「転スラ」ハクロウの強さやスキルは?天空眼や娘のモミジについても

転生したらスライムだった件

「転生したらスライムだった件(転スラ)」に登場するハクロウ。

かなりの高齢にも関わらず、ハクロウは剣術と体術の達人です。

テンペストでは指南役として、ゴブタらを徹底的に鍛え上げています。

そんなハクロウはどのくらいの強さがあるのでしょうか?

ハクロウの強さやスキル・技を解説します。

またハクロウは過去にテング族の長老と恋仲になり、娘を作っていたこともわかっています。

ハクロウの娘・モミジについてもご紹介します。

 

「転スラ」ハクロウの基本情報

ハクロウのプロフィール

  • 名前:ハクロウ(白老)
  • 種族:大鬼族→鬼人族→妖鬼
  • 称号:剣鬼

もともとハクロウはオーガ里の家臣でした。

しかしオークロードに故郷を滅ぼされてしまったため、ベニマルやシュナらとともに放浪し、やがてジュラの森へ。

そこでリムルと出会い、名付けをしてもらったハクロウは鬼人族(キジン)へと進化。

見た目が若返り、肉体能力も大幅にアップし、寿命も長くなりました。

リムルに仕えることになったハクロウは、家臣最強の剣術使いの腕前を生かし、ホブゴブリンたちやガビルに剣術を指南することに。

なお後にリムルが覚醒魔王になったときには、ハクロウは鬼人族から妖鬼へと進化します。

大鬼族と人間の混血

ハクロウは人間と大鬼族の混血です。

400年前にこの世界に召喚された異世界人・荒木百夜(アラキビャクヤ)の孫に当たるハクロウには、人間の血が1/4流れています。

なお荒木百夜という人物は「剣鬼」の異名を持つ剣豪で、召喚後は大鬼族たちに剣術や体術を指南していたとか。

ハクロウ自身も祖父である荒木百夜から指導を受けていたといいますから、強いのは当然かもしれませんね。

次ではそんなハクロウの強さを解説します。

「転スラ」ハクロウの強さ・スキルや天空眼を解説

剣術の達人

荒木百夜の血を引くハクロウは剣術と体術の達人です。

ハクロウが最初に強さを見せたのは初登場時のリムル戦。

魔力感知をかいくぐり、体重結界と身体装甲を破り、リムルの右腕を剣で切断。

剣術のみの強さでいえばハクロウの魔物ランクは「特A級」以上。

ドワーフ王国のガゼル王にも剣術の指導をしたことがあるほど。

ちなみに朧流という流派を受け継いでいるハクロウの必殺技は「朧・地天轟雷」。

弟子であるガゼル王も「朧・地天轟雷」を身につけており、リルムとの勝負で使っていました。

そんなハクロウは剣術のみであれば魔王とも互角に渡り合える力を持っており、リムルでさえも剣術と体術ではハクロウに敵わないとのことです。

ユニークスキル「知覚1000倍」

「知覚1000倍」は、ハクロウが鬼人族に進化した時に目覚めたユニークスキル。

生物に備わっている感覚をより鮮明に、より瞬時に把握することができるスキルです。

「知覚1000倍」を身に着けたことにより、ハクロウは接近戦においてさらに強さを増すことになります。

剣術と体術を得意とするハクロウにピッタリのスキルと言えるでしょう。

ユニークスキル「武芸者(キワメルモノ)」

「武芸者」は、リムルが覚醒魔王になったときにハクロウが獲得したユニークスキル。

  • 思考加速
  • 超加速
  • 未来予測
  • 秘伝

以上4つを行使することで、ハクロウは未来予知をすることが可能。

接近戦でさらに強みを発揮できるようになりました。

天空眼

天空眼(てんくうがん)はユニークスキル「武芸者」に含まれる能力。

アニメ第34話、ファルムス王国のキョウヤ・タチバナ(橘 恭弥)と向かい合った時、ハクロウの額に現れた第三の目が天空眼です。

自分を中心として周囲360度を俯瞰したり、相手を解析したり、動きを読んだりすることが可能。

キョウヤ・タチバナも周囲の動きを300倍の速さで認識できる天眼というエクストラスキルを持っていますが、天空眼は天眼をさらに上回る能力があります。

 

ハクロウは天空眼を持つことで、東の帝国のロイヤルナイト(帝国皇帝近衛騎士)団長であるタツヤ・コンドウ(近藤達也)の抜刀術に対応することが可能になります。

ハクロウの娘・モミジについて解説

ここではハクロウの娘のモミジについて解説します。

テング族の長老と恋仲に

約300年前、ハクロウの祖父・荒木百夜はオーガの里で、テング族のカエデに剣の指導をしていました。

カエデは兄弟子だったハクロウと恋仲になり、一夜限りの契を経て、オーガの里を去ります。

こうして生まれたのがモミジですが、ハクロウは自分に娘がいたことを長い間知りませんでした。

ハクロウに娘がいることは小説8巻で明らかになりますが、これを読んだときにはすごく驚きました!

モミジとは?

ハクロウとカエデの娘・モミジは、テング族の長老であるカエデの代理を務める女性。

プライドが高く自信家で、激しい気性の持ち主。

「天狼覚」というエキストラスキルを持ち、幻覚や幻術を無効化することができます。

アニメ2期までではまだ登場していませんが、小説の挿絵で見るとかわいいタイプと言えそうです。

 

父親のハクロウはそんなモミジにメロメロ。

普段のきびしさからは想像できないほどモミジには甘く、時にはデートをしたり、モミジの希望を叶えて自分の弟子にしたりしています。

ベニマルに一目惚れ?

小説8巻、街道建設への理解を求めるため、リムルの代理としてベニマルがテング族の隠れ里を訪問。

モミジはベニマルに一目惚れしてしまいます。

300年前、モミジの母親・カエデもハクロウに一目惚れしたとのこと。

一目惚れは母娘の体質なのかも!?

ベニマルと結婚?

テング族の長老・カエデは、街道建設の条件としてモミジとベニマルの結婚をテンペスト側に要求。

しかしプライドが高いモミジは、自分の力でベニマルの気持ちをつかむと宣言し、テンペストへ。

ここで初めてハクロウと対面したモミジは、ハクロウに弟子入り志願。

同時にベニマルと結婚すると表明します。

その後のモミジはシュナに料理を習うなどして、ベルマルの妻の座をアルビスと争います。

そしてモミジはアルビスとともにベニマルの妻に。

恋愛に奥手で、結婚に前向きでなかったベニマルの心をとらえることに成功するのでした。

まとめ

「転スラ」のハクロウについて解説しました。

  • 人間と大鬼族の混血であるハクロウは、リムルに名付けされ鬼人族になる
  • 剣術と体術の達人で、テンペストではゴブタらに指導している
  • 接近戦で強みを発揮するユニークスキル「知覚1000倍」「武芸者」や「天空眼」を持つ
  • ハクロウはテング族にモミジという娘がいる
  • ベニマルに一目惚れしたモミジは、ベニマルにアタックしやがて結婚する

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

関連記事
「転スラ」魔王フレイの強さやスキルは?ワルプルギスでの従者やその後についても

「転スラ」ベレッタの正体や素顔は?強さやディアブロとの関係についても

「転スラ」シュナ(朱菜)がかわいい!スキルや強さ・死亡や結婚についても

「転スラ」ヒナタvsリムルの戦いの結末は?再戦や密告者・和解についても

「転スラ」竜種4体まとめ!ヴェルドラの兄弟とミリムとの関係も解説

「転スラ」ヴェルドラ復活後の人型がかっこいい!強さやスキルについても

「転スラ」ベニマルはモミジと結婚する?もう一人の嫁や子供についても

「転スラ」ミュウランがかわいい!ヨウムとの恋愛・結婚や子どもについても

「転スラ」原初の悪魔7体一覧!色や強さランキングについても

「転スラ」アダルマンの正体は?強さやシュナに負けたその後についても

タイトルとURLをコピーしました