プラチナエンドの花籠咲の過去とは?自殺の動機やミライと結ばれるかについても

プラチナエンド

「プラチナエンド」のヒロイン・花籠咲(はなかごさき)。

主人公の架橋明日(かけあしみらい)の幼馴染であり、明日が想いを寄せる女性でもあります。

そんな咲は2級天使・ルベルに選ばれた神候補の一人。

神候補に選ばれたということは、自殺願望を持っていた可能性があります。

なぜ咲は自殺しようとしたのでしょうか?

花籠咲の過去と自殺しようとした理由を解説します。

また最後に咲は明日と結ばれるのかについてもまとめました。

 

「プラチナエンド」花籠咲(はなかごさき)の基本情報

花籠咲のプロフィール

花籠咲(はなかごさき)は本作品のヒロイン。

架橋明日とは幼馴染の関係で、中学卒業後も同じ高校に入学し、同じクラスになります。

作品の前半では事情があり、暗い表情が多い咲ですが、話が進むにつれて徐々に明るくなっていきます。

もともと咲は明るく、積極的な性格の女子のようです。

そんな咲は2級天使ルベルに選ばれて神候補に。

咲が神候補に選ばれたのは自殺願望を持っていたから

咲が自殺しようとした理由については後で解説します。

なお咲にとっての幸せの色は黄色で、戦闘用のスーツも黄を基調にしたものです。

かわいいと評判のキャラクター

作品のヒロイン・咲には「かわいい!」という声が多く寄せられています。

もともと美少女の咲ですが、かわいさが一段と増すのが戦いのスーツを身にまとった時。

咲のスーツは実用性だけでなく、猫の耳や尻尾がついていたり、バストやスタイルのよさが強調されるなど、見た目のかわいらしさも重視しています。

だからスーツを着たときの咲は普段の10倍増しの美少女に!

アニメが放送されたら、さらに人気が出るのは間違いないでしょう。

花籠咲(はなかごさき)の過去と自殺の動機を解説

神候補に選ばれた花籠咲(はなかごさき)には自殺をする動機がありました。

ここでは咲の過去と自殺の動機について解説します。

花籠咲(はなかごさき)の過去

幼稚園から小学校低学年にかけて、咲と明日は仲のいい幼馴染でした。

遠足で一緒にお弁当を食べたり、家族ぐるみでレジャーに出かけて一緒に四つ葉のクローバーを見つけたり。

小学生になると男子は男子、女子は女子で固まるため、遊ぶ機会は減りましたが、それでもお互いに友達でいることを約束していました。

 

しかし明日の両親と弟が財産目的で叔母夫婦に殺されてから状況が一変。

叔母夫婦に引き取られた明日は家で虐待を受け、また学校でも周りの児童からいじめを受けるようになります。

そして咲も本意ではありませんでしたが、明日へのいじめに加わっていたのです。

ケライと言い明日をいじめる

明日を「ミライ」ではなく「ケライ」と呼んだり。

「くさい」と言って鼻をつまんだり。

クラスメートたちはみんなで架橋明日をいじめていましたが、その中に花籠咲の姿もありました。

学級委員を務めるなど、先生や親の前ではいい子だった咲でしたが、それ以外の場面では周りの友達に合わせていました。

咲はそんな自分が嫌で、一人になると泣いていました。

怖くなり自殺未遂

咲が自殺しようとした理由は、明日が死ぬ場面を見て怖くなったから。

中学卒業の日、咲はいじめていたことを謝ろうと明日を追いかけます。

しかし明日はビルの屋上から飛び降り自殺。

ナッセに助けられた明日は無事でしたが、明日が自殺する様子を見た咲は怖くなってしまいます。

そして海で入水自殺を図ります。

このとき咲もルベルにより神候補に選ばれ、死ぬことはありませんでしたが、咲はそれだけ大きなショックを受けていたということですね。

「プラチナエンド」花籠咲は架橋明日(みらい)と結ばれるのか解説

咲は明日と結ばれる?

結論を書くと花籠咲は架橋明日と結婚します(マンガ57話)。

明日は咲のことがずっと好きでしたし、咲も明日が好きでした。

だから結ばれるのは自然な流れなのかもしれませんが、咲と明日の関係が大きく変わったのは神選びでした。

明日(みらい)をどんどん好きになる

マンガ12話、咲はクラスメートといっしょに明日をいじめていたことを謝罪。

咲は明日に「私を殺して」と頼みますが、結局は「死にたくない!」「生きたい!」という気持ちを確認します。

その後、咲は積極的になり、教会への引っ越しを提案するなど、明日や六階堂を引っ張っていきます。

そしてメトロポリマン(生流奏)を倒すと、「(赤い矢が)刺さる前から好き。一緒に戦ってどんどん好きになって、今が一番愛している」と明日に告白(マンガ27話)。

明日に赤い矢を刺されたとはいえ、咲の明日への思いはホンモノでした。

やがて神選びが終わると、婚約し結婚。

ふたりでフラワーショップを始めるのでした。

まとめ

「プラチナエンド」のヒロイン・花籠咲の過去や自殺の理由について解説しました。

  • 花籠咲は架橋明日の幼馴染であり、明日が想いを寄せる女性
  • 咲は小学生の頃、クラスメートと一緒に明日をいじめていた
  • 明日が自殺するところを見た咲は、怖くなって死のうとするが、天使ルベルに神候補に選ばれる
  • 咲は神選びの過程で明日をどんどん好きになり、最後には明日と結婚する

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

プラチナエンド関連記事
プラチナエンドはつまらないし面白くない?微妙と言われる理由を考察

プラチナエンドのメトロポリマンの正体は?過去や目的・死亡するかについても

プラチナエンドの六階堂七斗は死亡する?かっこいい魅力や天使バレについても

プラチナエンドアニメ1期は原作マンガの何巻まで?何クールかについても

プラチナエンドの底谷一(はじめ)は死亡する?結糸向(すすむ)との関係についても

プラチナエンドの米田教授は神になる?過去や死亡するかについても解説

プラチナエンドのナッセがかわいいけど正体は?特殊能力や目的についても

プラチナエンドの中海修滋(なかうみしゅうじ)は神になる?死亡するかについても解説

プラチナエンドの死亡キャラクターまとめ!死因も含めて時系列でご紹介

プラチナエンドのクリーチャー(偽りの神)とは?結末シーンからも考察

プラチナエンドの結糸向(すすむ)は死亡する?過去や遊戯の天使ペネマについても

プラチナエンドの神候補と天使一覧まとめ!神になるのは誰かについても

プラチナエンドの主人公にイライラする!うざいと言われる理由についても

プラチナエンドのアニメの結末をネタバレ解説!最終回がひどいと言われる理由についても

タイトルとURLをコピーしました