「転スラ」アニメ2期は何クール・何巻まで?原作小説・マンガの内容から考察

伏瀬さんによる小説「転生したらスライムだった件」(転スラ)。

2018年10月~2019年3月にアニメ1期が放送され人気になり、2021年1月からはアニメ2期が放送開始予定です。

そこでここでは「転スラ」アニメ2期は原作小説やマンガの何巻までが放送されるのか、考察します。

何クールで放送されるかについても解説します。

「転スラ」アニメ1期は原作小説・マンガのどこまで放送された?

アニメ1期はリルムがシズの教え子の短命の魂を救ったところまで

「転スラ」アニメ2期がどこまでに内容が放送されるか考察する前に、アニメ1期が原作小説やマンガのどこまで放送されたかについて振り返ります。

アニメ1期では、リルムがシズの5人の教え子の短命の魂を救います。

そしてリルムがランガにまたがり、ジュラ・テンペスト王国に向かい出発するところまでが描かれました。

この内容は

  • web版:64話
  • 小説版(ライトノベル):4巻
  • マンガ:11巻

までの内容に相当します。

したがってアニメ2期はweb版65話、小説版5巻、マンガ12巻から放送されることになります。

「転スラ」アニメ2期は何クールで放送されるか解説

「転スラ」公式サイトでは、アニメ2期は1部・2部の分割2クールで放送されることがすでに発表されています。

放送スケジュールは以下の通り。

  • 「転生したらスライムだった件 第2期」第1部:2021年1月~3月
  • 「転生したらスライムだった件 転スラ日記」:2021年4月~6月
  • 「転生したらスライムだった件 第2期」第2部:2021年7月~9月

4月~6月の「転スラ日記」はどのような内容が描かれるかはわかりませんが、サイドストーリーのようなものになるのではないでしょうか。

いずれにして2021年は9月連続で「転スラ」が楽しめます。

ファンにとってはたまらないですね!

「転スラ」アニメ2期は原作小説・マンガの何巻まで放送されるか考察

ここからは「転スラ」アニメ2期が原作小説・マンガのどこまでが放送されるか、考察します。

「転スラ」はweb版、小説版、マンガの内容が微妙に異なっており、特に話が進むにつれて違いが大きくなっていきます。

そのためアニメ2期の範囲を予想するのはむずかしいのですが、それでもあえて予想します。

ここでは便宜上、アニメ2期第1部(2021年1~3月放送)と第2部(2021年7~9月放送)にわけて予想します。

アニメ2期第1部の放送内容を予想

アニメ1期第1部(1月~3月)ではここまでが放送されると予想します。

  • web版:83話「八星魔王」
  • 小説版:6巻終章「聖なる場所で」
  • マンガ版:追いついていない

ごくかんたんに内容を解説すると、ジュラ・テンペスト建国により国益が損なわれたファルムス王国がテンペストに侵攻。

テンペストの住民の多くが殺されたことに怒ったリルムが魔王に進化し、死んだ住民を蘇らせます。

その後魔王達の宴が開かれ、リルムはクレイマンを倒し、魔王として認められます。

さらにその後、ヒナタ・サカグチが聖騎士100人を引き連れてジュラ・テンペストに攻撃を仕掛けますが、リルムはこれも退け、ヒナタと和解。

ヒナタを影から動かしていた七曜老師たちも粛清されます。

1部ではここまでが描かれると予想します。

アニメ2期第2部の放送内容を予想

アニメ1期第2部(6月~9月)はここまでが描かれると予想します。

  • web版:119話「迷宮運営の楽しみ」
  • 小説版:9巻終章「強欲の炎」
  • マンガ版:追いついていない

ごくかんたんに内容を解説すると、リムルとヒナタの和睦が成立した後、リムルは魔王就任を祝賀する「開国祭」の式典の開催の準備に入ります。

またラミリスが中心となり、テンペストの地下にダンジョンを作り国外から冒険者を集めたり、コロッセオを建設し、武闘会を開催する計画も立てます。

計画は順調に進み、開国祭も無事に行われ、周辺国との関係を築いていきます。

武闘会も開催され、冒険者にダンジョンも開放されます。

第2部ではここまでの内容が放送されると予想します!

アニメ2期はweb版ではなくライトノベルよりで放送されることを予想

あくまで個人的な印象ですが、「転スラ」アニメ2期で放送される内容は、「小説家になろう」に掲載されている内容(いわゆるweb版)ではなく、web版を大幅に加筆修正したライトノベル版が元になると考えています。

前にも書きましたが、「転スラ」のweb版とライトノベル版の内容はかなり違います。

特に話が進むにつれてその違いは大きくなります。

あたりまえですが、加筆修正されたライトノベル版のほうが洗練されています。

よってより洗練されたライトノベル版をベースにしてアニメ2期は作られるのではないでしょうか。

まとめ

ここでは2021年1月放送開始の「転スラ」アニメ2期は原作マンガや小説のどこまで放送されるか、考察しました。

  • 「転スラ」アニメ2期は2部制2クールで放送される

アニメ1期第1部(1月~3月)は以下の範囲まで放送されると予想

  • web版:83話「八星魔王」
  • 小説版:6巻終章「聖なる場所で」
  • マンガ版:追いついていない

アニメ2期第2部(7月~9月)は以下の範囲まで放送されると予想

  • web版:119話「迷宮運営の楽しみ」
  • 小説版:9巻終章「強欲の炎」
  • マンガ版:追いついていない

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
「転スラ」魔王一覧!八星魔王(オクタグラム)との違いや覚醒魔王についても

「転スラ」ヒナタ・サカグチの強さを解説!ユウキとの関係や死亡するかについても

「転スラ」シオンは死亡後生き返る?進化や能力・強さについても解説

「転スラ」ユウキ・カグラザカの正体は黒幕でラスボス?最後死亡するかについても

「転スラ」ファルムス王国は滅亡する? 田口省吾ら異世界人やその後についても

「転スラ」ディアブロの正体は何者?原初の黒や強さ・裏切りの可能性についても

「転スラ」ミリムの強さは最強なのか考察?正体や操られる理由についても

「転スラ」クレイマンの強さや目的は?ミリムとの関係や最後死亡するかについても

「転スラ」リムルはなぜ強い?スキルや魔王化(覚醒)の理由についても

タイトルとURLをコピーしました