呪術廻戦の五条悟は性格が悪い?クズと言われるエピソードまとめ

呪術廻戦

「呪術廻戦」に登場する現代最強の呪術師・五条悟(ごじょうさとる)。

呪術界御三家・五条家の当主であり、呪術高専では虎杖・伏黒・釘崎らの担任教師でもあります。

その最強さが注目されがちの五条悟ですが、性格に難あり!?とも言われています。

今回は五条悟の性格の悪さ、クズなエピソードをまとめました。

 

「呪術廻戦」五条悟の基本情報

五条悟のプロフィール

  • 名前:五条悟(ごじょうさとる)
  • 年齢:28歳
  • 誕生日:1989年12月7日
  • 等級:特級呪術師
  • 高専入学方法:家系
  • 術式:無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)
  • 技:術式反転「赫(あか)」、術式順転「蒼(あお)」、虚式「茈(むらさき)」領域展開「無量空処(むりょうくうしょ)」、反転術式 ※黒閃経験あり
  • 趣味・特技:無し(大体何でもできるため)
  • 好きな食べ物:甘い物
  • 苦手な食べ物:アルコール
  • ストレス:上層部絡み

呪術界御三家・五条家の当主であり、自他ともに認める現代最強の呪術師。

五条家相伝の「無下限呪術」と「六眼」を併せ持ち、圧倒的な力で呪術界の抑止力となっています。

老害ばかりの呪術界上層部を嫌っており、有望な若手を育てて呪術界をリセットするために呪術高専の教師へ。

普段は目を覆っていますが素顔は超絶イケメン。

性格は飄々としており掴みどころがありません。

最強の呪術師

「大丈夫、僕、最強だから」

上記の台詞が示す通り、五条悟は自他ともに認める現代最強の呪術師。

その秘密は、五条家相伝の「無下限呪術」と術式の情報を視認できる特殊な目「六眼」にあります。

伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)曰く、「うん百年ぶりの無下限呪術と六眼の抱き合わせ」とのこと。

その常軌を逸した才能は生まれつきであり、「五条悟が生まれて世界の均衡が変わった」とされています。

五条悟の圧倒的な力による抑止力は非常に大きく、五条悟が死ねば呪詛師・呪霊が一斉に暴れだすといわれるほど。

また五条家は事実上、五条悟のワンマンであり、他の御三家とも対等に接することができます。

 

五条悟がクズで性格が悪いと言われるエピソードまとめ

軽薄な性格

五条悟の性格は一言でいえば「軽薄」といえるでしょう。

基本的に軽いノリで敵味方を問わず小馬鹿にしたり、煽ったりして相手を怒らせたりすることは多々あります。

さらに本人は自分でも性格が悪いと自覚しており、その上で行動しているので余計にタチが悪いです。

飄々としており掴みどころがなく、ちゃらんぽらんな性格のため、後輩である七海建人からは「信用しているし信頼している。でも尊敬はしてません」と断言されています。

年上にも礼儀を知らない

五条悟は、その最強さゆえか基本的に礼儀を知りません。

相手が年上だとしても弱者に対しては基本的に見下し、タメ口で話します。

それが如実に出ているのが、京都姉妹校交流会での楽巌寺学長とのやりとり。

楽巌寺学長が保守派筆頭であり、五条悟が革新派筆頭であることを差し引いても「ジジィ」「お爺ちゃん」など全く敬意のない呼び方をしています。

公式ファンブックで、楽巌寺学長がストレスの項目に「五条悟」を挙げるのも頷けます。

宿儺の指を回収するまで帰っちゃだめと無茶ぶり(1話)

第1話最初のページ時点で伏黒恵に特級呪物である両面宿儺の指を「回収するまで帰ってきちゃ駄目だから」と無茶ぶり。

さすが五条悟、第1話最初のページから軽薄さと性格の悪さが炸裂しています。

もし虎杖悠仁が両面宿儺の指を取り込んでいなければ、2人とも確実に死んでいたでしょう。

一応、だいぶ遅れて増援には来てくれましたが、既に色々決着がついた後でした。

しかも来た理由は「来る気はなかったけど上がうるさいから」であり「観光がてら はせ参じた」とのこと。

ここまでくると、もはや清々しいです。

仙台名物は自分の分だけ(2話)

上層部の命令で後から仕方なく登場してきた五条悟。

「観光がてら」とは冗談ではなく、自分のお土産を買ってきてから来るという舐めっぷり。

ちなみに買ったお土産は、甘党の五条らしく仙台名物「喜久水庵・喜久福」。

伏黒恵が「この人、土産買ってから来やがった。人が死にかけてるときに」と衝撃を受けるのも仕方のないことです。

余談ですが、五条のおすすめは「ずんだ生クリーム味」だそうです。

サプライズを仕掛けるも大ひんしゅく(32話)

両面宿儺に身体を乗っ取られた上、心臓を抉りだされて一度は死亡した虎杖悠仁。

しかし両面宿儺との生得領域内でのやりとりの末、反転術式で生き返ります。

一方、伏黒恵や釘崎野薔薇たちは虎杖が生き返ったことを知らないので、五条はサプライズを仕掛けようと提案。

「はい!!おっぱっぴー!!」と、元気よく箱から出てくる虎杖でしたが、ダダ滑りの大ひんしゅくという結果に。

しかしながら、京都校の楽巌寺学長は宿儺の器である虎杖が生きていることに愕然。

「びっくりして死んじゃったらどうしようかと心配しましたよ」と五条。

「糞餓鬼が」と返す楽巌寺学長。

どうやらサプライズの本当のターゲットは楽巌寺学長だったようです。

五条の軽薄さと性格の悪さが滲み出ているエピソードといえるでしょう。

性格が悪いのは高専時代から

五条悟の性格の悪さは現在はマシになった方で、学生時代の方が際立っているように思えます。

学生時代は一人称は「俺」であり、最強という自負もあるので不遜な言動や行動が多いです。

代表的なエピソードとして、夏油傑が「呪術師は非術師を守るためにある」と発言したことに対し「俺、正論嫌いなんだよね」と言い放ちます。

さらに「ポジショントークで気持ちよくなってんじゃねーよオ゛ッエー」と顔芸までして煽り倒しています。

また腐れ縁の同級生である家入硝子(いえいりじょうこ)からは、夏油傑ともども「クズども」と呼ばれていました。

まとめ

  • 五条悟は五条家相伝「無下限呪術」と「六眼」を併せ持ち、自他ともに認める現代最強の呪術師
  • 五条の性格は一言でいえば「軽薄」であり、性格が悪いことも自覚している
  • 礼儀知らずで、敵味方問わず小馬鹿にしたり、煽ったりする
  • 高専時代よりも性格の悪さはマシになった方

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました