ドクターストーン氷月がかっこいい!イケメンぶりや強さについても

Dr.STONE(ドクターストーン)

最初は、ラスボスクラスの敵として現れた「ドクターストーン」の暁氷月(ひょうが)。

マスク姿で表情が見えないのが、より怖いですね。

今回は氷月の素顔に迫ります。

氷月のかっこいい魅力や強さについて解説します。

 

ドクターストーン氷月の基本情報

新世界を自分が思うように作ろうとする獅子王司は、復活させる人間をかなり選んでいます。

ほとんどが戦士タイプの若者で、氷月もその1人です。

司と同じ選民思想の持ち主

氷月と司は「人類を選別する」という同じ考えをもっていますが、選び方には違いがあります。

司は、金や権力をもった大人を嫌い、若者を復活させています。

一方の氷月は年齢にはこだわらず、能力や人格が優れた人間だけで新世界を作りたいと考えています。

初めて科学王国に攻め入ったとき、猪突猛進する仲間より、科学王国の準備のよさに「いいですね。ちゃんとしてる」と好感をもっていました。

 

氷月はただ強いばかりではなく、司や千空のように合理的に考え、作戦を立てる頭脳派。

文武両道の、有能な人間です。

自分が有能で、「ちゃんとしてる」のが好きなので、「ちゃんとしてない」人間に我慢できません。

仲間であっても、「脳が溶けている」ような奴は嫌いなのです。

尾張貫流槍術の達人

司が「素手なら自分が勝つが、槍で戦ったら氷月が勝つ」というほど、氷月は槍の名人。

江戸時代から続く古武術「尾張貫流槍術」の達人です。

5歳から父親に習い始め、20歳で師範代になりました。

ちなみに石化した時は23歳でした。

尾張貫流槍術は本当にある古武術で、現在も受け継がれています。

 

3m60cmの槍に管を通し、それを回しながら突くことで、槍先がらせんを描き、すごいスピードで動くというもの。

氷月は尾張貫流槍術の知名度を高めるため、地元愛知から東京に出稽古に来ていたときに石化。

身長189cm体重81kgとスレンダーな氷月は、司帝国で復活したとき「ひょろがり」と馬鹿にされました。

「槍を使っていいなら10人と戦う」と、戦闘員10人をあっさり叩きのめしています。

氷月がイケメンでかっこいい!魅力まとめ

黒いマスクをつける人が増えた今日この頃ですが、氷月は時代に先駆けて黒マスク姿でした。

マスクイケメンは、外すとがっかりという場合もありますが、氷月は素顔もイケメンです。

マスクに隠された冷酷な性格や、マントの中の鍛え抜かれたボディなど、氷月のかっこよさをまとめます!

素顔の氷月がイケメンでかっこいい

ずっとマスク姿の氷月。

初めて素顔が見えるのは、科学王国がダイナマイトを作ったときでした。

司と違い、科学に拒否感はない氷月。

千空の能力に感動し、「なんて素晴らしい」とマスクを下げ、爆発を見上げます。

切れ長の目、きりっとした細まゆ、高い鼻・・・かなりのイケメンです!

が、初めて見せた口元は、石化の後遺症で、かなりのひびがありました。

丸い模様のようなひびがたくさんあり、口裂け女のようになってしまっています

おそらく、このひびをかくすためにマスクをしているのでしょう。

迫力があって、魅力的でもありますが・・・

司を裏切り、槍で刺した後、マスクを外してにっこり笑った顔はなんだかかわいいのですが、ひびのせいもあってめちゃめちゃ怖いです。

冷酷な性格の持ち主

基本情報でも書きましたが、氷月は無能な人間が嫌い。

資源が限られているストーンワールドで、復活させるのは優秀で人格も優れた人間だけにするべきだと考えています。

そのため、司帝国の仲間であっても、ちゃんと考えないで行動する無能な人間は見殺しにします。

石神村が襲われ、スイカが硫酸の湖に逃げたとき、司帝国の部隊は木に登って毒ガスから逃れました。

氷月は仲間を木から落として、毒ガスで本当に死ぬかを確かめています。

「脳が溶けている君たちが、初めて仕事がちゃんとできますよ」と言って・・・

司は毒ガスで死んだ仲間の名前を全員覚えていて弔っていますが、氷月はそれを見て、ちょっと司をバカにしているように見えました。

理想主義で情にあつい司より、氷月はずっと冷酷で恐ろしい男です。

その理想に賛成できない氷月は、司を裏切って瀕死の重傷を負わせました。

悪の魅力、という意味では、司より氷月が上ですね!

鍛えられた肉体を持つ氷月がかっこいい

公式ファンブックによると、氷月の身長は189cm、体重81kgとのこと。

普通でもやせ型ですが、氷月の場合、体脂肪率はほとんどなさそうです。

筋肉だけでこの体重、というのはものすごく引き締まって、ほぼ岩じゃないでしょうか。

シックスパックどころか、作画もほとんど筋肉標本みたいになっています。

最終話で大樹と杠の結婚披露宴に出ていますが、その時はスーツ姿。

似合うと思うなー、あまり大きく描かれていなくて残念です。

この体型は、パリコレモデルになれますよ!

誘われても出ないと思いますけどね!

口周りのヒビがなくなった氷月はさらにかっこいい

司を殺そうとして、囚人になって宝島に連れてこられた氷月。

帆船ペルセウスの牢の中で、イバラの石化光線を浴び、2回目の石化をします。

3,700年の石化で顔や体にひびが入っていた復活者たちですが、みんなこの2回目の石化→復活でひびが修復されました。

モズの攻撃に対抗するため、千空が氷月を復活させました。

 

モズの仲間になるかと考えた氷月ですが、「美男美女」が人類の選別基準だというモズの考えにあきれ、科学王国の仲間になることを選びます。

「ほら実にちゃんとしてますよ。私の仲間たちは」と言ったとき、氷月はマスクを外しています。

どうやら氷月は、テンションが上がったときマスクをとるようですね。

このときの、ひびのないキレイな顔がめちゃめちゃかっこいいですね!

この瞬間に氷月のファンになった人も多かったことでしょう。

氷月の強さを解説

氷月は、管槍のスペシャリストです。

管槍があれば最強、なくても強いとは思いますが、トップレベルとはいかないかもしれません。

スピード、技、リーチは最強ですが、パワーについてはコハク・金狼と同レベルで、マグマに負ける、という設定です。

管槍をあやつる氷月がどれくらい強いのか、戦いの場面で紹介します。

金狼を寄せ付けない強さを持つ

氷月が最初に戦った科学王国のメンバーは、石神村の門番、金狼です。

村の入り口を守る金狼と、つり橋の上で向かい合いました。

すぐに「君、目が悪いですね」と気づく氷月。

相手の状態をすぐに見極められるところが、「武術の達人」ならではです。

金狼も槍は得意で、司帝国の剣を持った兵士を一撃で倒しています。

 

しかし、氷月が繰り出す槍のスピードは段違い。

最初の攻撃をなんとか盾でかわす金狼ですが、次の攻撃が腹に刺さります。

橋から落ちる金狼を支える銀狼ですが、せまる氷月に絶体絶命の2人。

ゲンのマジックで千空が銃を完成させていると見せかけ、何とか氷月を撃退したのでした。

このときの氷月の槍は先端が石器だったので、金狼もケガですみました。

マグマもコハクも銀狼も一蹴する

千空が生きていることを知り、一度戻って作戦を立て直そうとする氷月。

しかし、司帝国の兵士たちは戦いあるのみ、ともう一度攻撃を仕掛けます。

この時科学王国は、製鉄で手に入れた日本刀で応戦。

武器のレベルの差に心が折れる仲間をしり目に、氷月は「私の管槍は刀などには負けません」とマグマに襲いかかります。

この時マグマには氷月の槍が、まるで満月のように見えました。

槍の回転が速すぎて、円に見えたんですね。

マグマはあっという間に刀をはじかれました。

飛びかかってきたコハクの体を槍の柄ではじき飛ばし、円を描く槍先は次に銀狼をねらいます。

とっさに銀狼をかばった金狼の盾が、かろうじて氷月の槍を防ぎました。

突進するマグマを目かくしに、空を飛んで上から氷月をねらうコハク。

その攻撃をものともしない氷月がコハクを貫こうとしたその時、槍先がちぎれます。

戦いの前、ゲンが槍先に切れ目を入れた細工が、コハクの命を救ったのでした。

宝島編ではモズを圧倒

宝島で、科学王国のために戦うことを選んだ氷月は、金狼の槍でモズと対戦。

普通の槍で戦う氷月は、本来の力が発揮できず、モズにおされていきます。

「努力して強くなった君は、天才の俺に一生勝てない」と言うモズ。

氷月は水中に逃げ、「ダサい」と馬鹿にされても時間を稼ぎます。

千空が槍に通す管を届けてくれる、と信じていたから。

自分が千空を信頼していることに気づいた氷月が、マスクを外して笑う姿、かっこいいです!

千空たちが短時間で完成させた管を受け取った氷月は、加速する管槍でモズを圧倒。

驚くモズに氷月は、長い時間をかけて受け継がれ磨かれる技と、地道な研鑽でそれを身につける強さは天才に勝る、と語っています。

やがて氷月は科学王国の武術指導者になり、モズにも武術を教えるようになります。

氷月と司どっちが強い?

氷月と獅子王司、どっちが強い?

これは難しい問題ですね。

メカ千空のページで、「最強は誰か」というお題の分析があります。

  • 司:破壊力→S 武術→SS 素早さ→A 間合い→B
  • 氷月:破壊力→B 武術→SS 素早さ→B 間合い→SS

・・・よくわかりませんね。

他のページでは、剣を持った司と管槍の氷月の強さがほぼ同じ、というものもありました。

氷月は司を殺すスキを狙っていましたが、妹の未来という弱点ができるまで、襲えませんでした。

寝ているときも、後ろを向いているときも全然スキがなかったとのこと。

ということは、互角で勝負がつかないか、負けると思っていたということでしょう。

司が素手で、氷月が管槍ならワンチャンある、というくらいでしょうか。

まとめ

氷月のかっこよさについて、イケメンぶりや強さについてまとめます。

  • 氷月はもともとイケメンだが、石化のひびがすごく、迫力ある顔になっていた。
  • 2回目の石化でひびがなくなり、すっきりイケメンにもどった。
  • 冷酷な性格だが、科学王国の仲間を信じるようになり、モズからみんなを守った。
  • 管槍を持たせたら司に対抗できるくらい強いが、司に勝つのは難しい。

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました