転スラのアピトの初登場は小説・マンガの何巻?強さや能力についても

転生したらスライムだった件

「転生したらスライムだった件(転スラ)」に登場するアピト。

主人公・リムルの仲間の一人です。

蜂の姿をした魔物で、ゼギオンと一緒にリムルに保護されました。

初登場時はか弱い魔物でしたが、リムルの元で急激に進化。

強力な魔物に成長します。

ここではアピトの初登場は小説・マンガの何巻なのか解説します。

また強さと能力についてもまとめました。

 

「転スラ」アピトの初登場は小説・マンガ・アニメの何巻?

小説:3巻3章に初登場

アピトは、原作小説では3巻3章に初登場しています。

といっても、リムルが森で保護したという話が少しあるだけ。

ですがアピトのハチミツは特別製で、リムルはテンペストの名物になると判断します。

そのためハチミツを集めてもらう代わりに、テンペストに住むことになりました。

この時点では、戦闘能力はほとんどなかったのです。

マンガ:6巻30話に初登場

マンガ版では、6巻30話で初登場しています。

登場の仕方は、小説版とほぼ同じで、リムルの回想シーンのみ。

最初は目立たない、可愛いだけの存在だったんです。

アニメ:転スラ日記第9話に初登場

アニメ:転スラ日記では、第9話に初登場しています。

ゼギオンと2人でハチミツを集めていました。

そこまではとてもほのぼのとしたシーンだったのですが、そこにハチミツを盗み食いしにきたミリムが登場。

ミリムは親しげに肩を組んでアピトにハチミツをくれとねだります。

まるっきりカツアゲするヤンキー高校生です。

アピトは、リムルに納品する大事なハチミツを守ろうとしますが、あまりの恐怖にガタガタ震えていました。

とても可哀そうな姿です。

「転スラ」アピトの基本情報

元々は体長30cmほどの蟲型魔獣

アピトは、初登場したときは体長30cmほどの蟲型魔獣でした。

かわいらしいミツバチのような姿をしています。

しかし、それはまだ幼体だったから。

実はアピトは、軍団蜂(アーミーワスプ)という強力な種族だったのです。

軍団蜂(アーミーワスプ)は、女王バチを中心とした群れを形成し、一体一体も強力ですが集団では手の付けられない魔物になります。

アピトは、その中でも女王バチの幼体でした。

リムルの庇護下で強力な魔物に成長

アピトは成長し成体になると、それだけで人類から恐れられる強力な魔物になります。

しかもリムルに保護され、リムルの名付けとギフトの恩恵で、さらに強力な魔物へと進化していきました。

さらに、ラファエルさんによって体表面を魔鋼でコーティングしてもらいます。

戦闘技術は、ヒナタ・サカグチに教わります。

結果として、リムル陣営でもトップクラスの戦闘力を獲得したのです。

ゼギオンの妹的存在

アピトは、一緒に保護されたゼギオンの妹のような存在です。

リムルに保護される前から、アピトはゼギオンに守ってもらっていました。

お互いに信頼し合っている、恋人同士に近い関係といってもいいでしょう。

79階層の領域守護者

アピトは迷宮十傑の一人に任命されて、迷宮の79階層の守護者になります。

迷宮十傑は、テンペストの迷宮を守護する守りの要。

迷宮守護者の中でも、上位に位置する存在です。

もっとも、リムルの気分や話し合いで変更されるので、階数に意味はあまりないのですが。

アピトの能力や強さを解説

究極贈与:女王崇拝(プロセルピナ)

アピトは究極贈与(アルティメットギフト):女王崇拝(プロセルピナ)を所有しています。

究極贈与:女王崇拝は、同名のユニークスキル女王崇拝(ハハンルモノ)が強化されて誕生しました。

ユニークスキルだったころは、「魔蟲誕生」という能力があり、その力で9体の眷属を生み出しています。

その眷属がさらなる眷属を生み出し、強力な魔蟲の軍勢を創り出せるのが女王崇拝(プロセルピナ)の能力。

究極贈与に進化する際に、「魔蟲誕生」の能力は失いましたが、代わりに単体での戦闘能力が大幅に向上しています。

1,000匹以上の軍団蜂(アーミーワスプ)を配下に置く

アピトは、1,000匹以上の軍団蜂(アーミーワスプ)を眷属にしています。

戦闘の際には、眷属のアーミーワスプの先頭に立って戦います。

一匹一匹でも強力なアーミーワスプの軍団を率い、さらにアピト自身も毒針をはじめとした高い戦闘能力を所持。

当然、生半可な戦闘能力では手の付けられない相手です。

ヴェノムを圧倒する強さを持つ<h3>

アピトはヴェノムを圧倒する強さを持っています。

ヴェノムは、ディアブロの配下の悪魔です。

悪魔という、元々強力な種族であり、あのディアブロに認められるだけの素質(面白そうなだけ?)を持っています。

しかし、迷宮での修行ではアピトには全然勝てませんでした。

アピトの強さが良くわかります。

まとめ

ここではアピトの初登場は小説・マンガの何巻なのかや、強さと能力について解説しました。

  • アピトの初登場は小説は3巻3章、マンガは6巻30話、アニメ転スラ日記では第9話
  • 初めは小さな蟲型魔獣で、ゼギオンと一緒にリムルに保護された
  • 成長と進化を遂げ、迷宮十傑に任命される
  • 究極贈与(アルティメットギフト)女王崇拝を持ち、1,000匹の軍団バチ(アーミーワスプ)を従える女王

アピトは、ゼギオンと一緒にリムル陣営の戦闘で活躍する人材です。

初めのうちは可愛いだけですが、とても強くなります。

その活躍に注目しましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました