プラチナエンドの六階堂七斗は死亡する?かっこいい魅力や天使バレについても

プラチナエンド

「プラチナエンド」マンガ6話、花籠咲の部屋のベランダに男性が突然出現。

男性は翼と赤い矢を持つ神候補の一人で、「(自分に)赤い矢を刺しなさい」と言います。

六階堂七斗(むかいどうななと)と名乗る男性は、明日や咲の味方になるために咲の部屋を訪問したのです。

そんな六階堂は末期がんに侵されていました。

六階堂は作中で死亡するのでしょうか?

ここでは以下の3つについて解説します。

  • 六階堂は死亡するのか?
  • 六階堂七斗のかっこいい魅力
  • 六階堂に憑いているバレとはどんな天使か?

 

「プラチナエンド」六階堂七斗は死亡するのか解説

六階堂は死亡するのか解説

結論を書くと、六階堂七斗は死亡します。

マンガ6話に初登場する4ヶ月前、六階堂は医者から余命3ヶ月の宣告を受けていました。

六階堂が「自分には時間がない」と明日や咲に言っていたのは、六階堂の体が末期がんに侵され、全身に転移していたためでした。

そんな六階堂の前に天使が現れ、「病魔に屈する前に神になれば命は救われ、何千年も生きられる」と提案。

しかし13人の神候補の中から自分が神になるのはむずかしい、と感じた六階堂は明日や咲と協力。

メトロポリマン(生流奏)を倒し、誰か別の候補を神にすることにします。

六階堂の死亡シーンを解説

生流奏(うりゅうかなで)vs六階堂・明日・咲の戦い。

最後は奏vs明日のタイマン勝負になりますが、どちらも譲らず、相手の矢を防いでいきます。

やがて戦いは奏と明日の取っ組み合いに。

明日は自分の羽で奏の視界を覆い、奏に白の矢を出させません。

視界をふさがれた奏はメトロポリマンのコスチュームに装備した刃物で明日を刺そうとしますが、途中から参戦した花籠咲に邪魔されます。

やがて生流奏は両腕を拘束され、身動きが取れなくなります。

この瞬間を六階堂は待っていました。

生きた証を示して絶命

六階堂は生流奏に向けて発砲。

銃弾を浴びた生流は死亡。

同時に六階堂の命も尽きかけていました。

明日は六階堂を病院に運びますが、医者も手の施しようがありませんでした。

駆けつけた妻が六階堂にタバコをくわえさせた瞬間、六階堂は息を引き取ります。

六階堂に付いていた天使のバレは、「これほどまでに家族のために己を犠牲にし、自分の人生に満足して死んでいった人を他に知らない」と言い、六階堂の天に連れていきます。

六階堂七斗(むかいどうななと)のかっこいい魅力

「プラチナエンド」の登場人物の中で、六階堂の人気は高いものがあります。

六階堂七斗(むかいどうななと)のかっこいい魅力をまとめました。

ちょいワルオヤジの六階堂七斗がかっこいい

六階堂七斗はアパレル関係に勤めるサラリーマン。

幼い娘と妊娠中の妻がいますが、末期がんに侵され、生きる望みを断たれました。

しかし天使により神候補に選ばれたことで人生が変わっていきます。

そんな六階堂は一見すると”ちょい悪オヤジ”。

やさぐれた雰囲気がなんとも言えず魅力的。

それでいてスーツが似合い、仕事ができそうなイメージがあるのですから、かっこいいですよね!

家族を大切にする六階堂七斗がかっこいい

家族を大切にするところも六階堂(むかいどう)の魅力です。

身重の妻と幼い娘、さらに28年の住宅ローンを抱えた六階堂はいわば普通のお父さん。

でも六階堂には限られた時間しかありません。

その時間の中で、六階堂は家族を幸せにするために奔走。

赤い矢を使い、金持ちから2億円をもらい、残される妻子の生活を保証します。

決していいことではありませんが、少なくとも六階堂は家族の幸せを願っています。

また家族を不幸にしないために、神に相応しい人間が神になるように行動もしています。

六階堂の家族を思う気持ちは、多くの読者の心に刺さったはず。

かっこいいオヤジですよね。

正しい判断ができる六階堂七斗がかっこいい

人生経験豊富なだけあり、六階堂七斗は正しい判断をすることができます。

神候補を見つけるために、「不自然に急に金持ちになったり、モテだしたり、スピードを必要とする競技で短期間で成績を伸ばしたりした人間に注目しよう」と提案。

六階堂の話を聞いた明日は「六階堂さんがいるとやるべきことがはっきりする」と感心していました。

さすがですね!

六階堂を味方にできていなかったら、明日や咲はメトロポリマンに負け、生流奏が神になっていたに違いありません。

そう考えると六階堂の存在は大きいです。

六階堂七斗の声は森川智之が担当

アニメ「プラチナエンド」で六階堂七斗の声を演じるのは、声優・タレント・歌手として活躍中の森川智之(もりかわとしゆき)さん。

森川さんはこれまでに

  • 「NARUTO -ナルト- 疾風伝」:波風ミナト(四代目火影)
  • 「名探偵コナン」:羽柴秀吉
  • 「犬夜叉」:奈落
  • 「クレヨンしんちゃん」:野原ひろし
  • 「ブラッククローバー」:ユリウス・ノヴァクロノ
  • 「鬼滅の刃」:産屋敷耀哉

など、数々の役を演じてきました。

アニメ「プラチナエンド」放送開始時に森川さんは54歳。

六階堂七斗よりかなり年上になりますが、六階堂の魅力を十分に引き出してくれるはず。

森川さんの円熟した演技に期待しましょう!

1級天使バレとはどんな天使か解説

最後に六階堂七斗に憑いているバレとはどんな天使なのか、解説します。

知識の天使

六階堂のパートナーはバレ。

本来キリスト教では天使に両性具有であるため、性別がないとされていますが、バレの場合はロングヘアでバストも描かれているため、女性の天使として描かれていると考えられます。

左眼のモノクルと丁寧な言葉づかい、整った顔立ちが特徴。

異名は「知識の天使」。

天使、神、歴史など、天界のあらゆる知識を身に着けているためです。

そんなバレは一度は特級になりましたが、知識をひけらかしたことで1級に降格。

そのため六階堂は翼と赤い矢を持っていますが、白い矢は所持していません。

最期の時まで六階堂を見守る

明日や咲のためにおそろいのコスチュームを用意したり、生流奏に誘拐された妻子を助けたり。

生流奏にとどめを刺したりなど、六階堂は最後まで家族のために戦います。

しかしついに最期の時を迎えます。

バレはその間、ずっと六階堂を見守ってきました。

そして矢と翼を咲に託したバレは六階堂を連れて天へ。

バレの存在があったからこそ、六階堂は最後まで思い切って戦えたのではないでしょうか。

まとめ

「プラチナエンド」の六階堂七斗について解説しました。

  • 末期がんに侵されていた六階堂は、生流奏にとどめを刺した後に死亡する
  • ちょい悪オヤジで、家族を大切にして、正しい判断ができる六階堂はかっこいいキャラクター
  • アニメで六階堂七斗を演じるのは声優の森川智之
  • 六階堂についている天使バレは知識豊富で「知識の天使」の異名を持つが、知識をひけらかしたことで特級から1級に降格された

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

プラチナエンド関連記事
プラチナエンドはつまらないし面白くない?微妙と言われる理由を考察

プラチナエンドのメトロポリマンの正体は?過去や目的・死亡するかについても

プラチナエンドアニメ1期は原作マンガの何巻まで?何クールかについても

プラチナエンドの花籠咲の過去とは?自殺の動機やミライと結ばれるかについても

プラチナエンドの底谷一(はじめ)は死亡する?結糸向(すすむ)との関係についても

プラチナエンドの米田教授は神になる?過去や死亡するかについても解説

プラチナエンドのナッセがかわいいけど正体は?特殊能力や目的についても

プラチナエンドの中海修滋(なかうみしゅうじ)は神になる?死亡するかについても解説

プラチナエンドの死亡キャラクターまとめ!死因も含めて時系列でご紹介

プラチナエンドのクリーチャー(偽りの神)とは?結末シーンからも考察

プラチナエンドの結糸向(すすむ)は死亡する?過去や遊戯の天使ペネマについても

プラチナエンドの神候補と天使一覧まとめ!神になるのは誰かについても

プラチナエンドの主人公にイライラする!うざいと言われる理由についても

プラチナエンドのアニメの結末をネタバレ解説!最終回がひどいと言われる理由についても

タイトルとURLをコピーしました