転スラのミョルマイルはリムルの敵か味方か?裏切りはあるのか解説

転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件(転スラ)に登場するガルド・ミョルマイル。

主人公・リムルの国ジュラ・テンペスト連邦国で財務大臣を務めている人物です。

元はブルムンド王国の大商人でしたが、リムルと友誼を深め、テンペストにやってきました。

財務関連ではリムルから絶大な信頼を寄せられ、財務大臣として辣腕をふるっています。

リムルと出会い人生が大きく変わった人物です。

ここでは、そんなミョルマイルはリムルの敵か味方か?

裏切りはあるのかについて解説します。

 

「転スラ」ミョルマイルの基本情報

ブルブンド王国王都の元大商人

ミョルマイルはリムルに仕える前はブルムンド王国で大商人をしていました。

「誰からも馬鹿にされない大商人になる」という野望を持ち、勢力拡大のために自ら積極的に行動します。

結果、ブルムンド王国では表裏に通じる大商人として名をはせるようになりました。

そこで満足せず、さらに上を目指している頃にリムルと出会います。

イングラシア王国の近郊でスカイドラゴンに襲われているところをリムルに助けられ、その戦闘力に注目。

お礼と称して歓待し、仲良くなろうとします。

利にさといだけでなく、情の厚さや茶目っ気もあるミョルマイルはリムルに気に入られ、テンペストに招かれます。

その後、テンペストの街を訪ねてリムルと今後について語り合いました。

ミョルマイルはリムルの語る街の未来図と国の将来性に感動。

成功するかは賭けでしかありませんが、賭けに乗ることを決意します。

商才を評価され財務総括部門の責任者に

後にミョルマイルはテンペストの財務総括部門の責任者に任命されます。

リムルにとってミョルマイルの協力は大歓迎でした。

テンペストは魔物の住人が多く、人間相手の商取引が得意な者が不足していたからです。

ミョルマイルは経験も人脈も実績もある大商人。

リムルにとっては願ってもない人材でした。

ファルムス王国との戦争時にテンペストのために情報を流してくれたこともあり、十分に信用できると判断。

 

テンペストでは、リムルの発案で再現した日本の食べ物や、貴重な魔物素材の製品が特産品として作られていますが、その販売を一手に任されます。

さらにテンペストへ観光客を呼び込む方法を相談され、劇場の開設や武闘大会の開催を提案。

すると、実際の運営のすべてを任されることになりました。

やりがいのある仕事に大喜びのミョルマイルは、リムルの勧めに応じてテンペストへ移住します。

財務総括部門の責任者という立場につき、存分に辣腕を振るうのでした。

悪巧み三人衆の一人

ミョルマイルとリムルは、魔道王朝サリオンの天帝エルメシアと3人で悪巧み三人衆としても暗躍しています。

テンペストでの宴会で飲み仲間となったこの3人は、酔っぱらって悪ノリして語り合った謀略を実行に移します。

ロッゾ一族の失墜で空白地帯になった西側諸国の経済を、表側は自由競争で奪い合い、裏側はテンペストとエルメシアがひそかに協力して支配する計画です。

 

結果としてリムル、エルメシア、ガルド・ミョルマイルの3人の頭文字をとって「リエガ」(漢字で三賢酔。酔っぱらって考えたから)という秘密組織が誕生します。

裏社会の支配に必要な武力・経済力・政治的影響力の全てを兼ね備えたリエガは、急速に勢力を拡大。

西側諸国の裏側の経済を牛耳る大組織となりました。

「転スラ」ミョルマイルはリムルの敵か味方か?

ミョルマイルは、リムルの強力な味方といえる存在です。

戦闘能力はありませんが、財政担当としてテンペストを支えています。

リムルからの信頼も厚く、財政面に関しては絶大な権限を握っています。
他の幹部たちも、予算がかかわる事柄ではミョルマイルの許可が必要なほど。

テンペストとリムルにとって、無くてはならない人物の一人です。

その分、仕事が忙しくて大変。

リムルに信用されているのはうれしいのですが、仕事を任されすぎて悲鳴を上げる日々を過ごしています。

ミョルマイルの裏切りはあるのか解説

ミョルマイルがリムルを裏切ることはあり得ません。

ミョルマイルは利にさとい人間ですが、情を捨てきれない人間でもあります。

リムルの理想である「みんなが幸せな世界」の実現のためには、利のために余計なものを簡単に切り捨てる人間ではなく、甘さを残した人間の方が向いています。

そこがリムルに評価されている一因です。

ミョルマイル自身にも自分が冷徹になり切れないという自覚があるので、リムルを裏切ることなど考えていないでしょう。

リムルとともに歩み、失敗したら共倒れ。

ミョルマイルはそれだけの覚悟を持ってリムルに仕えているのです。

まとめ

ここまでミョルマイルがリムルの敵か味方か?裏切りはあるかについて解説しました。

  • ミョルマイルは元はブルムンド王国の大商人
  • リムルに評価されてテンペストの財務総括部門の責任者になった
  • 悪巧み3人衆の一人として裏社会も支配している
  • リムルの信頼の厚い、テンペストの重要人物
  • リムルの心強い味方で、裏切りはあり得ない

ミョルマイルは戦闘に参加することはありませんが、経済面でテンペストを支える重要人物です。

表立っての活躍はありませんが、今後もテンペストのために働いてくれるでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

関連記事
「転スラ」ハクロウの強さやスキルは?天空眼や娘のモミジについても

「転スラ」ベレッタの正体や素顔は?強さやディアブロとの関係についても

「転スラ」シュナ(朱菜)がかわいい!スキルや強さ・死亡や結婚についても

「転スラ」ヒナタvsリムルの戦いの結末は?再戦や密告者・和解についても

「転スラ」魔王フレイの強さやスキルは?ワルプルギスでの従者やその後についても

「転スラ」ヴェルドラ復活後の人型がかっこいい!強さやスキルについても

「転スラ」ベニマルの強さやスキルは?進化して鬼神になった過程についても

転スラの迷宮十傑強さランキング!キャラクターの紹介についても

転スラのグランベル・ロッゾの正体は?強さや能力・最後は死亡するかについても

タイトルとURLをコピーしました