すずめの戸締まり鈴芽(すずめ)の父親はなぜいない?母親が生きてる説も考察

すずめの戸締まり

映画「すずめの戸締まり」で、主人公・岩戸鈴芽(いわとすずめ)には繰り返し見る夢があります。

子どもだった鈴芽(すずめ)が母親を探す夢です。

本編開始時点、すずめには父親も母親もいません。

鈴芽(すずめ)は生まれ故郷の岩手県から遠く離れた宮崎県で、叔母の環(たまき)さんと2人暮らし。

この記事では、すずめの家族に注目します。

なぜ鈴芽には父親がいないのでしょう?

また、母親の生存説についても考察します。

 

「すずめの戸締まり」岩戸鈴芽(すずめ)の家族構成

まず最初に岩戸鈴芽の家族構成を説明します。

岩戸鈴芽は叔母の環と2人暮らし

主人公の岩戸鈴芽は、宮崎県南部にある町で叔母の環(たまき)さんと2人暮らし。

環さんは、すずめの母親・椿芽(つばめ)の妹で、年齢は40歳。

岩手県で生まれ育った環さんは、学校を卒業すると地元を離れて宮崎県へ。

 

故郷から遠く離れた九州に行った理由は原作小説では不明。

宮崎での生活が長いせいか、言葉はすっかり宮崎弁で、岩手訛りは微塵もなし。

映画で環さんの声を担当する深津絵里さんは大分県出身なので、宮崎訛りの環さんを演じるのはピッタリかもしれませんね!

両親も祖父母も登場しない

「すずめの戸締まり」には、すずめの両親も祖父母も登場しません。

回想シーンに母親が登場するのみ。

母親は3・11で亡くなったとされていますが、父親については作中で描写がありません。

なぜなのでしょう?

 

岩戸鈴芽(すずめ)の父親はなぜいないのか?

「すずめの戸締まり」には、鈴芽の父親は一切登場しませんし、存在をほのめかす描写もありません。

なぜ鈴芽には父親がいないのでしょう?

すずめの家は最初から母子家庭

作品後半、すずめはダイジンの導かれるように、12年ぶりに岩手県に里帰り。

「小説すずめの戸締まり」では、この時初めて鈴芽の父親についての描写があります。

私たちは最初から母子家庭だった

引用元:小説すずめの戸締まり

鈴芽の父親についての描写についての描写は、小説にはこれだけ。

父親がいないことについて、4歳のすずめは寂しいと思ったことは一度もなかったとのこと。

すずめの母親は、父親の分もすずめに愛情を注いでいたのでしょうね。

なぜ最初から母子家庭だったのか?

ではなぜ鈴芽の家は”最初から母子家庭”だったのでしょう?

考えられる可能性を列挙します。

  • 母親は未婚のまま出産し、相手とは籍を入れなかった
  • すずめの記憶がない頃に、母親は父親と別れた
  • すずめの記憶がない頃に、父親が死亡した

気になるのは、鈴芽が4歳まで暮らしていた家は2階建ての一軒家だったということ。

すずめの母親が家を建てるなら、2階建ての家ではなく、平屋建てではないでしょうか。

母子ふたり暮らしですからね。

ということは、2階建ての家は岩戸椿芽の両親の家、つまり椿芽が生まれ育った家だった可能性が考えられます。

そして椿芽の両親は亡くなり、”最初から母子家庭”だったため、すずめは母親との二人暮らしになったのではないでしょうか。

新海誠監督作品には過去が不明なキャラクターは少なくない

新海誠監督作品には、過去が明らかになっていないキャラクターは少なくありません。

例えば「君の名は」の宮水二葉。

三葉と四葉の母親ですね。

小説では免疫系の病気にかかったことは描かれていますが、映画では死因も含めて病気についての詳しい描写はなし。

 

また「天気の子」の天野陽菜と凪には父親がいませんが、いない理由は不明。

病死なのか、それとも離別なのかについて、小説でも映画でも説明はありませんでした。

同様に、陽菜の母親の病気についても説明はなし。

キャラクターの過去を明かさないのは、新海監督なりの理由がきっとあるはず。

できればどこかでその理由を明かしてほしいですね。

岩戸鈴芽(すずめ)の母親は生きているのか

ファンの中には、「すずめの母親は生きている」という説を唱える方がいるようです。

ここでは母親生存説を考察します。

母親は震災で亡くなる

岩戸椿芽(いわとつばめ)は2011年3月11日の震災で亡くなります。

すずめが4歳のときでした。

 

3・11の当日、看護師として病院で働く岩戸椿芽は、勤務先の病院で被災。

地震が起きたとき、保育園にいたすずめは園の先生に連れられて近くの小学校へ避難し、そこで10日ほど過ごします。

この間、おにぎりとパン、カップラーメンの食事が続いたことを鈴芽は覚えているとのこと。

そして、他の園児たちは父親や母親が迎えに来て家に帰っていきますが、すずめには誰も迎えが来ませんでした。

叔母の環に引き取られ宮崎県へ

ある日、宮崎県に住む叔母の環がやってきて、「うちの子になりなさい」と言い、すずめを宮崎県に連れていきます。

すずめの母親が死亡したからです。

母親がどんな最期を迎えたか、小説・映画では不明ですが、当時の状況を考えると、津波に巻き込まれた可能性が考えられます。

 

なお小学校に避難中の鈴芽は、毎日暗くなるまで母親を探して街を歩きます。

母親が見つかることはありませんでしたが、このとき鈴芽は偶然にも後ろ戸を通り、常世へ。

そして母親と思われる女性(実際には17歳の自分)に会ったのです。

鈴芽の母親は生きているのか?

すずめの母親が生きていると考察する方もいるようですが、死亡したと考えて間違いないでしょう。

岩戸椿芽は身元も勤務先もはっきりしています。

住所不定のホームレスならまだしも、身元がしっかりしている方の安否が不明ということはあり得ません。

消防や警察も行方不明者や死亡者を捜索するために懸命に動いていたので、すずめの母親の遺体も発見されたのだと思われます。

 

ただし小説にも映画にも母親の最期は描写されておらず、葬儀や遺骨についての説明もありません。

どこかで明らかになるといいですね。

両親は蝶々(ちょうちょ)になって鈴芽を見守っている?

映画のオープニング、常世に迷い込んだ4歳の鈴芽が描かれています。

そのとき17歳の鈴芽が現れますが、そばには2羽の蝶々が舞っていましたね。

また夢から覚めた鈴芽のそばにも2羽の黄色い蝶々がいました。

芹澤の車が道路わきに落ちた場面でも、最後の常世のシーンでも2羽のチョウが飛んでいました。

 

蝶々には何らかの意味があるはずですが、死んだ鈴芽の両親が蝶々になって、鈴芽を見守っていると考えることもできます。

2羽のチョウについては、以下の記事で考察しています。

 

まとめ

「すずめの戸締まり」の岩戸鈴芽に父親がいない理由や、母親生存説について考察しました。

  • 岩戸鈴芽は叔母の環と2人暮らしで、両親はいない
  • 父親は死亡、または離婚、あるいは母親が籍を入れずにすずめを出産したため、いないと思われる
  • 看護師だった母親は、勤務先に病院で被災して死亡したと考えられる
  • 母親生存説があるが、死亡したと考えた間違いない

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました