ワールドトリガーの太刀川慶の強さとトリガーを解説!かっこいい魅力や名言についても

ワールドトリガー

この記事では「ワールドトリガー」に登場する太刀川慶(たちかわけい)を取り上げます!

太刀川は言わずと知れたボーダー本部所属A級1位。

太刀川隊の隊長でもある太刀川は、作中ではそれにふさわしい活躍を見せてくれます。

ここでは太刀川慶のプロフィールをご紹介した上で、強さとトリガーを解説。

また太刀川のかっこいい魅力についてもまとめました!

なおこの記事にはネタバレがあります。

 

「ワールドトリガー」太刀川慶のプロフィール

太刀川慶のプロフィール

  • 名前:太刀川慶(たちかわけい)
  • 誕生日:8月29日
  • 年齢(連載開始時):20歳
  • 身長:180cm
  • 血液型:A型
  • 星座:おおかみ座
  • 職業:大学生
  • ポジション:アタッカー
  • 好きなもの:うどん、餅、コロッケ、ランク戦で勝つこと

ボーダー本部所属A級1位の太刀川隊隊長であり、攻撃手(アタッカー)個人ランク1位の太刀川慶。

個人ランク1位の隊員でもあるので、ボーダー最強の隊員の一人と言っていいでしょう。

近界民(ネイバー)に恨みを持つ人間が集まる城戸派に属する太刀川ですが、剣術を教わったのは城戸派と対立している忍田真史。

とはいえ、忍田との師弟関係が悪くなったわけではなく、「慶」「忍田さん」と呼び合うなど、二人の間には現在でも信頼関係が存在しているようです。

強い相手と戦うことが何より好き

ボーダートップに君臨する隊員だけあり、強い相手と戦うことが大好き。

ブラックトリガーを本部に献上した迅悠一がランク戦に復帰できることがわかると、すぐに勝負を申し込んでいたことからも、太刀川が戦闘狂であることがわかります。

また「大規模侵攻編」では、ブラックトリガー持ちの人型ネイバーと戦いたくて「ブラックトリガー来い!ブラックトリガー来い!」と、心のなかで念じていたほど。

よほど戦うことが好きなんですね。

なお太刀川は父・母・慶の三人家族。兄弟はおらず、一人っ子のようです。

ランク1位も戦闘以外はまるでダメ?

ソロランク1位の隊員として、戦いでは無類の強さを発揮する太刀川ですが、意外にも戦闘以外ではダメっぷりを披露しています。

太刀川のダメっぷりを表すエピソードをいくつか挙げると

  • 「danger」を「ダンガー」と読んだ
  • PCの電源が抜けていることに気がつかず、「壊れた」と大騒ぎした
  • 那須隊の熊谷隊員のことを6回連続で呼び間違えた
  • 別役太一隊員の苗字のを「べつやく」と読むことができない
  • きな粉をこぼしまくってボーダー施設内でのきな粉餅を禁止された
  • 大学へは推薦でギリギリで滑り込み、親を喜ばせた

また大学入学後も学業はおろそかにしてしまっているらしく、単位はいつもギリギリだとか。

ただこれらのダメダメエピソードも、太刀川の強さを考慮するとご愛嬌かもしれませんね(笑。

「ワートリ」太刀川慶の強さとトリガー弧月を解説

ここでは太刀川慶の強さを解説します。

太刀川のトリガー「弧月」を解説

攻撃手(アタッカー)は

  • スコーピオン:攻撃重視・奇襲型。体のどこからも出し入れができ、自由に変形ができる
  • 弧月:バランス重視・万能型。基本性能が高く、多くのアタッカーやブレードがメインのオールラウンダーに使用されている
  • レイガスト:防御重視・重装型。ブレード部分を自由に変形でき、攻撃力を捨てて耐久力を挙げる「盾モード」を使用できる

これら3つのいずれかのトリガーを使用しますが、このうち太刀川が愛用しているのは弧月。

弧月は一番人気の万能ブレードで、攻撃力と耐久性に優れた武器です。

デメリットは重さがそこそこあることと、形や長さを変えられないこと。

ただしトリオンを消費して、専用のオプショントリガーを使うことで、瞬間的に攻撃を拡張することができます。

太刀川慶の戦闘スタイル

太刀川の戦闘スタイルは弧月の二刀流。

それに刃を変形させる「旋空」と、空中に足場を作り反発力で加速・移動する「グラスホッパー」を組み合わせて戦います。

近距離での戦いを得意にしていますが、「グラスホッパー」による機動力も加わるので、アタッカーながらガンナー並の間合いを持っています。

ヒュースもしのぐ強さを持つ

引用元:「ワールドトリガー」6巻

弧月旋空とグラスホッパーを使い戦う太刀川は、個人ランク1位だけあり、作中でかなり強いところを見せています。

例えば「大規模侵攻編」では、ボーダー基地に接近する爆撃型トリオン兵イルガーに単身で挑み、「基地がやられた」と誰もが思った瞬間に現れ、弧月で撃墜(6巻48話)。

自爆モードに入ったイルガーは頑丈になるため、通常のトリガーで撃墜するのは至難の業にも関わらず、です。

この「大規模侵攻編」で、太刀川はボーダーでトップとなる11体の新型トリオン兵を撃破し、褒賞金150万円+1,500ptの特級戦功をもらっています。

 

また入隊したばかりのヒュースとの個人ランク戦では、連戦連勝のヒュース相手に5-1と圧勝。

ヒュースも「これほどの剣の使い手はアフトクラトルにもそうざらにはいない」と舌を巻いていました。

だてに46,000ポイントは持っていませんね。

太刀川にサイドエフェクトはあるのか?

結論を書くと、太刀川慶にはサイドエフェクトはないようです。

サイドエフェクト(sideeffect)とは、本来「副作用」のことですが、「ワールドトリガー」では高いトリオン能力を持つ人間に現れることがある特殊能力を意味します。

例えば迅悠一は未来視、菊地原志郎は強化聴覚のサイドエフェクトを持っていますね。

太刀川の瞳には格子状の線が入っているので、サイドエフェクトと関係があるのかな?と思い調べたところ、関係はないようです。

作者の葦原大介さんによると、好物である餅を焼くための網を自身の目に焼き付けてしまったためでは?だとか。

単なる作者の遊び心のようですね。

太刀川慶のかっこいい魅力や名言まとめ

引用元:「ワールドトリガー」15巻

最後に太刀川慶のかっこいい魅力をまとめました!

見た目がかっこいい

まず太刀川は見た目がそこそこ(?)いいですよね。

あごひげ、少し癖のあるグレーがかった茶髪、そして眠たげな瞳。

気怠さも感じさせますが、180cmの高身長ということもあり、まずまずのイケメンに見えます。

「ワールドトリガー」には烏丸京介や二宮匡貴など正統派イケメンが登場しますが、太刀川はワイルド系イケメンに分類されるでしょう。

ファンからも「太刀川さんイケメンすぎる」「太刀川さんかっこいい!強くてルックスもイケメン」などの声が寄せられています!

迅とのライバル関係が熱い

太刀川慶のライバルと言えば迅悠一。

迅とのライバル関係が熱いところも「ワールドトリガー」の魅力です。

太刀川と迅が2人とも弧月を使っていた時、ランク1位は太刀川で、迅は2位に甘んじていました。

「弧月では太刀川に敵わない」と考えた迅は、技術者とともに「スコーピオン」を開発。

スコーピオンを使い始めると、2人の戦績はほぼ互角になりますが、トータルでは太刀川のほうが上回っているとのこと。

その後、迅がブラックトリガー風刃を手にしてS級に昇格すると、個人ランク戦で戦う機会はなくなりますが、迅が風刃を本部に献上し(マンガ32話)A級になると、再びランク戦で対戦ができるようになりました。

なお22巻終了時点では太刀川と迅の個人戦は行われていません。

早く対決が見たいです!

名言がかっこいい

「danger」を「ダンガー」と読んだり、那須隊の熊谷隊員のことを6回連続で呼び間違えたり。

戦闘以外ではダメっぷりを発揮している太刀川ですが、ランク1位らしく、時には切れ味鋭い言葉を発することがあります。

次のセリフは太刀川がB級ランク戦の解説で言ったもの。

気持ちの強さは関係ないでしょ。

勝負を決めるのは戦略・戦術、あとは運だ。

「ワールドトリガー」99話

気合など、精神面が重視されがちな傾向が日本にはありますが、気持ちだけでは勝てないことを知っている太刀川らしい名言。

またその直後には、緊急脱出(ベイルアウト)した那須隊の熊谷友子の戦いぶりにこんな事を言っています。

最後まで粘っていい勝負だったな。

勘違いするなよ。俺は気合の乗ったアツい勝負は大好物だ。

けど、気持ちの強さで勝負が決まるって言っちまったら、じゃあ負けた方の気持ちはショボかったのかって話になるだろ。

「ワールドトリガー」99話

勝負の本質を表現しつつ、敗れた熊谷にも配慮した名言だと感じました。

こんな含蓄がある言葉をサラッと言える太刀川はかっこいいです!

まとめ

ここでは「ワールドトリガー」の太刀川慶の強さやかっこいい魅力をまとめました。

  • 太刀川隊隊長の太刀川慶は個人ランク1位の強さを持つ
  • 戦闘スタイルは旋空弧月の二刀流×グラスホッパー
  • 自爆モードのイルガーを通常トリガーで倒したり、ヒュースに圧勝したりなどの強さがある
  • サイドエフェクトはない

太刀川のかっこいい魅力は

  • 見た目がかっこいい
  • 迅とのライバル関係が熱い
  • 名言がかっこいい

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました