ワールドトリガーの木虎藍はかわいいけどうざいし嫌い?黒江双葉との関係も考察

ワールドトリガー

「ワールドトリガー」に登場する木虎藍(きとらあい)。

「かわいい!」「好き!」という声が意外に(?)多いキャラクターです。

その一方で、高飛車な態度のためか、「嫌い!」「うざい!」など悪い口コミもチラホラ。

そこでここでは木虎藍の魅力をご紹介した上で、嫌われる理由を考察します。

また黒江双葉との関係についてもまとめました。

 

「ワールドトリガー」木虎藍はかわいいけどうざい・嫌いと言われる理由

木虎藍のプロフィール

  • 名前:木虎藍
  • 年齢(作品開始時):15歳
  • 誕生日:6月26日
  • 身長:161cm
  • 血液型:A型
  • 星座:つるぎ座
  • 職業:中学生
  • 所属:嵐山隊
  • ポジション:オールラウンダー
  • 好きなもの:自己鍛錬、辛いもの

木虎藍は「ワールドトリガー」で一番最初に作品に登場する女性キャラクター。

マンガ第6話に初登場すると、さっそくプライドが高く、負けず嫌いのところを見せていました。

それもそのはず、木虎は中学生でA級になったエリート隊員。

自分をきびしく律し、努力することで今の地位まで登りつめました。

所属する嵐山隊は、通常の防衛任務に加えて、広報活動や新人の入隊に関する業務なども行っているためかなりハードですが、それでも木虎は任務をそつなくこなしています。

一人っ子の木虎はボーダーの提携校ではなく、小南桐絵や那須玲、照屋文香らと同じお嬢様学校、星輪女学院に在籍。

女子中学生だったら好きなものにスイーツなどを挙げそうですが、「辛いもの」というところが木虎らしくて好きです(笑。

木虎藍のかわいい魅力まとめ

引用元:「ワールドトリガー」1巻

木虎藍には「好き!」「かわいい!」など、ファンの肯定的な声が多数あります。

ここではそんな木虎の魅力をご紹介します。

真面目で努力家

中学生でA級になった木虎はエリート意識が高く、プライドの高さが言動に現れており、ややきつい印象を受けるのは確か。

でも挫折知らずというわけではありません。

今では平均の範囲内のトリオン量がある木虎ですが、かつては銃手(ガンナー)として弾丸だけで戦えるだけのトリオン量がありませんでした。

木虎は低いトリオン量をカバーするため、スコーピオンを使い始めるなど努力を重ね、嵐山隊に加入すると、チームの勝ちに大きく貢献。

今ではエースとして嵐山隊を引っ張る存在です。

努力というのは目標を達成するためにするものよ。

目の前の目標から目を逸らして、方向の違う努力に時間を費やすっていうなら、それは単なる自己逃避よ。

「ワールドトリガー」122話より引用

並外れた努力を積み重ねた結果、中学生にしてA級に登りつめた木虎らしい表現です。

こんなところがファンから支持されている理由の1つと言えるでしょう。

決め顔がかわいい

引用元:「ワールドトリガー」1巻

普段は高飛車で、ツンケンした印象の木虎藍ですが、嵐山隊の一員としてボーダーの広報を担当しているだけあり、カメラを向けられるとついキメ顔になってしまいます。

マンガ7話(アニメ4話)、三雲修の本部出頭に立ち会うことになった木虎が三雲が通う中学校へ行くと、「嵐山隊の木虎藍さんだ!」「マジでかわいい!」「写真撮ってもいいですか?」と生徒たちに囲まれます。

木虎は「そういうの迷惑なの」「芸能人じゃあるまいし」と言いつつも、カメラを向けられるとついキメ顔に。

その様子を見た空閑遊真から「なにやってんだ、こいつ?」と突っ込まれていました(笑。

こういうところは女子らしくてかわいいですね!

烏丸の前で女の子になる木虎がかわいい

自分にも他人にもきびしく、笑顔など見せることが少ない木虎ですが、年頃の女子らしく、思いを寄せる男性がいます。

玉狛第一の烏丸京介です。

烏丸が本部に所属して頃に稽古をつけてもらったことがきっかけで、木虎は烏丸に思いを寄せるようになったとか。

普段はきびしい表情ばかりの木虎ですが、烏丸の前になると女の子らしい表情になってしまいます。

そのギャップが何とも言えずかわいい!しおらしい表情もいいですね。

結ばれることはないとは思いますが、これからもこんなかわいい木虎を描いていってほしいです!

木虎役の花澤香菜の声がかわいい

木虎藍の声優を担当するのは声優の花澤香菜さん。

「鬼滅の刃」の甘露寺蜜璃、「五等分の花嫁」の中野一花、「ニセコイ」の小野寺小咲など、幅広いキャラを演じ分ける花澤香菜さんですが、高飛車な木虎藍も上手に演じていますね。

ファンからも「マジで当たり役」「推しは木虎、声優が花澤香菜だから」など、木虎役の花澤香菜さんを支持する声が多くあります。

人気声優に演じてもらっているところも、木虎藍の魅力かもしれませんね。

木虎藍がうざい・嫌いと言われる理由を考察

「好き!」「かわいい!」など、「ワートリ」の女性キャラの中でそこそこ(?)人気がある木虎藍ですが、「嫌い」「うざい」など否定的な声も一部にあります。

そこでここでは木虎が嫌われる理由を考察します。

人気投票での順位は?

木虎が嫌われる理由を考察する前に、2016年に「週刊少年ジャンプ」で開催された「ワートリ」の人気投票での木虎藍の順位を確認しておきましょう。

結論を書くと木虎藍の順位は総合31位。

男性キャラの絶対数の方が圧倒的に多いので、女子の木虎の順位が低いのは仕方がないのかも?

そこで女子だけの順位を調べると

  • 第2位:小南桐絵
  • 第11位:雨取千佳
  • 第13位:香取葉子
  • 第15位:那須玲
  • 第31位:木虎藍

女子限定では木虎は5位。微妙な順位!?

とはいっても出番が多い玉狛支部の宇佐美栞や本部の沢村響子よりも上なので、健闘していると言えるかも。

ちなみに上位5人をご紹介すると以下の通りでした。

  • 1位:三雲修
  • 2位:小南桐絵
  • 3位:迅悠一
  • 4位:空閑遊真
  • 5位:出水公平

初登場時の印象が悪い

引用元:「ワールドトリガー」1巻

初登場の時の印象が悪いため、木虎に不快感を持っている方はいるかもしれません。

ネイバーが現れた場所に遅れてやってきては高圧的な態度を取り、他の生徒を守るために戦った三雲修を規則違反と糾弾したり。

空閑遊真と言い争いをしたり。

木虎が言っていることは間違ってはいないのですが、その言い方や態度が傲慢に映ってしまい、「うざい」とか「嫌い」という声につながっている可能性があります。

ツンデレキャラとして中途半端?

いつもはツンツンしているのに、烏丸の前になると恋する女子らしくデレッとしてしまう木虎藍。

ツンデレ美少女が好きな方にはオススメのキャラですが、ツンデレキャラとしてはやや中途半端かもしれません。

「ツン」が多いのはいいのですが、「デレ」の部分が少なく感じます。

「ツン」ばかりでは「嫌い」など否定的な声が出てしまうのは仕方ないのではないでしょうか。

三雲修への態度が横柄だったから

マンガ122話(アニメ1期73話)での三雲修に対する木虎の態度が「嫌い」「うざい」という声につながっている可能性があります。

より強くなるために助言を求めて嵐山隊に行った修に対して、木虎は「教える義理はない」「親切にされることに慣れ切っちゃったの?」と痛烈な言葉を浴びせます。

さらにかつて二宮匡貴が技術を教わるために、先輩の出水公平に頭を下げて弟子入りしたエピソードを引き合いに出し、教えを請う修に頭を下げさせます。

その後、ようやく木虎は修にスパイダーを教示。

個人的には木虎の態度は正しいと感じます。

木虎が言う通り、木虎が修に教える義理はありませんし、もしここで教えてしまったら修のためにはなりませんから。

ですが、このシーンの解釈は見る人により様々。

修に頭を下げさせた木虎は性格が悪い!と感じる方もいないとは限りません。

こんなところも木虎の低評価につながっていると考えられます。

木虎藍と黒江双葉の関係を考察

ここでは木虎藍と加古隊のアタッカー黒江双葉との関係を考察します。

「黒江双葉は木虎が嫌い」ともささやかれていますが、果たしてどうなのでしょう?

黒江双葉のプロフィール

  • 名前:黒江双葉(くろえふたば)
  • 誕生日:11月30日
  • 年齢(連載開始時):13歳
  • 身長:142cm
  • 血液型:B型
  • 星座:くじら座
  • 職業:中学生
  • 所属:加古隊
  • ポジション:アタッカー
  • 好きなもの:白玉あんみつ、みかん、ランク戦で勝つこと

黒江双葉はボーダー本部所属A級6位の加古隊のアタッカー。

最年少のA級隊員で、小柄な体型、可憐な容姿に鋭い眼光、二つ結びの髪が特徴。

木虎に似て性格はクールで、笑顔を見せることはほとんどありませんが、先輩に対してはお礼を述べたり、あいさつをしたりなど、礼儀正しい態度を取ります。

でも木虎藍だけにはなぜか冷たく、ファンの間では「双葉は木虎が嫌い?」とも言われています。

木虎藍の対人欲求

プライドが高く、負けず嫌いの木虎藍は

  • 年上:舐められたくない
  • 同年代:負けたくない
  • 年下:慕われたい

という対人欲求を持っています。

それなのに木虎があいさつしても、黒江双葉は「どうも」と冷たく返事をするだけ。

年下の双葉にこういう態度を取られると、木虎は心にダメージをくらってしまうのです。

他にも双葉は、一緒に敵と戦う木虎に「足を引っ張らないでください」と上から目線で話したり(14巻129話ガロプラ編)。

黒江は木虎が嫌いなのでしょうか?

黒江双葉は木虎藍が嫌い?

黒江双葉が木虎藍に冷たい態度を取るのは嫌いなのではなく、木虎をライバルとして見ているからと考えられます。

その理由として以下の4つが考えられます。

  1. 年齢が近く、どちらも女子
  2. 入隊時のバムスターを倒す試験のタイムで、双葉は木虎に負けている
  3. 所属する隊の順位で負けている
  4. 木虎が加古隊に加入する可能性がある

1については、同じ中学生の女子として、双葉は木虎に負けたくないと考えている可能性があります。

2については、双葉が入隊の時にバムスターを倒したタイムが11秒だったのに対して、木虎は9秒。

双葉は木虎に負けています。

3については、双葉が所属する加古隊はA級6位で、木虎が所属する嵐山隊はA級5位。

個人のランクではありませんが、隊のランクで負けていることは双葉にとっておもしろいはずはありません。

4については、加古隊の加古望隊長はアルファベットのKで始まる名字のプレーヤーを自分の隊に勧誘しています。

空閑遊真が加古に勧誘されたように、Kで始まる木虎も加古に勧誘されないとも限りません。

万が一勧誘されたとしても、木虎が加古隊に入る可能性は極めて低いと考えられますが、加古が木虎を勧誘すると想像するだけでも、双葉にとってはおもしろくないはず。

以上の理由から、黒江双葉は木虎藍を嫌いというより、ライバル視しているため、冷たい態度を取っていると考えられます。

まとめ

ここでは「ワールドトリガー」の木虎藍の魅力、そして嫌われる理由についてまとめました。

木虎の魅力は

  • 真面目で努力家なところ
  • カメラの向けられた時の決め顔がかわいい
  • 烏丸の前で女の子になる木虎がかわいい
  • 花澤香菜の演技も木虎の魅力

木虎が「嫌い」「うざい」と言われる理由は

  • 初登場時の印象が悪いから
  • ツンデレキャラとしては中途半端だから
  • 三雲修への態度が横柄だったから

黒江双葉との関係は

  • 双葉が木虎を嫌っているというより、ライバル視していると考えられる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました