ドクターストーン獅子王司がかっこいい!強すぎる魅力についても

Dr.STONE(ドクターストーン)

地球が石化されてから3700年が経過した世界「ドクターストーン」。

獅子王司は千空によって二番目に石化から復活した人物です。

強すぎる戦力をもつ司に、千空は何度もピンチに陥ります。

ここでは、そんな司のかっこよさについて解説していきます。

 

ドクターストーン獅子王司の基本情報

まず最初に獅子王司の基本情報をまとめます。

獅子王司のプロフィール

  • 名前:獅子王司(ししおうつかさ)
  • 誕生日:10月10日
  • 年齢:18歳
  • 血液型:B型
  • 身長:195cm
  • 体重:99kg

石化前の世界では霊長類最強の高校生と呼ばれており、テレビ出演もしています。

「うん」が口癖であり、威圧的な見た目とは反対にとても穏やかな口調で話します。

司帝国を率いて科学王国の前に立ちはだかる

司は千空が復活液を使って石化から復活させた一人。

千空と大樹がライオンに襲われそうになったときに復活しました。

当初、千空と仲間になると思われた司ですが、考え方の違いからそれぞれ敵対関係となってしまいます。

千空が石神村で科学王国を作る中、司も復活液で次々と石化前の世界の人々を復活させ、司帝国を作り上げていきます。

 

科学を武器に全人類を助けようという意志のもとで成り立つ科学王国と、既得権益者を嫌い、武力中心の世界を目指す司帝国。

千空と司は、自分の信じる未来のため激しい戦いを繰り広げます。

結果として、この戦いは一時停戦状態となります。

その後、司帝国一人であった氷月の裏切りによって司は重体に陥り、千空は司を助ける旅へと出発します。

 

獅子王司がかっこいい!強すぎる魅力についても解説

霊長類最強の強さを誇る格闘家

司の石化前の世界での呼び名は「霊長類最強の高校生」。

石神村にはコハクや金狼など戦闘員がいましたが、司は彼らとは比べ物にならないほどの強さを持ち合わせています。

司が復活したときは、すぐそばにライオンの群れが襲い掛かっていました。

しかし、司はあっという間にライオンを素手で倒してしまいます(1巻3話)。

千空も大樹も危機一髪の状況を司に助けられます。

また、千空が最後の切り札として使ったボウガン。

司は時速200kmを超えるそのボウガンを手でつかみ、地面に放り捨てます(1巻6話)。

これだけで司の凄さがわかります。

常に冷静な司がかっこいい

司はいつも落ち着いており、冷静な判断を下します。

その冷静さが加わることで、圧倒的な戦力に繋がっているのかもしれません。

千空によって石化から復活したとき、周りはライオンだらけという危険な状況。

司は慌てるわけでもなく、千空に「現況は?」と尋ねています。

冷静な問いかけに千空も落ち着いて答えます。

復活して早々に、冷静な判断ができるところがかっこいいです。

頭が切れて知識豊富な司がかっこいい

武力も他の人よりも頭一つ抜けていますが、頭もとても切れる司。

主人公である千空の高校生とは思えない知識量に隠れていますが、司の知識も高校生を超えるのではと思うほどあります。

千空の行動を先読みし、それに備える徹底ぶりはさすがとしか言いようがありません。

圧倒的な武力に対抗するため、火薬を制作しようと考える千空の思惑を読み、材料を手に入れるためにどこを目指すかまで当ててしまいます。

復活液の成分についても、少しの情報だけで予想してしまうという知識量。

身体能力のみならず、賢さも持ち合わせた司は本当に最強な存在です。

記憶力もバツグン

頭もいい司は、記憶力にも優れています。

司は復活後、既得権益者を忌み嫌い、老人たちの石像をいくつも破壊してきました。

石の世界(ストーンワールド)では石像を壊すことは、人を殺めることと同義です。

しかし、司は壊した石像一人一人をしっかりと記憶していました。

「ただの一度も忘れたことなんてない」というほど、司は石像を覚えています。

もしかしたら、石像を壊したことに多少後悔を感じていたのかもしれません。

妹想いの司がかっこいい

司には、石化前の世界で脳死と診断された未来という妹がいます。

千空との取り引きによって、未来を探し出し復活させますが、ずっと寝たきりだった未来とは3700年ぶりの再会となります。

千空は、司に「既得権益者を嫌っていたのになぜテレビにたくさん出演していたのか」と聞きます。

その理由は、未来の治療費や入院費を稼ぐためでした。

未来は決して治ることのない症状ですが、それでも生命維持装置のためにずっと働き続けていたのです。

実はやさしい性格の持ち主

未来と再会した後、司は妹想いの兄であったことが分かります。

それまでも、たびたび司の優しさを感じられる場面がありました。

危険な薬品・硫酸を採取するため湖に行く千空。

後ろには、石神村を狙う氷月を含む司帝国の仲間もいました。

しかし、硫化水素のガスによって氷月以外の仲間は死んでしまいます。

その後、司は彼らの死を悼んでおり、仲間思いの優しい性格であると分かります。

最後まで千空を裏切らなかった司はかっこいい

司帝国と科学王国の戦いが収まった後は、司も科学王国の仲間として千空を武力でサポート。

アメリカ編ではゼノ・スタンリーたちと激しい戦争が起こります。

司は裏切ることなく、最後まで千空たちの科学王国の戦闘員としてコハクたちとともに戦います。

もう武力だけでは支配不可能となった石の世界。

それを目の当たりにしたからこそ、科学で世界をつくる千空を信じたのでしょう。

まとめ

  • 司は霊長類最強の高校生と呼ばれるほどの強さを誇る
  • 身体能力だけでなく、豊富な知識を持ち合わせている
  • 妹想い・仲間思いであり、根はとても優しい性格

司の強さには、敵として千空の前に立ちはだかった際は苦しめられました。

しかし、仲間になった後は心強い味方でもあり、科学王国の武力を引っ張る一人です。

頭の切れの良さと高い戦力をもつ司のかっこよさに何度も魅了されてしまいます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました