東京リベンジャーズ柴八戒は死亡する?兄・大寿を殺すかについても

東京リベンジャーズ

「東京リベンジャーズ」に登場する柴八戒(しばはっかい)

東京卍會弐番隊副隊長である八戒には両親はおらず、兄の十代目黒龍(ブラックドラゴン)総長の柴大寿(しばたいじゅ)と、姉の柴柚葉(しばゆずは)がいます。

そんな八戒は聖夜決戦で死亡するのでしょうか?

また大寿を殺してしまうのでしょうか?

この記事では柴八戒は作中で死亡するのか?

聖夜決戦で大寿を殺すのかについて注目していきます。

東京リベンジャーズ記事一覧はここから

 

「東京リベンジャーズ」柴八戒は死亡するのか

まずは柴八戒が死亡するのかについて解説します。

果たして、本当に死亡するのでしょうか!?

最終的に生き残るが1度死亡する

八戒は最終的に生き残りますが、1度だけ死亡することになります。

八戒が初登場したのは血のハロウィン後の現代であり、東京卍會の最高幹部の1人。

黒龍組の1人に数えられていて、しかも噂では大寿を始末したとなっていて、配下のイヌピーやココを使って多額の上納金を支払いました。

上納金をちゃんと納めているのもあり、他の最高幹部達を見下しているのです。

ちゃんと金を納めているのもあり、殺されずに済んでいます。

6回目タイムリープ後の現代でマイキーに殺される

八戒が死亡したのは聖夜決戦後の現代(6回目タイムリープ後の現代)で、マイキーの手によって始末されました。

この現代でのマイキーは明言こそしていませんが、黒い衝動に襲われていて、八戒を襲って拘束し、建物を燃やす事で焼死させたのです。

八戒は昔のように皆ではしゃぎたかった、とマイキーに言って死んでいきます。

聖夜決戦では死亡しない

タイムリープ7回目の聖夜決戦で、兄の大寿と戦うことになる八戒。

この世界では八戒は死亡しません。

大寿は強敵ですが、最後まで生き残ります。

9回目タイムリープ後の現代ではモデルとして活躍

関東事変後の現代では、八戒はモデルとして活躍していました。

海外で活躍するくらい有名になっていて、マネージャーは柚葉が務めています。

柚葉以外の女性に声をかけられるとフリーズしてしまう癖も変わっておらず、柚葉は相変わらず苦労していました。

そろそろ直してほしいところですね。

2008年は高校生で二代目東卍に加入

タイムリープ10回目の2008年では、八戒は高校生。

高校生になる前は坊主ですが、高校生になってからは長髪になっていたので、タイムリープしたタケミチは最初は気づきませんでした。

マイキーを助けるために過去に戻ってきたタケミチでしたが、八戒の将来を考えて二代目東京卍會に誘うことを断念。

 

しかし関東卍會を止めるために、タケミチが新たなチームを結成を決意してから声をかけると、以前助けてくれた恩から、八戒はチームに加入することを了承。

そして八戒は二代目東京卍會の弐番隊副隊長になり、関東事変との最終決戦では、三ツ谷と共に以前は倒せずに終わった灰谷兄弟と戦います。

最終回では海外で活躍するモデルに

最終回での八戒は、関東事変後の現代と同じく、海外で活躍しているモデルになっていました。

マネージャーも以前と同じように柚葉が就任。

恐らくフリーズする癖も変わっていないのでしょう。

 

「東リベ」柴八戒は兄・大寿を殺すのか

次は八戒が大寿を殺すのかどうか解説します。

タイムリープ8回目の聖夜決戦で、八戒は兄・大寿と対峙します。

果たして、本当に大寿を殺すのでしょうか!?

八戒は大寿を殺さない

結論から言いますと、聖夜決戦で八戒は大寿を殺しません。

しかし、殺そうとしていた事は紛れもない事実。

事の発端は三ツ谷と大寿の交渉の後です。

三ツ谷が大寿との交渉で、八戒を黒龍に渡す代わりに柚葉を解放する事を言い、守らないと東京卍會と黒龍の戦争になると告げます。

大寿は三ツ谷の提案を承諾して、柚葉を解放することにしたのです。

しかし大寿の性格を誰よりも知っている八戒は、大寿がそんな約束を守る気はさらさらないと分かっていました。

それ故に八戒はタケミチと千冬に対し、自分が東卍を抜けて黒龍に入る事で東卍や三ツ谷に迷惑をかけず、柚葉を助けるために大寿を殺すと宣言。

そして八戒は、クリスマスの日に大寿が教会で一人きりになるすきを狙い、殺すことに決めましたが、真っ向から向かっていったために大寿に阻止され、殺害は未遂に終わりました。

元の歴史で大寿を殺したのは八戒ではなく柚葉

大寿を殺す事に失敗した八戒でしたが、実際に大寿を殺そうとしたのは柚葉でした。

また元の歴史でも大寿を殺したのは柚葉でした。

 

クリスマス決戦では、大寿がタケミチの首根っこを掴み、八戒に関する秘密を言おうとした際、背後から柚葉が現れて大寿をナイフで刺します。

ただタケミチが柚葉の名前を叫んだことで、急所は避けていました。

柚葉は稀咲鉄太(きさきてった)にそそのかされて、大寿を背後から刺したのです。

ここまでの出来事から、元の歴史でも柚葉が大寿を殺した、とタケミチは察知。

さらに八戒が柚葉を庇ったことで、八戒は稀咲の言いなりになってしまい、黒龍は凶悪化した、とタケミチは推測。

血のハロウィン後の現代で、稀咲は柚葉を監禁でもして、八戒に言うことを聞かせて、金を作らせていたのかもしれません。

八戒は表向き、東卍ひいては稀咲のために金を作り、組織に貢献していたとして尊大な態度を取っていましたが、裏では柚葉を人質に取られ、ただ言いなりになる人生に苦悩していた可能性があります。

そうなると八戒も稀咲の被害者と言えるかもしれません。

大寿はマイキーに敗れ黒龍総長を引退

聖夜決戦の結末について解説します。

大寿は殺されることはありませんでしたが、マイキーに負けて黒龍引退を決意します。

 

聖夜決戦では、タケミチ、三ツ谷、千冬、八戒は、大寿、ココ、イヌピーを相手に苦戦。

しかしマイキーが現れ、大寿をハイキックでKO。

しかも教会の外にいた黒龍の100人もの兵隊達も、ドラケンが1人で撃破。

マイキーに完膚なきまで叩きのめされた上に、イヌピーとココに見限られたこともあり、大寿は黒龍を引退することになったのです。

暴力ですべてが解決するとは限らないことを聖夜決戦で知った大寿は、けじめとして柴家から出ていくことにします。

八戒や自分を変えたタケミチには恩義が出来たのか、聖夜決戦後の現代や関東卍會との戦いでは大寿は、タケミチの味方になったのです。

 

まとめ

八戒が死亡したのか、兄の大寿を殺したのかについて解説してきました

  • 八戒は聖夜決戦後の現代では死亡したが、それ以外では生存している
  • 八戒は聖夜決戦で大寿を殺そうとしたが、未遂に終わる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました