4にランクアップしていたので、ベルを瞬殺するほどの力がありました。

 

なおウチデノコヅチの持続時間は最長で約15分、次の発動までのインターバルは約10分。

そのため継続的に仲間をランクアップさせるためには、15分おきにウチデノコヅチを使う必要があります。

ただし1回使うとかなりの精神力を消耗するので、マジックポーションを飲んで精神力を回復する必要があります。

春姫の今後や死ぬかについて解説

「ダンまち」アニメ2期で、春姫はイシュタル・ファミリアからヘスティア・ファミリアに移籍します。

ここではその後の春姫の様子や、春姫が死亡するかについて解説します。

春姫の今後(3期以降)は?

ヘスティア・ファミリアに移籍した春姫は、メイドとしてホームの家事全般の仕事をしています。

そしてアニメ3期(ゼノス編)になると、リリからサポーターとしての訓練を受けるようになります。

そしてギルドから「ウィーネを連れて20階層に行け」というミッションが下ると、春姫もダンジョンに行き、ウチデノコヅチでファミリアに貢献することになります。

またゼノス編のあとも、サポーター兼妖術師として活躍していきます。

春姫は3期以降で死亡する?

結論を書くと、春姫はアニメ3期(小説9~11巻)でも、それ以降も死んでいません。

むしろアニメ3期ではヘスティア・ファミリアにとって大きな戦力になります。

特に地上に取り残された異端児(ゼノス)をダンジョンに帰還させる時には、ロキ・ファミリアのベートに敢然と立ち向かうなど、勇気があるところを見せます。

そこには歓楽街から救い出されたか弱い少女の姿はどこにもありません。

「ダンまち」はベルの成長を描いた物語ですが、春姫も同じように成長していきます。

アニメ3期では春姫の活躍にも注目していきたいですね!

まとめ

ここでは「ダンまち」に登場するサンジョウノ・春姫に注目しました。

  • 春姫は極東出身の16歳の狐人(イナール)
  • 親に勘当され、その後紆余曲折を経て、オラリオで娼婦として働き始める
  • 命や千草とは幼馴染
  • 男の裸を見ると気絶するので、娼婦としての仕事はしていない
  • 感情が現れるしっぽの動きがかわいい
  • ウィーネと姉妹のような関係になる春姫がかわいい
  • 春姫はLevel1だが、仲間をランクアップさせるウチデノコヅチという魔法を使える
  • アニメ3期以降はヘスティア・ファミリアでサポーターとしての訓練を受ける
  • 3期では異端児(ゼノス)をダンジョンに帰す場面で活躍する
  • 小説15巻までで春姫は死んでいない

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
「ダンまち」フェルズの正体は女性?魔法・フクロウやベルの敵か味方についても

「ダンまち」異端児(ゼノス)の正体とは?目的やウラノスの思惑についても

「ダンまち」アステリオスの正体とは?黒いミノタウロスの強さについても

「ダンまち」アニメ3期は原作小説の何巻まで?何クールかについても考察

「ダンまち」イケロスファミリアとは?ディックスの正体やクノッソスについても

「ダンまち3期」ヘスティア・ファミリアにミッションを出したのは誰?黒衣の人物についても

「ダンまち」ベルの正体を祖父や両親から考察!強すぎる秘密やスキルについても

「ダンまち」アニメ3期の結末ネタバレ!ベルvsアステリオスの決着についても

「ダンまち」ウィーネの正体をネタバレ解説!死亡や復活・別れについても

「ダンまち」リューがかわいいしかっこいい!正体や過去・恋愛についても

「ダンまち」ヘルメスの正体を解説!ゼウスとの関係や目的・アニメ3期での裏切りについても

「ダンまち」シルの正体はフレイヤではない?怪しい黒幕なのかについても

タイトルとURLをコピーしました