ヒロアカのホークスの個性や強さを解説!活躍シーンについても

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)

「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」に登場するホークス。

184話「ヒーロービルボードチャートJP」にてNo.2ヒーローとして初登場しました。

飄々としたマイペースな性格で、コミュニケーション能力がとても高いキャラクターです。

人の懐に入るのもうまいため、敵組織への潜入任務なども任されています。

信念を貫き、時には手段も選ばないかっこよさで、ファンからの人気投票でも毎回上位に入賞しているホークス。

ここでは、そんなホークスの個性や強さをご紹介していきます。

必殺技や活躍するシーンについてもまとめました!

 

「ヒロアカ」本名・誕生日などホークスのプロフィールまとめ

背中に生えている立派な翼が印象的なホークス。

ホークスの基本的なプロフィールは以下の通りです。

  • ヒーロー名:ウイングヒーロー「ホークス」
  • 本名:鷹見啓悟(たかみけいご)
  • 年齢:22歳(初登場時)
  • 誕生日:12月28日
  • 身長:172cm
  • 血液型:B型
  • 出身地:福岡
  • 好きな食べ物:鶏肉

福岡出身ということで、福岡なまりで話すところに人間味を感じます。

「ホークス」という名も福岡を本拠地とする野球チームが由来となっていますね。

18歳という若さで自分のヒーロー事務所を立ち上げ、いきなりその年の下半期にチャートTOP10入りを果たすなど、実力は折り紙付き。

10代でのTOP10入りは史上初で最速最年少だったことと、彼の個性から「速すぎる男」と呼ばれています。

 

なおホークスの壮絶な過去や生い立ちについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ホークスの個性

地元福岡を守るローカルヒーローとして活躍していたホークス。

ホークスがどのような個性を活かしてヒーロー活動をしているのかをご紹介します!

個性:剛翼

ホークスの個性は「剛翼」(ごうよく)。

自由に空を飛ぶことができ、固くしなやかな羽は思いのままに操ることができます。

攻撃面では、切り離した羽を弾丸やナイフのように操って戦います。

救助面でも優れており、羽で人をつかんで非難させたり、降ってくる瓦礫をつかんで落下の被害を抑えたりすることも可能。

攻撃はもちろんですが、災害救助の面で非常に役立つ個性だということがわかります。

 

また、飛ばした羽の振動を感知することができ、目で見なくても状況を把握することができるため、偵察能力にも長けています。

エンデヴァーと福岡の街を歩くシーンでは、その個性を使って町の様々な問題を解決しています。

会話をしながら、ほとんど見もせずに羽を飛ばして問題を解決していく様子は、スマートでとてもかっこよく、町の人たちからもホークスがいかに愛されているかが描かれています。

剛翼の弱点:火

ホークスの個性、「剛翼」の弱点は何なのでしょうか。

ずばり、それは「火」です!

267話「炎」にて常闇との会話の中で「弱点?そうだなぁ…強いて言えば火だね」とホークス自身が話しています。

剛翼は燃えちゃうからね」とのことで、羽が燃えると操作性が悪くなり、最悪の場合燃え尽きてなくなってしまいます。

その対策を問われると、「出される前に討つ」と答えており、ここでも「最速の男」っぷりを見せています。

ホークスの強さ・能力を解説

「剛翼」の個性を活かしNo.2ヒーローとして様々な活躍を見せてくれるホークス。

その強さや能力をより詳しく見ていきましょう。

高い飛行能力

何といっても自由に空を飛ぶことができる点がホークスの強み。

高い機動力を生かした空中戦や状況の把握、相手の裏をかいた攻撃などを行います。

199話で、常闇を抱えて夜間飛行に出かけた際も「空はね、良いよ、物事を俯瞰して見られるから」
「飛べる奴は飛ぶべきだよ。地面に縛り付けられる必要なんてない」とアドバイスしており、ホークス自身も「飛べる」ということが自分のアドバンテージだとわかっているようです。

圧倒的なスピード

「速すぎる男」の異名を持つホークス。

高い飛行能力により誰よりも早く現場に到着し、1人で事件を解決してしまいます。

そのためサイドキックたちはひたすら彼を追いかけ、事件の後処理を行っているようです。

サイドキックのひとりも「ホークスははやすぎるもん。やけんこの形が一番効率的とよ」と話しており、彼の事務所ではこの形が定着しているようですね。

 

また、崩壊するビルから落下する人々を救うため、瞬時に多くの羽を飛ばして全員を救出したことも。

物理的なスピードだけでなく、状況把握とそれに対応するスピードも優れているのです!

羽一枚で人間一人を持ち上げられる力

ホークスの飛ばす羽は、1枚で人間1人を持ち上げるほどの力を持っています。

先述したビル崩壊のシーンでも、落ちていく人たちを羽1枚だけで引っ張り上げている描写があります。

「羽」といえば柔らかく優しいイメージですが、そこは「剛翼」。

強くしなやかなホークスの羽は、大人1人くらいなら軽々と持ち上げられるパワーがあります。

羽で相手を切る技を持つ

ホークスの羽は、ナイフや鎌のような「切る」武器としても使えます。

初バトルシーンとなる福岡の脳無襲撃事件の際、長い羽根を大剣のように振り回して大型の脳無を退治していました。

191話で荼毘を脅す際に向けている、長い刃物のような物もホークスの羽ですね。

訳あってベストジーニストを襲撃したシーンでは手に巨大な羽が握られており、不穏な空気が漂っていました。

大きな羽を大剣のように扱い、持ち前のスピードを活かした流れるような戦闘が、ホークスの魅力のひとつです。

羽をセンサーのように使い音や空間を感知できる

羽はセンサーのような役割を持っており、様々な情報を感知できます。

音の振動幅から種類を割り出すこともできるため、盗聴器のような役割も果たします。

スパイとして敵組織に潜入した際は、その能力を使って情報を得ることに成功。

ヒーローとして、どれだけ小さなSOSも取り零さないように鍛えてきた成果が、ここで活かされたのです。

すべての羽を失っても数日で生え変わる

ホークスの剛翼は、いわば消耗品。

羽のストックがなくなると飛ぶことすらままならなくなりますが、またきちんと生えてくるのでご安心を!

福岡の脳無襲撃事件でほとんどの羽を使ってしまった時も、2日後には半分ほど生えてきていました。

さらに、「もう1日くらいで羽が生え揃って活動再開できる」と言っていたことから、3日もあればきれいに生え変わることがわかります。

 

ホークスのかっこいい活躍シーン

上記のように、様々な機能を持つ「剛翼」。

実際にそれを活かして活躍したかっこいいシーンをご紹介します。

会社を破壊しようしていたヴィランを瞬殺

3年勤めた大嫌いな会社を潰そうと、ビルの前でブツブツと呟き怪しい行動をとる「恥樫 照夫」(はずかしてるお)。

恥ずかしい思いをすればするほどパワーが上がる彼は、全裸にコートのみという恰好でした。

露出狂のように「バッ!」とコートをはだけた瞬間、ホークスの剛翼が飛んできて阻止されてしまいます。

通行人が「うわ、露出狂やん!」「寒いのにようやるな」と話をしていますが、大きな被害はありませんでした。

この時、ホークスはエンデヴァーに「好きな食べ物ありますか?」と問いかけています。

恥樫の方を見てもおらず、彼にとってこれくらいの対処はなんでもないということがわかります。

道路に飛び出した飼い犬を一瞬で救出

散歩中に飼い主の手から脱走してしまった「シュバルツ」という犬も、ホークスに助けられました。

「ああ!ダメよシュバルツ!」と叫ぶ飼い主を尻目に、トラックが迫りくる道路に飛び出してしまったシュバルツ。

そこに数十枚のホークスの剛翼が現れ、トラックを飛び越えるような空中の道を作りました。

シュバルツはその剛翼ロードを駆け上がり、事故ることなく無事に飼い主の元へ戻っていきました。

この時も、ホークスはおすすめの飲食店の話をしながら救出しています。

こんなに余裕な態度なのに、とても広い視野を持っているのがホークスのかっこいいところです。

倒壊するビルから76人を素早く救助

脳無との激しい戦いの中で、ビルが倒壊し多くの人の命が危険にさらされました。

ホークスはたくさんの剛翼を飛ばし、「悲鳴・呼吸・衣ずれ・人から生じる振動!感知しろ、剛翼」と飛ばした羽から得た情報を分析し、76名もの命を救いました。

瞬時に状況を把握する力と確実に対応できる能力は、さすがNo.2ヒーローですよね!

まとめ

いかがでしたか?

「僕のヒーローアカデミア」に登場するヒーロー、ホークスの個性や強さをご紹介してきました。

  • ホークスは福岡出身のNo.2ヒーロー
  • 個性は攻守に優れ偵察能力も兼ね備えた「剛翼」
  • 飛ばした羽は武器にも盗聴器にもなる便利な機能を持っている
  • ホークスは視野が広く、町の日常的なトラブルは見なくても解決できる
  • 大きな戦闘の時にはNo,2らしく大勢の命を救う大活躍を見せる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました