すずめの戸締まり黄色い蝶々(ちょうちょ)の意味は?鈴芽の両親なのか考察

すずめの戸締まり

2022年11月公開の映画「すずめの戸締まり」。

主人公・岩戸鈴芽(いわとすずめ)の成長と恋愛を描くファンタジーです。

さて映画「すずめの戸締まり」には、蝶々(ちょうちょ)が登場するシーンがしばしば描かれています。

特に気になるのは、鈴芽の側に飛んでいる2頭(蝶々は1羽、2羽ではなく、1頭、2頭と数えるのが正しいとのこと)の黄色い蝶々。

キアゲハのように見えますが、どんな意味があるのでしょうか?

何かの象徴なのでしょうか?

今回は「すずめの戸締まり」に描かれている2頭の黄色い蝶の意味について考察します。

 

「すずめの戸締まり」2頭の黄色い蝶々はどこに登場する?

まず最初に、2頭の黄色い蝶々(キアゲハ?)が登場したシーンを振り返ります。

4歳の鈴芽の前に17歳の鈴芽が現れたシーン

映画の冒頭、母親を探すうちに偶然にも後ろ戸を通り、常世(とこよ)に入り込んだ4歳の鈴芽の姿が描かれています。

するとその前に17歳の鈴芽が姿を現しますが、鈴芽のそばには2頭の蝶々が。

4歳の鈴芽が「おかあさん」と呟くと、鈴芽は夢から目覚めます。

なお映画では説明されていませんが、鈴芽はこの夢を何度も見ています。

鈴芽の部屋でのシーン

夢から目覚めた鈴芽のすぐそばで、2体の蝶々が舞っています。

夢の中にいた蝶々と同じだと思われます。

「鈴芽、起きたー?」という1階からの環さんの声に対して、鈴芽は「起きたー」と大声で返答。

すると夢の余韻はすっかり消えているのでした。

芹澤の車が道路わきに落ちたシーン

目的地まであと20㎞まで来たところで、サダイジンがしゃべったことに驚いた芹澤は、ハンドル操作をミス。

車は道路わきにゆっくりと転落していきます。

このときも車のそばに2頭のチョウが舞っていましたね。

17歳の鈴芽が4歳の自分を見つけ対話するシーン

映画の終盤、鈴芽と草太は常世でミミズに要石を刺すことに成功。

その後、鈴芽は4歳の自分を発見し、近づいていきます。

このとき鈴芽のそばには、黄色の蝶が2体いました。

映画序盤の常世のシーンを再現しているかのようでした。

 

作中の多くのシーンで蝶が登場

前で解説した3つのシーン以外に、「すずめの戸締まり」には蝶が描かれている場面がいくつもあります。

映画を1回見ただけなので、詳しくは覚えていませんが、鈴芽の愛媛滞在中にもありましたし、鈴芽の故郷でも蝶がいたと記憶しています。

 

参考までに、私が記憶する限り「小説版すずめの戸締まり」には蝶についての描写はありません。

では、映画で描かれている蝶にはどんな意味があるのでしょうか?

意味がなく、漠然と描かれていることはないはずです。

2頭の黄色い蝶々の意味は鈴芽の両親なのか考察

2体の黄色い蝶々について、映画では特に説明はありません。

そこで、ここで正体・意味について考察します。

個人的には、2羽の蝶々には以下のことを意味しているのではと考えています。

  1. 鈴芽の両親
  2. 生と死

それぞれ考察します。

鈴芽の両親

2頭の蝶々は、鈴芽の両親を意味しているという説。

作中には鈴芽の両親は登場しません。

看護師として病院で働いていた鈴芽の母親は、2011年3月11日の震災で死亡。

鈴芽が4歳の時でした。

母親は津波で亡くなったと推測できます。

鈴芽の父親については、作品でまったく描かれていません。

小説に「ずっと母子家庭だった」「父親がいないことを寂しく思ったことはない」という情報があるだけです。

 

でも父親も死んでいると仮定すると、両親は蝶の姿になり、鈴芽を見守っていると考えられます。

スピリチュアルな観点からみると、蝶は魂の象徴なんだとか!?

もしかすると鈴芽の両親は蝶の姿になり、鈴芽のことを見守っているのかもしれません。

生と死

2体の蝶々は、生と死を表現していると考えることもできます。

「すずめの戸締まり」には、生と死に関する描写がいくつも登場します。

大震災を扱った映画ですし、閉じ師という仕事は命をかけた仕事だからです。

草太や草太の祖父が「君は死ぬのが怖くないのか?」と鈴芽に尋ねるシーンもありますし、草太が常世で「死は常に隣り合わせであると分かっています」という場面もありますし。

 

人の命を扱った映画だけに、生と死という対極にある2つのものを表現する意味で、2体の蝶をえがいたのかもしれません。

それでもやはり「鈴芽の両親」説の方が強いと考えられますが・・・。

「すずめの戸締まり」の蝶々についてのネットの声

蝶について気になっている方は多いですが、はっきりをした意味をつかめている方はいないようですね。

 

まとめ

  • 「すずめの戸締まり」には蝶が登場する場面がいくつもある
  • 2匹の黄色い蝶々は鈴芽の両親ではないか
  • 2匹の黄色い蝶々は生と死を表しているのではないか

蝶について何か新しいことがわかったら記事を修正します。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました