東京リベンジャーズ極悪の世代メンバーまとめ! 出会いや魁戦についても

東京リベンジャーズ

今回は、「東京リベンジャーズ」で極悪の世代(S62世代)の6人について紹介します。

猛者ばかり登場してくる東京リベンジャーズ内で、何故「極悪の世代」と呼ばれているのでしょう?

また、「極悪の世代」がどのようにして出会ったのか、「魁戦」についても解説していきます!

東京リベンジャーズ記事一覧はここから

 

「東京リベンジャーズ」極悪の世代(S62世代)の出会い

出会いは13歳。少年院にて。

彼らはなんと未成年ながら各々罪を犯していたのです。

極悪の世代とは?

6人全員が昭和62年(昭和63年の早生まれも含む)生まれであり、各地で恐れられていることより極悪の世代(またはS62世代)と呼ばれるようになりました。

後ほど詳しく紹介しますが、メンバーは以下の6人です。

  • 黒川イザナ
  • 武藤泰弘
  • 望月莞爾
  • 灰谷蘭
  • 灰谷竜胆
  • 斑目獅音

出会いは少年院

極悪の世代の6人は、公務執行妨害や傷害など、それぞれの罪状で少年院に収監され出会います。

極悪人ばかりが収監されている少年院でも彼らは絶体的な強さで周りを圧倒。

特に黒川イザナの存在は他を圧倒していました。

極悪の世代の関係性

13歳の時に少年院で出会った極悪の世代の6人。

そこで中心にいたのが黒川イザナ。

イザナは暴力で他の5人を支配すると、「いつか、みんなで集まろう。その時まで・・・もっと極めろ」と5人に命じます。

イザナの命を受けた5人は、出所後それぞれの道で悪を極めます。

少年院時代に交わした約束を果たし、結成されたのが天竺。

ただしH62世代に仲間意識はなく、イザナが他のメンバーを暴力で支配しているに過ぎません。

 

「東リベ」極悪の世代(S62世代)メンバーまとめ

極悪の世代(H62世代)のメンバーをご紹介します。

それぞれかなり個性を持っているのでどのメンバーも魅力的です。

黒川イザナ

  • 名前:黒川イザナ(くろかわいざな)
  • 通称:イザナ
  • 生年月日:1987年8月30日
  • 身長:165cm
  • 経歴:八代目黒龍総長→天竺初代総長

黒川イザナは極悪の世代(H62世代)最強の人物であり、天竺の初代総長。

八代目黒龍総長という経歴も持っています。

当初は佐野エマの実兄であり、真一郎・万次郎の異母兄弟と言われていましたが、本当は佐野家の人物とは血縁関係はなく、実は他人。

マイキーに抱いていた憎悪の気持ちを稀咲鉄太に利用され、東京卍會と戦うことになります。

武藤泰宏

  • 名前:武藤泰宏
  • 通称:ムーチョ
  • 生年月日:1987年4月28日
  • 身長:187cm
  • 経歴:東京卍會伍番隊隊長→天竺幹部

東京卍會の風紀委員の役割を担う伍番隊隊長を任されていたムーチョ。

ですが、マイキーよりもイザナと先に出会っていたため、天竺の立ち上げメンバーにもなっていました。

ムーチョはお金の天才・ココを引き抜くと、三途春千代も引き連れて、正式に天竺に加入。

喧嘩相手を背負い投げして、半身不随の大怪我を負わせ、傷害事件で逮捕されたという過去もあります。

望月莞爾

  • 名前:望月莞爾(もちづきかんじ)
  • 通称:モッチー
  • 生年月日:1988年3月9日
  • 身長:192cm
  • 経歴:呪華武総長→天竺四天王→六破羅単代第肆席→関東卍會幹部

呪華武(ジュゲム)の総長時代、河田ナホヤ・ソウヤ兄弟と戦ったことがあるモッチー。

少年院を経て、天竺四天王の一人となります。

最終決戦では松野千冬と戦った末に敗北。

天竺の敗北が決まると、マイキーら東卍のメンバーを逃がし、自分は警察に捕まることにします。

出所後の2008年には、六破羅単代(ろくはらたんだい)第肆席になっていました。

灰谷蘭

  • 名前:灰谷蘭(はいたにらん)
  • 誕生日:1987年5月26日
  • 身長:183cm
  • 体重:70kg
  • 経歴:天竺四天王→六破羅単代第弐席→関東卍會特攻隊隊長→梵天幹部(関東事変後の現代)

身動きが取れない相手を殴り続け殺したり、喧嘩にも武器を使用したりと、誰に対しても容赦ない方法で戦います。

何かのために戦うというよりは、喧嘩を楽しんでいるように思えます。

灰谷竜胆

  • 名前:灰谷竜胆(はいたにりんどう)
  • 誕生日:1988年10月20日
  • 身長:172cm
  • 体重:65kg
  • 経歴:天竺四天王→六破羅単代第参席→関東卍會特攻隊副長→梵天幹部(関東事変後の現代)

灰谷蘭の弟。

関節技が得意で、急所を突いて相手を弱らせます。

兄の蘭とのコンビネーションも絶妙で、協力して相手を仕留めます。

斑目獅音

  • 名前:斑目獅音(まだらめしおん)
  • 通称:狂犬
  • 誕生日:1988年3月21日
  • 身長:180cm
  • 体重:66kg
  • 経歴:黒龍九代目総長→天竺四天王→六破羅単代第伍席→関東卍會幹部

黒龍九代目総長だった斑目獅音。

八代目総長・黒川イザナの方針を引き継ぎ、黒龍ではゆすり、薬、強盗などの犯罪に手を染めていました。

羽宮一虎と揉めたため、八代目黒龍は東京卍會に潰されますが、その後も班目は天竺→六破羅単代→関東卍會と、暴走族チームを渡り歩きます。

極悪の世代(S62世代)の魁戦とは?

魁戦(さきがけせん)とは?

魁戦とは極悪の世代にて流行った戦い方で、まず最初に各チーム代表者一名がタイマンで勝負すること。

魁戦に勝利したチームは士気が上がり、勢いに乗ることができます。

関東事変では、天竺の代表として斑目獅音、東卍の代表として林良平(ペーやん)が指名されています。

関東事変は班目vsペーやんの魁戦で始まる

斑目はイザナに指名され、ペーやんは総長代理の武道を控えさせ、自ら名乗りを上げます。

東卍の中心メンバーが不在なのをいいことに斑目は「東卍は全員オレ一人で殺る」と勢いよく言いますが、ペーやんの重いパンチに一撃で倒されてしまいます(18巻154話)。

これにはその場に居た皆が驚いていました。

 

まとめ

  • 極悪の世代は、少年院で出会った極悪人6人のこと
  • メンバー全員が各地で恐れられ、圧倒的な強さを持っている
  • 魁戦とは、抗争前の儀式で、勝利した方が有利
  • 関東事変の魁戦は東卍(ペーやん)の勝利

極悪の世代は強者揃いで、強者が集結した天竺はとても恐ろしいですね。

また、普段は東卍の中心メンバーである、佐野万次郎(マイキー)、龍宮寺堅(ドラケン)ばかりが目立つように思えますが、その他のメンバーも充分に強いことがわかりました。

これから始まる抗争で、今まで知り得なかったキャラ一人ひとりの違った強さ·魅力が見つかりそうです。

以上、「極悪の世代」と「魁戦」について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました