ヒロアカのホークスは裏切り者の二重スパイ?敵の黒幕なのか解説

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)

「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」に登場するホークス。

エンデヴァーが退いた後のヒーロービルボードチャートJPで№2になったヒーローです。

福岡県を拠点に主に九州で活動していますが、その知名度は全国区で、高い人気を誇ります。

そんなホークスは、ヒーローでありながらヴィラン連合に潜入。

ですが福岡でエンデヴァーがハイエンドを倒した後、荼毘と密会したり、ハイエンドを手引きするなど、ヒーロー側を裏切る行動をしています。

ホークスはヒーロー側を裏切るのでしょうか?

この記事では、ホークスは二重スパイで裏切り者なのかについて解説します。

 

「ヒロアカ」本名・誕生日などホークスのプロフィールまとめ

ホークスのプロフィール

  • ヒーロー名:ウィングヒーロー(ホークス)
  • 本名:鷹見啓悟(たかみ けいご)
  • 個性:剛翼
  • 誕生日:12月28日(22)
  • 身長:172cm
  • 血液型:B型
  • 出身地:福岡県
  • 好きなもの:鶏肉
  • 性格:自由奔放、マイペース、出世欲はない

18歳でデビューすると、その年の下半期にビルボードチャートトップ10入りを果たしたホークス。

わずか10代でトップ10入りしたことから、”速すぎる男”と呼ばれています。

軽薄で、一見やる気がないように見えますが、ヒーローとしてはきわめて優秀。

困っている市民がいると、すかさず細やかに対応し、ファンサービスもさりげなく行っています。

個性は剛翼

ホークスの個性は剛翼。

背中から生えた羽を自由自在に操ることが可能。

強靭な羽で人を持ち上げたり、弾丸のように飛ばして相手を攻撃することもできます。

もちろん飛ぶこともできます。

炎が弱点ですが、弱点を補って余りある、強力な個性と言えるでしょう。

 

なおホークスの個性や強さについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ホークスは二重スパイで裏切り者なのか

荼毘と密会したり、ハイエンドを手引きしたりなど、スパイとしてヴィラン連合に潜入しながら、ヒーロー側を裏切るような行動を見せるホークス。

ホークスは裏切り者なのでしょうか?

ホークスはヒーロー側を裏切らない

結論を書くと、ホークスはヒーロー側を裏切りません。

ホークスと組んでハイエンド襲撃事件を起こしたり。

また荼毘と密会して、ベストジーニストの遺体と思われるものが入ったカバンを渡したりなど。

明らかにヒーロー公安委員会を裏切り、ヴィラン側に味方するような行動を取ってはいましたが、あくまでもホークスはヒーロー側の人間。

裏切り者ではないのです。

ヴィラン連合への潜入を企んでいた二重スパイ

ホークスはヒーロー公安委員会から依頼を受け、ヴィラン連合への潜入を企んでいたスパイです。

ただ、荼毘の信用を得るためにヒーロー側の情報を流すなど、ヴィラン側に加担していたので、二重スパイといっていいでしょう。

とはいえハイエンドを手引きするなどしたのは、あくまでも荼毘の信用を勝ち取るため。

ホークスはヒーロー側を裏切りはしないのです。

敵の情報をヒーロー公安委員会へ流していた

荼毘の信用を得ることで敵のアジトに潜入することに成功したホークスは、剛翼の個性を利用して敵の情報を入手。

そして入手した情報をヒーロー公安委員会に流していました。

ホークスのスパイ活動を解説

ここではホークスのスパイ活動について、さらに詳しく解説します。

スパイとしてヴィラン連合に送り込まれる

オールマイトとワンフォーオールが全面対決した神野の戦いで、敵の戦力を見誤るという失態を演じたヒーロー側は、ヴィラン連合の内部情報を知る必要性を感じ始めていました。

そこでヒーロー公安委員会がスパイとして抜てきしたのがホークス。

 

ヒーロー公安委員会は、地位や名声に興味がなく、それでいて優れた情報収集力や観察眼を持つホークスを高く評価していました。

ホークスも、自分が汚れた仕事をすることで多くの人が安心できるならと考え、スパイとしてヴィラン連合に潜入することにしたのです。

忠誠を示すためにベストジーニストの遺体を荼毘に渡す

マンガ231話、ホークスは荼毘から「ヴィラン連合への忠信を示してほしい。No.1以外で頼む」と言われます。

そこでホークスは、神野区の戦いでの負傷が癒え、復帰直前だったベストジーニストの遺体が入ったバッグを荼毘に渡します(マンガ240話)。

実はホークスが荼毘に渡したバッグに入っていたのは、仮死状態のベストジーニスト。

ホークスは「脳無から着想を得た仮死状態にする手術」をベストジーニストに施していたのです。

つまりホークスはベストジーニストを殺したと見せかけて、荼毘からの信頼を勝ち取ったわけです。

 

なお、ベストジーニストの生死や復活については、以下の記事で詳しく解説しています。

暗号でエンデヴァーに情報を伝える

ヴィラン連合の内部に潜入することに成功したホークスは、つかんだ情報を考案に伝えていきます。

また、エンデヴァーには「異能解放戦線」の本にマーカーを付けることで、敵の情報を暗号として伝達。

監視のために、ホークスの体にはマイクロデバイスが付けられ、会話内容や見たものをすべてヴィラン側に知られていたからです。

ホークスが暗号でエンデヴァーに知らせた内容は、4か月後に敵が決起するというものでした。

ホークスからもたらされた情報をもとに掃討作戦開始

ホークスからもたらされた方法をもとに、ヒーロー連合は掃討作戦を開始。

蛇腔総合病院や群訝山荘など、敵の拠点を包囲して、超常解放戦線を根絶やしにしようとします。

 

単行本27巻269話から始まる超常解放戦線との戦いでは、デクたち雄英高校ヒーロー科の生徒たちも後方で住民の避難誘導などのために参加。

しかし死柄木弔が覚醒したり、ギガントマキアが進撃を開始したことで、雄英生たちも戦いに参加することなります。

まとめ:ホークスは敵の黒幕でも裏切り者でもなかった

「僕のヒーローアカデミア」のホークスは裏切り者なのかについて解説しました。

  • ホークスはヴィラン連合に潜入したスパイ
  • ヒーロー側を裏切らない
  • 二重スパイだが、敵の黒幕ではない
  • 荼毘の信頼を勝ち取るために、仮死状態のベストジーニストを差し出した
  • ホークスからもたらされた情報をもとに、ヒーロー連合は敵の掃討作戦を開始する

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました