ヒロアカのオールフォーワンの正体と過去を解説!目的についても

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)

今回フォーカスを当てるのは「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」に登場するオールフォーワン。

ヴィラン連合の司令塔のような存在に描かれているオールフォーワンですが謎が多いですよね。

今回はそんなオールフォーワンの正体や過去を解説。

またオールフォーワンの目的についても考察します。

 

「ヒロアカ」オールフォーワンの基本情報

ヴィラン連合の支配者と呼ばれているオールフォーワン(AFO)。

名前も苗字の死柄木しか明かされていません。

個性はオールフォーワン。

年齢や素顔は不明なため、プロフィールも曖昧です。

ヴィラン連合の実質的支配者

オールフォーワンは、その正体は謎に包まれていますが、ヴィラン連合のブレーンであると言えます。

死柄木弔(しがらきとむら)から「先生」と呼ばれているオールフォーワン。

死柄木にアドバイスや指示をしている描写もあり、ヴィラン連合の支援者であると同時に圧倒的な支配者でもあります。

姓は死柄木だが本名は不明

オールフォーワンの本名はまだ明かされていません。

しかし25巻で死柄木弔を助けた際、弔に与えた“死柄木”という名は自分の名前だと話すシーンがあります。

つまり、オールフォーワンの姓は“死柄木”です。

名については未だに不明のままです。

個性はオールフォーワン

オールフォーワンの個性はその名の通り“オールフォーワン”

彼の個性はかなり複雑で、強い力を持っています。

具体的には、

  • 相手の個性を奪い、自身の個性にする
  • 奪った個性を他者に与えることが可能
  • 奪った複数の個性を複合させて使用することができる

これが、オールフォーワンの個性です。

この力を駆使し、彼は裏社会を支配。

“ヴィラン連合を影から操る巨悪の根源”と言われるようになりました。

オールフォーワンの正体と過去を解説

オールフォーワンの強靭な個性が明らかになりました。

次に、彼の辿ってきた過去とその正体について解説していきます。

初代ワンフォーオールの使い手の兄

オールフォーワンには、一人の弟がいたことが判明しています。

“無個性”と周囲に言われていたその弟は、オールフォーワンから強引に個性を与えられたことにより、初代ワンフォーオールの使い手であったことも明らかになりました。

デクの精神の中にのみ登場し、彼やヒーロー達の手引きとなる重要な存在です。

そんな彼の兄が裏社会の支配者であり、この兄弟は対照的に描かれていますね。

超常黎明期から悪の支配者として君臨

オールフォーワンは幼いころから「悪役」に憧れを抱いていました。

“個性”が認められてなく、その強い力を恐れた人々が個性を“異能”と呼んでいた超常黎明期(ちょうじょうれいめいき)。

個性を持つ者は数少なく、普通の人間が多く存在していた時代です。

 

周囲からひどい扱いを受けていたその“個性”を持つ人は、“個性を奪う”力をもつオールフォーワンに個性を取ってもらい、助けられてきました。

そのおかげでどんどん力を付けたオールフォーワンは、この時代から悪の支配者として君臨したのです。

現代までその力が衰えないまま長い年月生きていられるのも、“運動能力を奪う代わりに寿命を延ばす個性”を奪ったから故なのです。

オールマイトとの戦いで顔を失う

そしてかつて弟に与えた個性が回りまわって多くのヒーローに伝わり、引き継がれていきます。

そして8代目ワンフォーオール継承者・オールマイト時代に事態は大きく変わります。

“平和の象徴”と称され圧倒的強さで多くの人々を救ってきたオールマイト。

そんなオールマイトとオールフォーワンの直接対決。

オールフォーワンはこの戦いで顔を失い、生命維持装置がないと生きていけない身体になります。

多くの管に繋がれ、顔は口だけで目や鼻などはありません。

そして彼は表立って動けない自分の代わりに継承者を見出します。

志村転弧を後継者として見出す

オールマイトとの戦闘で負傷し、表立って活動できなくなったオールフォーワンは「志村転弧(しむらてんこ)」という少年に目を付けます。

志村転弧を死柄木弔として悪の世界で育て、自分の継承者にしたのは偶然ではないことが判明しています。

先の戦いでオールマイトに恨みをもつオールフォーワン。

オールマイトの先代ワンフォーオール7代目継承者・志村菜奈の孫が志村転弧だと知り、転弧に目を付けたのです。

また転弧が持つ“歪み”を利用。

オールマイトへの嫌がらせのために、転弧をオールフォーワンの継承者に選んだといっても過言ではないのです。

オールフォーワンの目的を考察

転弧を拾い育て、オールフォーワンは何を目論んでいるのでしょうか。

最後に彼の目的について考えます。

死柄木弔にオールフォーワンの個性を継承すること

28巻でプレゼントマイクに捕まったドクターは「(オールフォーワンは)本物を死柄木弔に渡すことにした」と話しています。

今まで奪った個性を他者に与えてきたオールフォーワン。

しかし敗北を予期したオールフォーワンは後継(死柄木弔)にすべてを託し、自身の個性そのものを死柄木に与えようとしているということが判明しました。

真の目的は死柄木弔の体を乗っ取ること?

またオールフォーワンの真の目的は、死柄木の身体を乗っ取ることだとも言われています。

生命維持装置がないと生きていけないオールフォーワンは新しい身体を探していました。

そしてオールフォーワンは死柄木に個性を与えると共に自身の意識も一緒に与え、徐々に死柄木の身体と意識を乗っ取ろうと考えているのです。

まとめ

「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」のオールフォーワンの正体と過去、目的について解説しました。

  • ヴィラン連合の支配者である
  • 超常黎明期から裏社会の支配者だった
  • 初代ワンフォーオールの使い手の弟をもつ
  • 個性は奪い・与えて・使用することができる
  • 死柄木を後継として育て、身体を乗っ取ろうとしている

以上、オールフォーワンの個性や目的について解説しました。

まだ謎が多く残るオールフォーワン。

オールマイトとの確執も垣間見えて、目が離せないキャラクターです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました