「転スラ」ダグリュールの強さやスキルは?息子や裏切りについても

転生したらスライムだった件

「転生したらスライムだった件(転スラ)」に登場するダグリュール。

巨大な体を持つダグリュールは十大魔王(後の八星魔王)の一柱。

いかにも強そうですが、どのくらいの強さがあるのでしょうか?

今回はダグリュールの強さやスキルを解説します。

ダグリュールの3人の息子や最後の裏切りについてもまとめました。

 

「転スラ」ダグリュールの基本情報

  • 名前:ダグリュール
  • 種族:巨人族(ジャイアント)
  • 支配地:ダマルガニア
  • 二つ名:大地の怒り(アースクエイク)

十大魔王(後の八星魔王)の一人であるダグリュール。

4番目に魔王になったダグリュールは第2世代の魔王に分類されます。

大きな体といかつい顔つきが印象的。

巨大な体に比例するように魔素量も膨大で、その魔素の量は竜種に匹敵するとも。

ただ性格は冷静かつ穏やかで、決して暴力的ではありません。

冷静な判断力も持ち合わせた魔王です。

「転スラ」ダグリュールの強さやスキルを解説

ヴェルドラと引き分けた強さ

リムルが初めて参加したワルプルギス(魔王たちの宴)の直前、ヴェルドラが「何度か喧嘩したが勝負はついていない」と言うシーンがあります。

このことから、ダグリュールは封印前のヴェルドラと何度か戦い、引き分けていることがわかります。

”暴風竜”と怖れられ、作中でも上位の強さを持つヴェルドラと互角に戦えるのですから、ダグリュールがどれだけ強いかが判断できます。

魔法攻撃が効かない

ダグリュールには魔法攻撃は効きません。

魔法無効」の能力を持っているからです。

例えば、魔王ルミナスはダグリュールの脳天を狙い、殺すつもりで一筋の紅の閃光を落としますが、ダグリュールには効果なし。

ルミナスの全力の魔法攻撃を持ってしてもダメージを与えられないのですから、ダグリュールがどれだけ耐久力を持っているのかがわかります。

物理攻撃にも強い

ダグリュールは物理攻撃にも強い耐久力があります。

硬化能力」を持っているからです。

金剛石の硬度を凌駕するほど体を硬化することができるので、打撃などの物理攻撃も効きにくいのです。

しかも「硬化能力」を発動すると、欠損しても再生します。

だから物理攻撃でダグリュールにダメージを与えるのは至難の業。

ダグリュールの防御力・耐久力は魔王一といってもいいかもしれませんね。

自然災害を使った攻撃が強力

ここまで防御力について解説してきましたが、ダグリュールは高い攻撃力も兼ね備えています。

ダグリュールは落雷、地震、真空波などの自然災害を発生させ、相手に壊滅的なダメージを与えることが得意。

その威力は自然界に存在する災害の中でも最大級なので、敵にとってはまるで神を相手に戦っているようなもの。

最大級の災害での攻撃なんて、相手としてはたまったもんではありませんね。

弟2人と合体し竜種の強さに

ダグリュールは、弟のグラソードとフェンと合体(三位一体)することができます。

合体すると三面六臂、つまり3つの顔と6本の腕を持つ、15mもある巨神になります。

15mの巨体を3mほどに変化させることも可能で、この時はエネルギーが超圧縮されるので、体からは閃光が発せられます。

三位一体の状態では弟たちの能力を使うことも可能。

  • グラソードの能力:両手に持った大きな剣の先端を音速以上のスピードで動かし攻撃
  • フェンの能力:グレイプニール(聖魔封じの鎖)で捕縛することができる

三兄弟が合体したときの強さは世界最強の種族である竜種の強さに匹敵し、覚醒魔王をも凌駕すると考えられます。

覚醒魔王でもなく究極能力も持たないが

聖属性を持っているダグリュールは覚醒魔王(真なる魔王)になることはできません。

また竜種に究極能力(アルティメットスキル)を持ってもいません。

覚醒魔王でもなく、究極能力も持たないというのは魔王としては意外に感じます。

それにも関わらず過去にはヴェルドラと引き分け、竜種と匹敵する強さを持つのですから、ダグリュールの能力には驚かされます。

覚醒魔王を凌駕する存在と言ってもいいのではないでしょうか。

ダグリュールの3人の息子の強さを解説

ダグリュールの3人の息子とは?

小説8巻第四章、開国式の準備で忙しいテンペストに3人の兄弟が来訪。

一人ひとりが覚醒前のクレイマンに匹敵する魔素量を持っていることから、魔王の息子であるとリムルは推測。

予想通り3兄弟はダグリュールの息子で、クレイマンをボコボコにしたシオンと戦うと言います。

ちなみに3兄弟の名前はダグラ、リューラ、デブラ。

道場破りならぬ魔王破りを仕掛けてきた3兄弟vsシオンの戦いが始まります。

ダグリュールの3人の息子の強さは?

三兄弟vsシオンの結果はシオンの圧勝!

シオンは剛力丸・改という刀を出すまでもなく、打撃のみでダグリュールの息子を圧倒。

父親から受け継いだ魔素量はシオンを上回っていましたが、戦力の決定的な差にはなりませんでした。

この時点での3兄弟の強さはシオンとはかなりの開きがありますね。

シオンの親衛隊に

3兄弟は父親のダグリュールから「リムルのもとで修行をして来い」と命令され、テンペストにやってきたのです。

リムルはダグリュールとそれほど親しくはありません。

でも息子3人を預かることでダグリュールに恩を売るのも悪くない、と考えたリムルは三兄弟をシオンに預けることに。

鬼軍曹のようなシオンのシゴキに耐えられず、3兄弟はそのうち逃げ出すだろう、とリムルは考えていました。

しかし予想に反し、ダグリュールの3人の息子たちはシオン親衛隊を結成。

紫克衆(ヨミガエリ)とは別に新たなシオンの部隊になります。

ダグリュールの息子たちはシオンがよほど好きなようですね(笑。

ダグリュールの最後は?裏切りで敵になるのか解説

ダグリュールの最後

結論を書くと、ダグリュールはヴェルドラに敗れます。

500年周期で発生する天魔大戦で、ヴェルダに封印を解かれたダグリュールは天使側の一員として参戦します。

ダグリュールの裏切りの理由とは?

魔王側ではなく、天使側につくのは明らかに裏切り行為ですが、これには理由がありました。

ダグリュールの支配地はいずれ水が枯れ果て、巨人族が住めない土地になってしまいます。

後世に同じ思いをさせることはできないと考えたダグリュールは、天使側についてルミナスの領地に侵攻したのです。

ヴェルドラに敗北

ダグリュールはヴェルドラのファータイルパラドックス(豊穣なる神秘の波動)を受け敗北。

自身の体を核にして魔王災害が生じた自分の領土を修復し、豊かな土地にするための苗代になります。

そして最後は地面に吸い込まれ、長いな眠りにつきます。

心残りはあるかもしれませんが、ダグリュールにとって決して悪い最後ではなかったのではないでしょうか。

まとめ

魔王ダグリュールの強さや息子、最後の裏切りについてまとめました。

  • 魔法攻撃や物理攻撃が効かないなど、魔王随一の耐久性を持つ
  • 自然災害を利用した攻撃が得意で強力
  • 弟2人と合体すると竜種の強さになる
  • 覚醒魔王でもなく究極能力も持たないが、覚醒魔王に匹敵する強さがある
  • ダグリュールの息子3人はシオンに弟子入りし、シオン親衛隊を結成する
  • 最後は自身の体を核にして自分の領土を修復し、豊かな土地に蘇らせるための苗代になる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事
「転スラ」ハクロウの強さやスキルは?天空眼や娘のモミジについても

「転スラ」ベレッタの正体や素顔は?強さやディアブロとの関係についても

「転スラ」ヒナタvsリムルの戦いの結末は?再戦や密告者・和解についても

「転スラ」竜種4体まとめ!ヴェルドラの兄弟とミリムとの関係も解説

「転スラ」ヴェルドラ復活後の人型がかっこいい!強さやスキルについても

「転スラ」フレイの強さやスキルは?ワルプルギスでの従者やその後についても

「転スラ」ベニマルはモミジと結婚する?もう一人の嫁や子供についても

「転スラ」ベニマルの強さやスキルは?進化して鬼神になった過程についても

「転スラ」ミュウランがかわいい!ヨウムとの恋愛・結婚や子どもについても

「転スラ」原初の悪魔7体一覧!色や強さランキングについても

「転スラ」アダルマンの正体は?強さやシュナに負けたその後についても

タイトルとURLをコピーしました