「約ネバ」ソンジュの正体は?女王やレウウィスとの関係やエマの敵かについても

約束のネバーランド

「約束のネバーランド」に登場するソンジュとムジカ。

グレイス=フィールド脱走後、追手の鬼に追われたエマたちを助けます。

その後ソンジュとムジカは子どもたちに食事を作ったり、外での生活について知識を教えたりなど、エマたちと友好的な関係を築いていきます。

ところで自分たちのことを「異端者」と称するソンジュは一体何者なのか、その正体が気になります。

そこでここでは以下の3点についてまとめました!

  • ソンジュの正体は?
  • ソンジュと鬼の女王レグラヴァリマやレウウィス大公との関係を解説
  • ソンジュはエマたちの敵か味方か?

なおこの記事にはネタバレがあります。

「約束のネバーランド」(約ネバ)ソンジュの正体を解説

ソンジュは人間を食べない鬼

結論を書くと、ソンジュは「人間を食べない鬼」です。

「人間を食べなくても生きていける鬼」と表現することもできます。

劇中ではソンジュと一緒に行動していたムジカが「私達は人間を食べない。だからあなた達のことを食べるつもりはないのよ。安心して」とエマに話していました。

鬼という生き物は人間を食べるもの、と考えていたエマはムジカの話を聞いて驚きますが、ムジカが話したことは紛れもない事実。

ソンジュとムジカは人間を食べないのです。

ソンジュが人間を食べない理由

レイから人間を食べない理由を尋ねられたソンジュは「宗教上の理由さ。信仰のために人間は食わないと決めている」と説明します。

ソンジュは食事の前に「御恵み清き糧、今この争いを祝わん。天と地、命に感謝し」と手を合わせ、神に感謝し、食事をします。

 

ただソンジュは宗教上の理由で食べないだけで、人間の肉は食べたことはあるようです。

その証拠にB06-32へ向うエマたちを見送ったソンジュは「もう一度食いてぃなぁ。腹一杯人間をよ」とムジカに話していました。

信仰上の理由で食べられないのはグレイス=フィールドなどの農園で飼育された人肉のことで、天然物、つまり野生の人間ならばソンジュは食べることは教義には反しないようです。

ただエマたちがいる世界には農園で育てられた人間しかいないので、ソンジュは人間を食べることはないのです。

そもそも鬼とはどんな存在か解説

引用元:「約束のネバーランド」14巻

ソンジュとムジカは人間を食べない鬼、食べなくても生きていける鬼であることは説明しましたが、ここで鬼とはどんな存在なのかについて解説します。

ノーマンによると、鬼とは「形のない怪物」とのこと。

おそらくは最初「細菌」に似た何かだったものが分裂により数を増やし、何かを食べることでその遺伝子を取り込み、形質を受け継ぎながら進化していきます。

虫を食べては虫のような何かに、魚を食べては魚のような何かに、のように様々な形へと。

 

やがて人間を食べた鬼はヒトに似た姿と高度な知能、言葉や文化を短期間のうちに獲得。

しかし急速な進化の代償として、鬼たちは人肉を食べ続けなければその形質を保つことはできなくなります。

鬼が人間を食べる理由はヒトを食べなければその形も知能も保つことができないからなのです。

なぜソンジュは人肉を食べなくても姿や知能を保つことができる?

引用元:「約束のネバーランド」15巻

なぜソンジュとムジカは人肉を食べなくても人間に似た姿や形、高度な知性や人間の言語を保つことができるのでしょうか?

実はソンジュと行動を共にするムジカは、突然生まれた「邪血の少女」と呼ばれる超特異個体で、生まれて一度もヒトを食べたことがない鬼なのです。

700年前に初めて存在が確認されたムジカは、当時の飢餓の村に現れた救世主でした。

なぜならわずかな血を分けるだけで、人間を食べなくても生きられる鬼になることができたからです。

その後ムジカの血をもらった村の鬼たちは、飢えを脱して全滅を免れることができたとか。

どうやらソンジュも「邪血の少女」の血をもらい、人間を食べなくても人間レベルの知能や姿を保つ特異体質を手にしたようなのです。

ソンジュが旅をする理由を解説

やがて「邪血の少女」の噂は鬼の王や貴族の知るところとなり、調査が行われます。

そして王家や上流貴族の五摂家は「邪血の少女」の体質を引き継いだ鬼をすべて捕らえ殺害。

鬼の間に格差を作り、鬼の社会全体を支配するためには、人間の肉を食べなくてもよい「邪血の少女」の体質を持つ鬼は邪魔だったからです。

 

記録ではムジカも殺され食べられたことになっていましたが、本当は逃げて生き延びており、現在でも王家や五摂家に命を狙われています。

ソンジュがムジカと旅をしている理由も、王家や五摂家から逃れるためなのです。

ソンジュと女王レグラヴァリマやレウウィス大公との関係を解説

ここではソンジュと鬼の女王レグラヴァリマ、ソンジュとゴールディ・ポンドでエマたちと戦ったレウウィスとの関係を解説します。

ソンジュと女王レグラヴァリマの関係

結論を書くと鬼の女王レグラヴァリマとソンジュは姉弟です。

この事実は単行本18巻で明らかになります。

王都での戦いで女王の前に現れたソンジュは「女王、あんたは今日ここで俺が殺す」と言い放ちます。

これに対してレグラヴァリマは「殺す?お前が私を?げに愚かな弟よ」と答えます。

レグラヴァリマにとって弟のソンジュは、王家に生まれながら古き信仰に囚われ、「邪血の少女」ムジカと共に逃げた裏切り者。

一方、ソンジュにとって姉のレグラヴァリマは、私欲のために守るべき道理の背き、邪血の力を独占した裏切り者。

お互いに敵対する気持ちを持っていることがわかります。

ソンジュとレウウィス大公の関係

ゴールディ・ポンドの狩猟場で食用児刈りを楽しんでいたレウウィスは鬼の王家出身の五男。

つまりレウウィスはソンジュの弟であり、女王レグラヴァリマの弟でもあります。

ただし王家出身と言っても、レウウィスは女王レグラヴァリマとは立場を異にしており、王家や五摂家が邪血を独占し、格差を生み、鬼の社会を支配することには反対しています。

その証拠に単行本19巻ではソンジュとムジカを「民を救わんとした英雄」と民衆に説きます。

このことがエマたち食用児が開放されることに大きく貢献します。

ソンジュはエマたち食用児の敵か味方か?

引用元:「約束のネバーランド」6巻

ソンジュはB06-32へ向かうエマたちを見送ったあと、ムジカに「お前は食ったことも食う必要もねぇからわからねぇのさ、ムジカ。天然物なら俺は食うぜ。天然物が増えればいずれそいつらを狩って食える。もう一度食いてぃなぁ。腹一杯人間をよ」と話します。

ソンジュはエマたち食用児の敵になることはあるのでしょうか?

ソンジュはエマの敵か味方か?

結論を書くとソンジュもムジカもエマたちの敵になることはなく、最後まで味方のままです。

ソンジュはエマたちを狙う野良鬼を退治したり、女王打倒に協力したり。

また寺院の大僧正を自分たちの邪血で復活させ、王位につけることで鬼の社会の格差をなくし、食用児を解放しようとします。

この姿勢は最後まで変わることはありません。

またムジカも最後までエマたちの味方です。

鬼ですが、ソンジュとムジカはどうやら特別な存在のようですね。

まとめ

ここでは「約束のネバーランド」に登場するソンジュについてまとめました。

  • ソンジュは人間を食べない、食べなくても生きていける鬼
  • 宗教上の理由で人間の肉は食べないが、過去には食べたことがある
  • ソンジュは「邪血の少女」ムジカから血液をもらったため、人間を食べなくても生きていけると考えられる
  • ソンジュとムジカは王家や五摂家から追われているため旅をしている
  • ソンジュはレグラヴァリマ女王の弟であり、レウウィス大公の兄
  • ソンジュはエマたち食用児の味方

最後まで読んでいただきありがとうございました!

約ネバ関連記事
約ネバアニメ2期は原作マンガの何巻まで?続きや3期についても

ムジカの正体は邪血の少女?ソンジュとの関係やかわいい魅力についても

ミネルヴァの正体は敵?死亡やノーマンとの関係についても

もう一つの約束とは?エマが結び直した内容とご褒美・代償についても

おじさんの名前はユウゴ!年齢やルーカスとの関係・死亡についても

ゴールディポンド編結末ネタバレ!キャラやエレベーターについても 

エマがうざいしムカつく!嫌いなのは偽善者だから?

鬼の正体とは?人間を食べる理由や倒し方についても

イザベラはいいやつか敵か?その後や泣ける結末についても

鬼の頂点のあの方の正体とは?約束やごほうびについても

ノーマンは出荷後生きてるか死亡か?目的や黒幕説を解説

アダムの正体は?数字の意味や消えた理由についても

レウウィスとバイヨン卿は死亡?生きてる可能性を考察

タイトルとURLをコピーしました