東京リベンジャーズの今牛若狭(いまうしわかさ)の過去を解説!煌道連合についても

東京リベンジャーズ

「東京リベンジャーズ」225話、2008年当時に”三天時代”を作っていた

  • 佐野万次郎が総長を務める関東卍會
  • 瓦城千咒(かわらぎせんじゅ)が首領を務める梵(ブラフマン)
  • 寺野南(てらのさうす)が総代を務める六波羅単代(ろくはらたんだい)

の3チームが集結。

そしてついに戦いが始まってしまいます。

そんな中でも今回は梵(ブラフマン)の大幹部・今牛若狭(ワカ)を取り上げます。

クールな雰囲気が印象的なキャラクターですね。

ワカの過去について明らかになっている範囲で解説します。

 

「東京リベンジャーズ」今牛若狭(ワカ)の基本情報

  • 名前:今牛若狭(いまうしわかさ)
  • 年齢:不詳
  • 所属:梵(ブラフマン)
  • 役職:大幹部
  • 通称:ワカ、白豹
  • その他:黒龍(ブラックドラゴン)創設メンバーの1人

ワカこと今牛若狭は213話に初登場したキャラクター。

梵(ブラフマン)の幹部の一人で、クールで落ち着いた雰囲気の男。

年齢は不詳ですが、黒龍初期メンバーということを考えると20歳は過ぎていると考えられます。

黒龍(ブラックドラゴン)創設メンバー

参考までに黒龍(ブラックドラゴン)の創設メンバーをご紹介します。

なお()内は2008年の所属チームです。

  • 総長:佐野真一郎(故人)
  • 副総長:明石武臣(ブラフマン)
  • 親衛隊隊長:荒師慶三(ブラフマン)
  • 特攻隊長:今牛若狭(ブラフマン)

佐野真一郎はすでに他界していますが、あとの3人は梵(ブラフマン)に所属。

ただし明石武臣は2018年に梵天の所属し、生存していることが確認できますが、荒師慶三と今牛若狭の行方は不明。

抗争で死亡したのか、梵天とは別の団体に所属しているのか?

あるいは組織から足を洗って、カタギになったのか、わかっていません。

今牛若狭(ワカ)と荒師慶三(ベンケイ)は最強コンビ

引用元:「東京リベンジャーズ」213話

黒龍創設メンバーの今牛若狭(ワカ)と荒師慶三(ベンケイ)とは”最強コンビ”と言われています。

226話でも六波羅単代の兵隊たちを一蹴し、寺野サウスと対峙していました。

黒龍時代はケンカが弱い佐野真一郎を守る役割を担っていたのではないでしょうか。

荒師慶三(ベンケイ)の過去を解説!煌道連合

黒龍(ブラックドラゴン)以前の今牛若狭(ワカ)

黒龍が創設される前、関東は東と西に分かれていました。

まず西東京を仕切っていたのが螺愚那六(ラグナロク)の総長・荒師慶三(ベンケイ)。

抗争の後、返り血でその体が染まることから赤壁(レッドクリフ)の名がついたそうです。

そして東関東を仕切っていたのが煌道連合(こうどうれんごう)。

螺愚那六(ラグナロク)に対抗して、12のチームが集まってできた集団です。

煌道連合を率いていた総大将が白豹の名で恐れられていた今牛若狭(ワカ)。

ちなみに煌道連合の「煌」とは「きらめく」のこと。

自分たちの前にはきらめくような道が開けている、という意味で煌道連合と名付けたのでしょうか?

まとめ上げたのが佐野真一郎

バチバチの関係だった煌道連合と螺愚那六(ラグナロク)をまとめ上げたのが、初代黒龍総長の佐野真一郎。

どのような経緯を経て真一郎が煌道連合と螺愚那六を取り込んだのかは不明。

ですが、明石武臣いわく「喧嘩のウデで当時の日本最強はあの2人(ベンケイとワカのこと)!」。

今牛若狭(ワカ)がどのような戦いぶりを見せるのが、今後注目されるところです。

まとめ

今回は梵(ブラフマン)に所属する荒師慶三の過去について、わかる範囲で解説しました。

  • 今牛若狭(ワカ)は梵(ブラフマン)の大幹部で、黒龍の創設メンバー
  • 黒龍以前は煌道連合を率いて東関東を支配していた
  • 荒師慶三(ベンケイ)とのコンビは最強コンビと呼ばれている

新しい情報が入り次第、記事を修正します。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました